二週間ダイエットの効果的なやり方!短期間のダイエットで痩せ体質をゲット!


二週間ダイエットについて取り上げてみたいと思います。二週間でダイエットをするにはどのような方法が考えられるのでしょうか。また、どのようにおこなうのが効果的なのでしょう。

スポンサーリンク

二週間ダイエットってなに?

二週間ダイエットとは読んで字のごとく、二週間という短期間でおこなうダイエットのことを言います。二週間の間に何をするかによって、単純に体重を減らすにとどまらず、痩せやすい体質に変えていくことが可能となります。

二週間ダイエットのメリット

ダイエットのやり方は人それぞれですし、いろいろな方法があります。では、二週間ダイエットを選択するメリットとはなんでしょうか。

・短期間で体重を落とすことが可能

二週間ダイエットの最大の魅力は、二週間という短期間で体重を落とすことが可能であるという点です。長期的にダイエットをするのももちろん重要ですが、「目前に迫ったイベントのためにあと○kgだけ落としたい」というような人におすすめのダイエット法です。

・飽きない

ダイエットの最大の障壁となるのは「飽きてしまう」ということですが、二週間ダイエットは、二週間という短期間でおこなうダイエットであるため、飽きないというよりは飽きる頃には終わってしまうという特徴もあります。ダイエットは長続きしないという方にもおすすめのダイエット法です。

・やり方はいろいろ

二週間ダイエットは、炭水化物抜きダイエットや糖質制限ダイエットといった特定のダイエット法を指す訳ではありません。二週間のダイエット期間中に何をするかは自分次第です。自分に合った方法でダイエットをおこなうことができるため、運動が苦手な人でもダイエットが可能です。

二週間ダイエットの効果的なやり方その1・プチ断食

二週間という短期間でおこなうダイエット法としては、まずプチ断食が簡単な方法としてあげられます。週末を利用してプチ断食を2回行うことで、ダイエット効果アップを目指しましょう。

・プチ断食のやり方

プチ断食は週末の3日間を利用しておこなうのが効果的です。それを2週にわたって繰り返すころにより、単に体重を減らすのみならず、痩せやすい体質へと転換することも期待できます。

最初の1日目は準備期間として、朝ごはんの量をいつも食べている量の8割程度に、お昼ごはんを同じく5割程度に、晩ご飯はおかゆなど消化のよいものを少量食べ、夜の9時以降は食べ物を口にしないようにします。

プチ断食2日目は、いよいよ断食に入りますが、朝に手搾りのフルーツジュースやスムージーなどを飲んで、最低限度のエネルギーは摂取するようにしましょう。それ以外は基本的、水かお茶を飲んで過ごします。

プチ断食3日目は回復期に充てます。朝ごはんはおかゆなど消化によいものを食べ、お昼ごはんはいつも食べている量の半分程度、晩ご飯は同じく8割程度を食べるとよいでしょう。また、回復期の食事では炭水化物を摂りすぎないことも重要です。

・プチ断食の効果

プチ断食をおこなうと、単純に食べる量を減らすこととなるので、簡単に体重を落とすことが可能です。あと、これが大事なのですが、プチ断食の目的は胃腸を休める点にあります。

普段酷使しがちな胃腸を休めることによって胃腸の消化・吸収機能を高め、また、食事を摂らない期間を設けることによって、いかに自分が無駄に食べていたかが分かるようになります。繰り返すことによって、少量で満足できるようになり、痩せやすい体質をゲットすることも可能でしょう。

二週間ダイエットの効果的なやり方その2・糖質制限

二週間でダイエット効果を最大限に出したい、でも日々の食事はちゃんとしたい。そんな方には糖質制限ダイエットがおすすめです。

・炭水化物抜きダイエットとの違いは?

糖質制限ダイエットは、パンやご飯、麺類といった糖質を多く含む食品の摂取量を減らすことによって、体重減少を目指すダイエット法です。

そう聞くと、一時期はやった炭水化物抜きダイエットをイメージされる方も多いかもしれません。ただ、糖質制限ダイエットは炭水化物抜きダイエットとは異なり、炭水化物を一切摂らないというダイエット法ではありません。

なぜなら、炭水化物は三大栄養素の一つであり、私たちが活動する際のエネルギー源ともなります。そのため、完全に炭水化物を抜いてしまうといろいろと不都合が起こるのです。

また、筋トレをしたことのある方ならご存知かもしれませんが、筋トレ後にはタンパク質が必要なことはよく知られていますが、実は効率的に筋肉をつけるには、ある程度の炭水化物も必要なのです。

筋トレをすることで筋力をつけ、基礎代謝を上げようと思っていても、太るからと炭水化物を摂らないと、せっかくの筋トレの効率が低下してしまう結果となりかねません。

サラダを前に悩む女性

・糖質制限ダイエットのやり方

糖質制限ダイエットのやり方は簡単で、1日に摂取する糖質の量を70gから130gに抑えるだけです。現代人は1日に280gから300g程度の糖質を摂取しているということなので、およそ3分の1から4分の1程度にする計算となります。

糖質は体内でインスリンによってエネルギーに変えられますが、インスリンが分解しきれなかった糖質は予備のエネルギーとして体内に蓄えられます。

これがすなわち脂肪というわけなのですが、糖質制限ダイエットを上手におこなうと、現時点以上に脂肪をためないことが可能です。そして、現在ある脂肪が燃焼しやすくなることで、痩せやすい体質を手に入れることが可能となるのです。

二週間ダイエットの効果的なやり方その3・スクワット+有酸素運動

食事制限だけではなかなか体重が落ちないという方は、運動も組み合わせておこなうとよいでしょう。その際におすすめなのがスクワット+有酸素運動のゴールデンコンビです。

・スクワットはエクササイズの王様

スクワットはキング・オブ・エクササイズとも呼ばれ、その効果の高さからエクササイズ界では必須のトレーニング法となっています。

下半身には全身の7割もの筋肉が集まっていることから、スクワットをおこなうことで効果的に筋肉を刺激し、代謝機能を向上させることが期待されます。

また、スクワットには筋力アップのみならず、おなか側にある大腰筋を刺激することによるお腹引き締め効果や、下半身が安定することによる姿勢改善効果など、美容効果も併せてゲットすることが可能なんですよ。

・有酸素運動をプラスする理由

筋トレの後に有酸素運動をすると効果的にダイエットができるのには理由があります。それは、筋トレによって体内の糖が燃焼するからです。

有酸素運動のみでも体内の糖分は燃焼するのですが、脂肪の燃焼はその後に起こるため、あらかじめ筋トレをしておくと筋力アップ+脂肪燃焼の効果を得やすくなるのです。

また、筋トレをおこなったあとには代謝機能が向上することが分かっており、その効果はなんと48時間も続くということなのです。そのため、筋トレをおこなったあとに有酸素運動をすると、短期間でもダイエット効果が得られやすくなるというわけなのです。

自分に合ったダイエット法を選んでくださいね!

二週間ダイエットの効果的なやり方!短期間のダイエットで痩せ体質をゲット!のまとめ

二週間ダイエットについて取り上げましたが、いかがだったでしょうか。簡単な方法からエクササイズを加えた方法まで、やり方はいろいろあります。あなたに合ったダイエット法を選んで、楽しみながらダイエットを成功させてくださいね。

スポンサーリンク