野菜チップスをダイエットの間食に♪焼くだけ!簡単な作り方

アイキャッチ画像

ダイエットの最中、おやつが欲しくなった時におすすめなのが野菜チップスです。空腹を我慢することがダイエットと言われていたのは昔の話で、今は空腹の時間を短くする方が体は栄養を吸収しにくくなる、という考え方が主流になってきています。つまり我慢しすぎることはダイエットにも、そしてストレスがたまり健康にも良くないんです。一日の総摂取カロリー内で、無理なく間食をしながらダイエットをはじめましょう。今回はおすすめの野菜チップスをご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.ノンフライの野菜チップス

野菜チップスは、さつまいもやじゃがいも、人参やゴボウなどを薄くスライスし、油で揚げたりオーブンで焼いて作られるものです。

ポテトチップスやさつまいもチップスも野菜チップスのひとつですが、今回はダイエット中ということもあるので、オーブンで焼いて味を付けない野菜チップスをご紹介していきます。

2.野菜チップスのカロリーと栄養素は?

野菜チップスのカロリーは使う野菜や製法によって異なりますが、100gあたり100キロカロリー程度となっています。

野菜チップスに使われる野菜には根菜や芋類が多く、

  • じゃがいも
  • さつまいも
  • 人参
  • レンコン
  • ゴボウ

などが販売されています。

野菜チップスには使用した野菜の栄養素であるビタミンやミネラル、食物繊維が含まれるため、おやつでありながらも栄養のバランスを整えることができるのです。

特にビタミンCなどの水溶性ビタミンは水を使わない製法の方が効率的に摂取することが可能のため、野菜チップスにすることが適しているのです。

じゃがいもにはビタミンCが豊富に含まれていますし、ニンジンにはビタミンAサツマイモにも食物繊維が豊富に含まれています。複数の野菜チップスを食べることで、豊富な栄養素を取ることができます。

3.野菜チップスをダイエット中の間食にしよう

ビタミンやミネラル豊富

野菜チップスの原料は野菜ですから、ビタミンやミネラルが豊富に含まれています。

野菜チップスにされることが多い根菜類には食物繊維が豊富なものも多く、複数の野菜チップスを食べることでダイエット中に偏りがちな栄養バランスを整える手伝いをしてくれるのです。

食物繊維で腸内環境改善

野菜チップスには食物繊維が含まれているとご紹介しましたが、食物繊維にはダイエットに大切な要素の一つ、腸内環境の改善に効果かあります

腸内環境改善は、便秘や下痢の改善はもちろん、免疫力などの健康維持にも必要な要素です。

便秘を改善するだけで1キロ以上体重が減るとこともあるという便秘対策で、ぽっこりお腹の解消を目指しましょう。

焼くタイプのものなら低カロリー

チップスを食べるというと、油で揚げたものをイメージがしがちです。野菜チップスには油で揚げたものも多く存在しますが、やはりそれらは高カロリーとなります。

そして脂質も多く、ダイエットの際には注意が必要な食品なのです。

そこでおすすめなのが、揚げずに作った野菜チップスです。焼いてあるタイプの野菜チップスはカロリーも低いためダイエット向きであり、さらには簡単に手作りすることも可能なのです。

食感は軽く、サクサクとしているのでおやつ感覚で食べられます。これまで食べていたポテトチップスを野菜チップスに変えるだけでも、良質な油を摂取することができ、カロリーを抑えることができます。

サラダのトッピングにもオススメ

野菜チップスのパリパリは、サラダのトッピングとしてもオススメです。

ダイエット中だけでなく健康維持のためにサラダをよく食べる方も多いかと思います。毎日サラダを食べる中で、少し飽きてしまったな…と感じた時には、野菜チップスをアクセントとしてトッピングしてみてください。

香ばしい香りで食べられる野菜チップスは、おやつだけでなく食事にも取り入れることができるのです。

4.野菜チップスは手作りできる!

野菜チップスはスーパーなどで気軽に購入することができ、中にはダイエットや健康に配慮したものもあります。

ですがコストを抑えたい場合や、さらにカロリーなどを減らしたい場合は、自分で簡単に手作りすることができるのです。

材料

  • 好きな野菜 適量
  • オリーブオイル 大さじ1

作り方レシピ

  1.  好きな野菜を薄くスライスして水にさらす
  2.  オーブンを180℃に予熱しておく
  3.  キッチンペーパーで野菜の水気を切る
  4.  オーブンを160℃に下げて片面10分ずつ、計20分しっかりと焼く
  5.  冷ましてから、塩やミックススパイスをかける

オーブンの温度を下げてから、しっかりと両面を焼くのがポイントです。

オーブンの仕様や野菜の量、暑さなどによって焼き時間が変わるので、最初は様子を見ながら調整をしてください。

そのままでも食べていただけますし、ミックススパイスをかけるのもオススメです。

葉物野菜などはチップスにはできないので根菜やイモ類などで試してみてくださいね。

野菜チップスをダイエットの間食に♪焼くだけ!簡単な作り方のまとめ

野菜チップスは原料の野菜のビタミンやミネラル、食物繊維が豊富なおやつです。油で揚ないものをセレクトするのがポイントで、おやつとしてだけでなくサラダのトッピングにも利用できます。食べ過ぎには注意が必要ですが、ダイエット中の間食として水分と一緒にとると満腹感を得る事もでき、ダイエットに適しています。簡単に手作りができるので試してみてくださいね。

スポンサーリンク