おにぎりダイエットの効果で痩せられる?簡単ダイエットレシピも♪

アイキャッチ画像

おにぎりをダイエット中の食事に利用する方法ですが、炭水化物だからと思ってしまう方もいらっしゃるかと思います。確かに血糖値が上がりやすい炭水化物は太る原因と言われており、なかには炭水化物を制限するダイエットもあります。ですがその一方で、冷えたごはんを利用したり、具材を選ぶことで低カロリーにおにぎりダイエットをすることが可能なのです。炭水化物を制限するのがつらいという方におすすめなおにぎりダイエットについてご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.おにぎりダイエットって?

おにぎりダイエットとは、おにぎりを利用しながらダイエットを行う方法ですが、太りやすい炭水化物を利用してダイエットを行うとは一体どういう事でしょうか。

まずは炭水化物がなぜ太りやすいのかから見ていきましょう。

炭水化物は、食物繊維と糖質で出来ています。

そして、炭水化物の中の糖質は血糖値を上げる効果があるのですが、血糖値が上がると体内でインシュリンという物質が分泌されその結果、栄養を蓄えてしまうのです。

おにぎりにはその太る原因となってしまう炭水化物が多く、ダイエット中は控えるという方がほとんどだと思います。しかし、ちょっとした工夫をもってすれば、お米を食べながらのダイエットが可能になるというのです。

▼おにぎりをダイエットに利用する際は以下の記事も参考にしてください。

お米ダイエットをするときの注意点!上手に食べて美味しくスリムに!

2.おにぎりのカロリーと栄養素

おにぎりのカロリー

100gあたり179キロカロリー

一個あたり120gですから、おにぎり一つのカロリーは約215キロカロリーになります。

太ると思われているおにぎりですカロリーはそれほど高くないのです。

ツナマヨなどのカロリーが高い具材を入れればカロリーが高くなりますが、シンプルなおにぎりならカロリーはそれほど高くないのです。

おにぎりには、

  • ビタミンB1
  • ビタミンB2
  • ナイアシン
  • ビタミンB6
  • 葉酸
  • パントテン酸
  • ナトリウム
  • カリウム
  • カルシウム
  • マグネシウム
  • リン
  • 亜鉛
  • マンガン

が含まれています。

スポンサーリンク

3.おにぎりダイエットのやり方と痩せるポイント

・冷たいごはんを使う

冷やごはんはお茶碗で食べるより、おにぎりで食べた方が美味しいですよね。おにぎりの特徴は、冷えていても食べられるという点です。

実はおにぎりダイエットでは、お米を「冷やすこと」がとても重要になってきます

お米は冷やすことで「レジスタントスターチ」という物質が増えるのですが、このレジスタントスターチには食物繊維と同じ働きがあるのです。

つまり、血糖値の上昇を抑え、整腸作用をもたらしてくれます

温かい状態より冷やした方がこのレジスタントスターチが増えるので、冷やしてもおいしいおにぎりの方が普通にご飯を食べるよりダイエットに向いているのです。

▼冷やごはんを利用したダイエット方法について詳しくは以下もご覧ください。

冷やしご飯ダイエットって知ってますか?その驚きのダイエット効果とは?

・全体のカロリーを減らす

おにぎりはカロリーはそれほど高くありません。そして、炭水化物ですから腹持ちが良いのです。つまり、一日あたりの食事量を無理なく減らすことができるのです。

間食をしていた方でも、おにぎりを食べることで間食が減り、結果的にダイエットにつながるということもあります。

食事を見直して腹持ちや全体のカロリーや糖質の量を考えると、おにぎりダイエットが効果的という場合は少なくありません。

・具材でアレンジができる

おにぎりは海苔で巻いたり、梅やおかかなどの具材も楽しみのひとつです。おにぎりの具材には、ツナマヨなどカロリーと脂質が多いものもありますが、ダイエットに向いている具材もたくさんあります。

食物繊維たっぷりの昆布の佃煮

食物繊維は血糖値の急上昇を抑えてくれます。おにぎりに含まれる糖質の吸収を穏やかにしてくれるため、太りにくくなるのです。

また、食物繊維には善玉菌を増やして腸内環境を整える働きがあります。便秘が解消されて腸内の老廃物をスムーズに排出することによって、活性酸素の発生を抑えることができ、結果的にアンチエイジングと美肌効果も得られます。

クエン酸が含まれる

クエン酸を摂取し、さらに体を動かすことで効率よくエネルギーに変換させることができます。

脂肪が燃えやすく、代謝が良くなるのです。過剰摂取は禁物ですが、ダイエット中にビタミンB群などと一緒に摂取することがおすすめです。

▼梅の詳しいダイエット効果については以下にもまとめてあります。

梅にダイエット効果?!驚きの梅パワーを解説!

海苔巻きおにぎりなどアレンジする場合にも、ダイエットを意識することができます。

米に、麦や雑穀米を混ぜるとよりダイエットに向いていますし、野菜と一緒に食べることもできます

・カロリー計算が簡単

おにぎりは一般的な120gのサイズで約200キロカロリー程度です。

カロリー計算がとても簡単で、満腹感はもちろん腹持ちの良さもメリットと言えます。

一日の摂取カロリーのうちの200キロカロリーと考えると計算も楽ですし、とても低カロリーに思えますね。

食べ物のカロリー表

4.ダイエットに最適なおにぎりレシピ

ダイエットに最適なおにぎりをご紹介します。作り置きもできるので、前日に作って翌日の朝ごはんやお昼ごはんなどに、是非試してみてください。

▼朝ごはんを抜くことはダイエットに良くありません!以下の記事も参考にしてください。

ダイエット中の朝食メニューならコレ!朝食を抜くとかえって太るって本当!?

材料

  • 米 2合
  • 水 400cc
  • 麦 半カップ
  • 梅 10粒
  • 昆布 20センチ

作り方

  1.  昆布を水で戻して細切りにする
  2.  米を洗って、麦と水、①の昆布と一緒に炊飯器で炊く
  3.  梅肉を混ぜる
  4.  おにぎりに握って、粗熱をとる

昆布と梅、そして麦を混ぜることで、食物繊維たっぷりのおにぎりになります。梅の塩気でおいしく食べられますし、冷凍保存もできるのでまとめて作っておくのもオススメです。

おにぎりダイエットの効果で痩せられる?簡単ダイエットレシピも♪のまとめ

炭水化物は太る…と思われがちなおにぎりですが、冷やして食べることと食物繊維が含まれる具材を入れることでダイエットすることができます。全体的なカロリー計算がしやすいのもダイエットに向いている理由のひとつです。食べ過ぎには注意が必要ですが、お米が好きな方にとってはストレスが少ないダイエット法といえます。また、おにぎりはとても腹持ちがいいので間食を止められないという方は、あえておにぎりをたべることで間食を減らすこともできるかもしれません。

関連コンテンツ