腸内フローラダイエットってなに?腸の働きを制する者はダイエットを制す!


腸内フローラダイエットってなんでしょう?最近話題になっているダイエット法に、腸内フローラを改善するというものがあります。でも、腸内フローラなんて言われても何のことやら、という方もいらっしゃることと思います。今回は、腸内フローラダイエットについて、詳しく解説したいと思います。

スポンサーリンク

腸内フローラってなに?

腸内フローラダイエットについて説明する前に、そもそも腸内フローラとは何なのかについてお話ししておきたいと思います。

・腸内細菌叢

人間の身体は60兆もの細胞からできているとされていますが、実は、腸内には100兆を超える細菌が住んでいるとされています。

それらの細菌が腸内にびっしりと付着している様子をお花畑にたとえて、腸内フローラ(腸内細菌叢)と呼んでいるのです。

・腸相

人にはそれぞれ人相や手相があるように、腸にも腸相とでもいうべきものがあるということです。そして、腸内の善玉菌・悪玉菌・日和見菌のバランスによって、この腸相が変化するといわれています。

健康な人の腸内では善玉菌が優位になっており、悪玉菌の働きを抑えてくれています。逆に、悪玉菌が優位になってしまうと、病気などのリスクが上昇することが分かっています。

・理想の腸内フローラとは?

腸内フローラの理想的な状態とは、善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌の割合が、2:1:7の状態であることとされています。

スポンサーリンク

腸内細菌の種類

腸内にはおよそ100兆もの細菌が存在していて、その種類も100種類以上に及ぶということです。そのすべてを紹介するわけにはいきませんが、代表的なものを以下に紹介したいと思います。

・善玉菌

善玉菌はその名の通り、私たちの身体にとって有益な働きをしてくれる細菌のことを言います。悪玉菌の増殖を抑えたり、侵入を防いだりしてくれる働きを有しています。

善玉菌として有名なのとしては、ビフィズス菌や乳酸桿菌(にゅうさんかんきん)、アシドフィルス菌やフェーカリス菌などがあげられます。

乳酸桿菌は乳酸菌の一種です。「桿」という文字には「竿状の棒」という意味がありますが、乳酸菌には形が丸いものと棒状のものがあるのです。

そして、形が丸いものを乳酸球菌、棒状のものを乳酸桿菌と分けて呼んでいるのです。ただ、どちらの形状の乳酸菌も、人体にとって有益という点では変わることがありません。

・悪玉菌

悪玉菌は、腸内のものを腐敗させたり、有毒な物質を作ったりする細菌です。便秘のときにおならが出るのは、腸内の便が腐敗してそこからメタンガスが発生するからといわれています。

悪玉菌としては、ウェルシュ菌などのクロストリジウムやベーヨネラ、ブドウ球菌などが知られています。ちなみに、メタンガスは有毒なガスとされていて、血液中に流れ込んで身体のさまざまな場所へと運ばれます。

そういった意味でも便秘は身体に悪いということなのです。ある調査によると、アルツハイマーの人は便秘の傾向があるといったデータもあるそうですよ。

・日和見菌

日和見菌は、大腸菌やバクテロイドスといった、善玉菌にも悪玉菌にも属さない細菌です。ただ、日和見菌は身体の調子が悪くなったときに、悪玉菌としての働きをするという特徴があります。

腸内フローラとダイエットとの関係

ダイエットにはそもそも「健康と美容のために食べる物の質や量を規定すること」といった意味があります。そこで、腸内フローラとダイエットとの関係について、健康と美容、痩身の3点から見ていきたいと思います。

・腸内フローラと健康

ダイエットというと日本では「痩せる」という意味で用いられることが多いですが、そもそもは病気にならいためや、病気から回復したりするためにおこなわれる食餌療法(食事療法)という一面があります。

腸内フローラを整える最大の目的は、健康的に生活できるようにすることです。腸相という言葉を用いて、腸の重要さを説いた医師に、新谷弘美先生という方がいらっしゃいます。

新谷先生は、腸相を見ると身体の好不調が分かると言い、死亡診断書を書いたことがないということをその著書である「病気にならない生き方」の中で述べられています。

健康的に毎日を送れている人の腸相はよく、逆に、身体に不調を抱えているような人の腸相は悪いことが分かっているそうです。

腸内フローラのバランスを整えることで、病気を予防したり改善したりといった効果が期待できるので、まさに腸内フローラダイエットは、健康にとってもってこいと言えるのです。

・腸内フローラと美容

善玉菌というと乳酸菌やビフィズス菌をイメージされる方も多いと思います。そして、乳酸菌やビフィズス菌といえば、便秘の解消にとって有益な細菌であることも知られていることと思います。

便秘は単にストレスの原因となるだけでなく、長期間腸内にとどまった便は腐敗してしまい、有毒なメタンガスを出すといわれています。

それによって、老化が促進してしまうこともあるといわれており、アンチエイジングという面からみても便秘は美容の大敵だということができます。

また、便秘をしているときというのは、腸内フローラのバランスが乱れている時期でもあります。そして、腸内環境が悪化したときに現れるのが肌荒れです。

吹き出物が出たり肌の張りがなくなったりといったことも、腸内フローラのバランスが悪化することで起こるという訳なので、美容面でも腸内フローラは重要だといえます。

・腸内フローラと痩身

ダイエットは痩せるという意味で用いられるようになってきているので、今度は腸内フローラと送信の関係について見ていきましょう。

実は、先ほど日和見菌のところで出てきたバクテロイドスは、別名を「ヤセ菌」といわれています。そのため、このバクテロイドスを増やすことが痩身につながると考えられているのです。

反対に、デブ菌といわれるものもあり、それはファーミキューテスと呼ばれています。そして、ヤセ菌を増やすには、善玉菌を増やすことが重要となります。逆に、悪玉菌が増えると太りやすくなるという訳です。

腸内フローラダイエットのやり方

腸内には無数の細菌が生息しており、そのバランスによって私たちの健康が守られていることが分かりました。腸内フローラは人それぞれですが、太りやすい人は善玉菌を増やすことが必要なのかもしれません。

・発酵食品を食べる

発酵食品は、健康にとって「テッパン」の食べ物であるとされますが、ダイエットにとっても有益です。特に、ビフィズス菌は腸内にもっとも多く生息している細菌であるとされるため、その活性化を促すことが痩せ体質につながるということなのです。

・納豆を食べる

納豆ダイエットといわれるダイエット法が一時はやったことがあり、スーパーなどの店頭から納豆の姿が消えたことがありました。

納豆も発酵食品であり、その成分であるナットキナーゼはさまざまな健康効果が知られています。また、大豆に含まれているビタミンB群には、脂肪の燃焼を高める働きもあることが分かっています。

・ヨーグルトを食べる

ヨーグルトも腸内環境を改善するときによく食べられる食品ですよね。ただ、ヨーグルトは人によって合う場合と、合わない場合とがあるので、実際に試してみて合わないと判断した場合はほかの手段を考えましょう。

そもそも、日本は農耕を主としてきた民族なので、ヨーグルトが合わないことも往々にしてあるのです。そんな人は、日本古来の味噌や糠漬けにするとよいでしょう。

腸内フローラダイエットで健康的に美しく!

腸内フローラダイエットってなに?腸の働きを制する者はダイエットを制す!のまとめ

腸内フローラダイエットについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。このダイエット法の優れた点は、単に体重を減らすだけでなく、健康的に美しく痩せるという点にあります。太りやすい体質に悩んでいる人は、食習慣を見直してみてくださいね。

関連コンテンツ