野菜だけダイエットは危険!お肉を食べるならラム肉がおすすめ!


ラム肉って美味しくて効果がある?そして、野菜だけダイエットは危険って本当!?ダイエットの定番とも言える野菜だけのダイエット方法。野菜よりも今、ラム肉を食べるほうが痩せると話題ですね。本当はどうなのか、痩せることと身体の負担について詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

世の中にはいろいろなダイエット法がありますが、野菜だけを食べるダイエットもその一つです。野菜だけを食べていれば、ブドウ糖を摂取することがないので、確実に痩せることができます。ただ、その効果は極めて限定的といわざるを得ません。

野菜だけダイエットってどんなダイエット法なの?

野菜だけダイエットはその名の通り、野菜だけを食べて体重を落とすダイエット法です。脂肪のもととなるブドウ糖を摂取しないことで、体重を容易に落とすことが可能です。

野菜だけダイエットの危険性

野菜だけダイエットをすれば確実に体重が減ります。ただ、筋肉のもととなるたんぱく質を摂取しないことによって、基礎代謝量が低下します。その結果、太りやすい体質に変わってしまいます。

また、脳のエネルギー源となる炭水化物(ブドウ糖)を摂取しないと、頭が働かなくなってしまいます。このように、野菜だけダイエットは短期間おこなうのであれば効果的であるものの、長期的にみるとかえって太りやすくなったり、不健康になったりします。

身体の調子を維持するためにはお肉も必要

筋肉を始めとした私たちの身体は、タンパク質(アミノ酸)によって構成されています。特に必須アミノ酸と呼ばれるものは食品からしか摂取することができません。つまり、ダイエットをするときにもお肉を食べることは絶対に必要なのです。

ただ、お肉はカロリーが高いからとか、太ってしまうからと言って忌避する向きもありますよね。そんな方には、ラム肉がおすすめです。

ラム肉ってなんですか?

ラム肉の効果やおススメの食べ方について紹介する前に、まずは「ラム肉とはそもそもなんぞや?」「マトンとはどう違うの?」ということを解説したいと思います。

ラムとマトンの違いについて

牛肉はサーロインやヒレ、イチボや肩ロース、ミノやハツといったホルモンなど、取れた場所によってさまざまな分類がされていますが、ラムやマトンとはそのようなパーツの呼称ではなく、生後どれくらい経った羊から取られた肉であるのかによる分類のことを言います。

ラム肉とは生後1歳未満の羊からとれたお肉のことで、生後2歳以上の羊から取れたお肉のことはマトンと言います。ちなみに、ラムとマトンについては比較的よく知られていると思いますが、実はその間(1歳以上2歳未満)に取れたお肉のことを「ホゲット」と呼んでいます。ただ、日本では、ホゲットもマトンとして流通しているということです。

あと、羊肉も牛肉と同様、肉が取れる場所によって、名前が付けられています。よく食べられる部分としては、肩の部分である「ショルダー」や、背中の部分である「ラック」が一般的だということです。

・マトンは臭い?

一般的に、ラム肉はクセがなくてやわらかく、マトンは臭くて固いと言われることが多いようです。ただ、これに関してはかつての冷凍技術が低い時代の名残であり、冷凍技術の進歩した現代では、マトンだから臭いというようなことはなくなっているそうです。むしろ、ジンギスカンなどの料理にする際には、野趣に富んでいるマトンの方が美味しいというお肉屋さんもいるそうです。

ラム肉の特徴は?

羊にはいろんな種類があり、また、取れるお肉も羊の年齢によって違うことが分かりました。では、ラム肉にはどのような特徴があるのでしょうか。

・栄養価が高い

ラム肉の特徴としては、栄養価が高いことも挙げられます。特にタンパク質に関しては、牛乳と同程度の量を含んでいるということです。私たちの身体はタンパク質でできていると言ってもよいほどで、特に必須アミノ酸は食品からしか摂ることが出来ません。

ラム肉には体内で合成することのできない必須アミノ酸を豊富に含んでおり、しかも牛肉と同様に生焼け(レア)で食べることが可能なので、効率よく栄養素を吸収することが可能となっています。

また、亜鉛やカルシウムといったミネラルや、ビタミンB群も豊富に含んでおり、ビタミンやミネラルが絶対的に不足している現代人にとってはおすすめの食品となっています。

・コレステロール値が低い

「焼き肉が大好きだけど、健康診断でコレステロール値が高いといわれているので好きなだけ食べられない」という方もいらっしゃると思います。ところが、ラム肉はコレステロール値が低いので、健康が気になる人にとって強い味方となってくれます。

ただ、コレステロール値は低いものの、カロリーが低いというわけではないので、やはり食べすぎには要注意です。食べたら痩せるなんて食品はありませんからね。

脇腹の贅肉をつまむ女性

ラム肉の効果はこんなにスゴイ!

それでは、ラム肉を食べることにはどのようなメリットがあるのでしょうか。そして、なぜラム肉はダイエットに効果的と言われるのでしょうか。その辺りについて見ていきたいと思います。

・脂肪燃焼効果

ラム肉がダイエットによいと言われる理由は、ラム肉に含まれているカルニチンという成分が決め手となっています。カルニチンはラム肉だけでなく、牛肉や豚肉などにも含まれており、体内でも合成されています。

カルニチンには脂肪燃焼効果があることが分かっており、ダイエットをしたい人にとっては重要な栄養素となっています。先程カルニチンは体内でも合成されると述べましたが、30歳に近くなってくると、次第に合成される量が減少してくるそうです。

そのため、ある程度は牛肉や豚肉を食べる必要がある訳ですが、ラム肉にはなんと牛肉や豚肉の3倍から10倍ものカルニチンが含まれているということなのです。そのため、ラム肉はダイエットに適しているとされているのです。

・生活習慣病の予防効果

お肉というと、コレステロールが高い人は敬遠しがちな食品かもしれません。なぜなら、牛肉などに含まれている飽和脂肪酸がコレステロール値をあげてしまうと考えられているからです。

ところが、ラム肉にはコレステロールを下げてくれる不飽和脂肪酸が多く含まれていることが分かっており、その含有量はなんと青魚と同程度とも言われているのです。そのことから、ラム肉を食べることは、生活習慣病の予防にもつながるという訳なのです。

ちなみに、牛肉に含まれている飽和脂肪酸の中にも、悪玉コレステロールを減らしてくれるステアリン酸といわれる成分が含まれています。そのことから、一概に牛肉を食べるとコレステロール値が上がるとは断言できません。その他の生活習慣の方が重要なのかもしれませんね。

ラム肉のおすすめの食べ方は?

ここまで見てきたように、ラム肉はとても健康にとって有益であり、しかもダイエットをしたい人にとってもってこいであることが分かりました。では、そんなラム肉はどのようにして食べるのがおすすめなのでしょうか。

ラム肉のソテー

まずはラム肉の美味しさをシンプルに活かしたメニューから紹介します。作り方は本当に簡単で、塩・こしょうを振ったラム肉をフライパンで焼くだけです。せっかくレアでも食べられるラム肉なので、焼き過ぎて固くならないように気をつけてくださいね。

ラム肉のシチュー

普段のシチューに入っているお肉をラム肉に変えるだけで、ヘルシーで脂肪燃焼効果の高いシチューの出来上がりです。下ごしらえとして、ラム肉をジップロックなどに入れて、赤ワインにつけておくとよりおいしく頂けますよ。

ラム肉の塩麹ソテー

マトンに比べると柔らかい食感が持ち味のラム肉ですが、塩麹につけることによって、より柔らかく食べやすくなりますよ。塩麹とにんにくを混ぜたものにラム肉を漬け込み、少なくとも2時間は置いておきましょう。その後、焦がさないように火加減に気をつけながら焼けば完成です。

ラム肉ダイエットの注意点!

ラム肉は脂肪燃焼効果が高く、高タンパク・低カロリーで、不飽和脂肪酸も多く含んでいるため、ダイエットをしたい人や生活習慣病が気になる人にとってはお勧めの食材です。

ただ、あたりまえですが「食べれば食べるほど痩せる」などという訳はありません。あくまでも、普段の食事にラム肉を加えることが重要だということを忘れないようにして下さいね。

美味しく食べて中から健康に!

野菜だけダイエットは危険!お肉を食べるならラム肉がおすすめ!のまとめ

野菜だけダイエットの危険性と、ラム肉の特徴や効果について紹介してきましたが、いかがだったでしょうか。羊のお肉というと、「臭い」と敬遠しがちですが、ラム肉は特にクセがなくてヘルシーで、なにより美味しいですよ。スーパーで見かけたらぜひ一度、食べてみてくださいね。

スポンサーリンク