青汁ダイエットって不味くないの?美味しくできる青汁ダイエットをご紹介!


青汁というと、かつてはバラエティー番組の罰ゲームに用いられていたり、コマーシャルで「不味い!もう1杯!」といわれたり、なにかと不味いことが強調されていました。でも、最近では美味しく飲める青汁も増えているようです。今回は、そんな青汁を使ったダイエット法を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

青汁ってなに?

青汁ダイエットについて説明する前に、そもそも青汁とはどのような飲み物なのかについて見ていきたいと思います。

・野菜のしぼり汁

野菜のしぼり汁なんて書くといかにもまずそうですが、青汁を辞書で引いて見ると「生の緑葉野菜をしぼった汁」であると書かれています。

・緑葉野菜って?

青汁を作る際に用いられる緑の葉野菜として有名なのはケールです。

最近ではケールの他にも大麦の若葉や明日葉(あしたば)といった野菜の青汁が用いられるようになっているそうです。

青汁ダイエットの効果って?

それでは次に、青汁ダイエットの効果について見ていきたいと思います。どのようなダイエット効果が期待できるのでしょうか。

・便秘の解消効果

青汁には食物繊維が多く含まれています。食物繊維と言えば便秘の解消、便秘の解消と言えば食物繊維といわれるくらい、食物繊維は便秘を解消するのに効果的な栄養素です。

たかが便秘なんて甘く見てはいけませんよ。腸内に長くとどまっている便はやがて腐敗して、有害な物質を発生することになります。おならが臭くなるのもそのためです。

また、有害物質は腸内に留まらず、血管から全身の各部に送られることとなります。それがさまざまな疾患のリスクを上昇させるのです。

一説によると、アルツハイマーの人は便秘がちであるという報告もあるそうです。便秘の人が必ずアルツハイマーになる訳ではありませんが、便秘がさまざまな疾患のリスクファクターとなることは疑いないようです。

スポンサーリンク

・美肌効果

青汁ダイエットによって便秘が解消されると、肌の状態も改善されることも期待できます。肌荒れや吹き出物ができている時というのは、たいてい腸内環境が悪くなっているときです。

青汁ダイエットによって腸内の環境が改善されれば、肌荒れや吹き出物を改善したり予防したりすることが可能となります。

また、植物というのはそもそもお日さまを浴びて育つのですが、有害な紫外線にさらされてもいます。そして、有害な紫外線から身を守るために必要なのがポリフェノールです。

ポリフェノールというと、赤ワインやチョコレートなどをイメージされる方も多いと思いますが、実は、ポリフェノールはほとんどの植物に含有されているのです。

ポリフェノールは野菜を紫外線から守ってくれますが、それはポリフェノールの抗酸化作用によるものとされています

例えば、リンゴを切って放置しておくと、断面が茶色く変化してきますよね。あれがポリフェノールの働きなのです。表面で酸化を食い止めることによって、リンゴの内部はみずみずしく保たれているのです。

青汁ダイエットをすると、抗酸化作用によって紫外線から肌が守られたり、アンチエイジング効果が期待できたりするということなのです。

人差し指を頬をあてる笑顔の女性

・ビタミンやミネラルの補給効果

私たちは「現代型の栄養失調」に陥っているといわれることがあります。戦中や戦後のものがない時代の栄養失調とは異なり、飽食の時代ならではの栄養失調ということです。

高度経済成長以後、日本でも食の欧米化が進行し、それまでの魚中心の食事から肉中心の食事へと変わってきました。また、カロリーの高いものや脂肪分を多く含む食事が好まれるようになっています。

特に、私たちの食生活に決定的に不足しているのがビタミンとミネラルといわれています。そのため、厚生労働省では1日に摂取する野菜の目安量を350gとしています。

ただ、実際に350gの野菜を目の前にすると、その量に圧倒されることと思います。1日や2日なら頑張って食べられても、毎日毎日350gの野菜を食べることは苦行以外のなにものでもありません。

そんな時におすすめなのが青汁という訳なのです。青汁には豊富なビタミンとミネラルが含まれているため、本来のダイエットの目的である健康を得るのに強い味方となってくれます。

青汁ダイエットにオススメのフルーツ青汁

青汁ダイエットが健康にとって有益でダイエット効果もあるとは分かっていても、やはり最大の障壁となるのは「不味い」ということではないでしょうか。

最近では以前ほど不味くはなくなったということですが、緑の葉野菜からできているので青臭さはどうしても残ってしまいます。

そんな方には、フルーツ青汁がおススメです。フルーツ青汁には、イチゴやキウイなどから抽出したエキスが配合されており、以前の青汁と比べるととても飲みやすくなっています。

▼フルーツ青汁については以下の記事も参考にしてください。

フルーツ青汁ダイエットでは痩せられない!?ダイエットの本義をご紹介!

▼キウイのダイエット効果について詳しくはこちらの記事もご覧ください。

キウイでダイエット!キウイがダイエットに向いている理由とは?

青汁ダイエットのやり方

青汁ダイエットやり方はとても簡単で、毎日の食生活に青汁を加えるだけです。ただ、もっと効果的におこなうのであれば置き換えダイエットをするとよいでしょう。

置き換えダイエットとは、一般的には1日の内の1食をダイエット食品などに置き換えるダイエット法のことを言います。

青汁ダイエットをする場合にも、朝ごはんを青汁に置き換えるとか、晩ご飯を青汁に置き換えるなどするとよいでしょう。

ダイエットの鉄則は、消費カロリーが摂取カロリーを上回る状態にすることです。つまり、痩せるためには運動をしてカロリーを消費するか、食べる量を減らして摂取カロリーを控えるしかないのです。

カロリーが高くなりがちな晩ご飯はもちろんのこと、朝ごはんを青汁に置き換えるだけでも、大幅なカロリー摂取減となるので、ダイエット効果が期待できるということなのです。

青汁ダイエットをおこなう際の注意点

青汁はとてもヘルシーでダイエット効果も高い飲み物ですが、おこなうにあたってはいくつかの注意点があります。

栄養バランスに気をつける

青汁ダイエットをおこなう際には、栄養バランスに気をつける必要があります。青汁ダイエットをおこなうと、現代人に不足しがちなビタミンとミネラルを効率よく摂取することが可能です。

ところが、朝ごはんや晩ご飯を青汁に置き換えた場合、今度はタンパク質や炭水化物などが不足してしまうこととなります。

ダイエットはそもそも健康と美容のためにおこなうことなので、栄養バランスを考えることも重要となります。

適度に身体も動かす

普段の食事を青汁に置き換えた場合、確実に体重は減ります。ただ、体重が減ったと単純に喜んでいてはいけません。なぜなら、体脂肪だけでなく、筋肉も落ちてしまっている可能性があるからです。

青汁ダイエットに限らず、食事制限のみのダイエット法の最大のデメリットは、筋肉量が低下するリスクが高いということです。

筋肉量が低下すると基礎代謝量も減少してしまいます。基礎代謝量が減少すると、結果的に太りやすい体質になってしまいます。これがリバウンドの原因です。

積極的に筋肉をつけるのは難しいにしても、青汁ダイエットをおこなっている際にも適度に身体を動かして、今ある筋肉を減らさないように気をつけることが重要です。

青汁ダイエットで健康的に痩せよう!

青汁ダイエットって不味くないの?美味しくできる青汁ダイエットをご紹介!のまとめ

青汁ダイエットについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。最近は美味しくて飲みやすい青汁も増えてきています。健康と美容のためにも、一度試してみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ