水泳ダイエットの効果がスゴイ!?その効果とメリットを紹介します!


水泳ダイエットの効果が今すごく注目されています。ダイエット目的のためスポーツジムなどで水泳をしている、という方もいらっしゃるのではないでしょうか。今回の記事では、水泳のダイエット効果とそのメリットに焦点を当ててみたいと思います。

スポンサーリンク

水泳ダイエットとは?

水泳ダイエットとはその名の通り、水泳をすることによって脂肪を燃焼させ、体重を減らすことを目的としたダイエット法のことを言います。水泳はあたり前ですが、水中でおこなう運動であるため、同じ時間陸上で運動をするよりも高いダイエット効果が期待できます。

水泳でなく、単に水中を歩くだけでも、漠然と陸上を歩いているよりもはるかに効率よくダイエットをすることが可能となっています。そんな水泳ダイエットにはどのような効果があるのでしょうか。

水泳ダイエットの効果

それでは早速、水泳ダイエットにはどのような効果が期待できるのかを見ていきたいと思います。思った以上の健康効果に驚かれると思いますよ。

・脂肪燃焼効果

男性と女性、体重や年齢によっても異なりますが、平均的な体重の男女が1時間クロールで水泳ダイエットをおこなった場合、およそ1,000キロカロリーから1,300キロカロリーを消費することが可能だといわれています。

同じ時間だけジョギングをした際の消費カロリーがおよそ200キロカロリーから250キロカロリーであることを考えると、水泳ダイエットにはジョギングの4倍から5倍もの脂肪燃焼効果があることが分かります。

1時間もクロールで泳ぐのがつらいという人もいると思いますので、平泳ぎの場合も考えてみましょう。平均的な体重の男女が1時間平泳ぎをした場合、およそ550キロカロリーから700キロカロリーを消費するといわれています。

クロールと比べると、だいぶ消費カロリーが下がったと思われるかもしれませんが、それでも陸上での運動に比べると、平泳ぎの方が脂肪燃焼効率は高いんですよ。

・肩こり解消効果

日常生活で、腕を上に挙げる機会ってどれくらいあるでしょう。高い所にあるものを取るくらいのもので、一般的な仕事や生活をしていると、あまり肘を頭以上の高さに挙げることってないのではないでしょうか。

デスクワークが主流となった昨今、首や肩のコリに悩まされているひとは沢山いらっしゃることと思います。長時間にわたって同じ姿勢でいることで首や肩の筋肉が緊張し、それによって血行が悪くなって肩こりが慢性化していくのです。

肩こりが慢性化すると、肩がこっているのがあたり前という状態になってしまい、徐々に肩関節や肩甲骨の可動域が減少していきます。関節の動きが低下すると、さらに血行が悪くなり肩こりが増すという悪循環に陥ります。

水泳ダイエットのいい点は、普段動かさないレベルまで関節を動かすことができるという点であり、それによって肩こりを解消する効果が期待できます。

・血行改善効果

一般的に水泳ダイエットをおこなうときには、クロールか平泳ぎ、やったとしてもせいぜい背泳ぎだと思います。バタフライや立ち泳ぎをしている人はあまり見かけませんよね。

何が言いたいかというと、泳いでいる姿勢は身体が横になっているということなのです。普段、私たちは立ったり座ったりしているので、重力という目に見えない力を受けています。

それによって、足に送られた血液が心臓に送り返されにくくなり、足が冷えたりむくんだりしてしまいます。水泳ダイエットを行っているときには身体が横になっているため、重力の縦への圧力がなくなります。

泳ぎながら手足の筋肉を使うことで、心臓へと血液を送り返す力(筋ポンプ作用)が強く働き、血行が良くなることで冷え症やむくみの改善も期待できます。

・筋力アップによる代謝機能の向上

水の中で歩いて見た事のある人なら分かると思いますが、陸上を歩くよりもはるかに歩きづらいですよね。なぜなら、水の抵抗がある分、筋肉にかかる負荷が増大するからです。

筋肉にかかる負荷が増大するということは、水泳ダイエットは有酸素運動でありながら、筋力アップも期待できるということなのです。水泳選手の身体が逆三角形なのをみても、その効果が分かるというものですよね。

筋力がアップすれば、基礎代謝が向上することになります。基礎代謝が向上すれば、脂肪燃焼効率が上がることとなり、それによって体重を減らすことが可能となるのです。

水泳ダイエットのメリット

さまざまな健康効果の期待できる水泳ダイエットですが、ほかの運動と比べた場合、どのようなメリットがあげられるのでしょうか。

・怪我をしにくい

水の中では浮力が働くので、関節にかかる負荷が減少します。そのため、怪我のリハビリや関節に負荷をかけずに筋力をアップしたいときに水泳ダイエットが採用されるのです。

ちなみに、足のけがが命取りになる競走馬も、関節に負担をかけないトレーニング法として、水中ウォーキングをするんですよ。

・気持ちいい

水泳は理想的な全身運動でもあるため、全身の筋肉が心地よく疲労するのが特徴です。はじめは慣れないかもしれませんが、水泳ダイエットを続けていると、心地よい疲労感に変わっていきますよ。

水泳ダイエットのデメリット

脂肪燃焼効果が高く、怪我のリスクも低いという水泳ダイエットですが、あえてデメリットをあげるとするなら、以下のようなことがあげられます。

・面倒くさい

水泳ダイエットはあたり前ですが、水の中でおこなうダイエット法です。そのため、水着に着替えたりメイクを落としたりする必要があるのです。特に女性の場合は、いったんメイクを落として帰りにまたメイクをして、と考えると面倒くさくなってしまいますよね。

・髪の毛が痛む

水泳ダイエットをおこなうのは一般的にプールであることが多いと思いますが、プールの水は塩素で消毒されているため、髪の毛が痛んでしまうというデメリットもあります。やはり女性にとっては気になる問題かもしれませんね。

水泳ダイエットで痩せないという人の特徴

水泳ダイエットはほかの運動に比べてはるかに消費カロリーが多く、効率的に痩せられる運動であるということが可能です。「でも痩せないんだけど…」という人にはどのような特徴があるのでしょうか。

・期待しすぎ

ダイエットの基本は消費カロリーをアップすることですが、実は消費カロリーの70%は基礎代謝なんです。だから、一生懸命運動をしたからといって、劇的に痩せるということは期待しない方がいいでしょう。

あからさまに太っている人は効果が出やすいでしょうが、そうでもない人の場合は、筋力がついて基礎代謝が上がってから、徐々に体重が減ってくると思いますよ。

・食べすぎ

「今日は運動をしたから甘いものを食べようかな」なんて方、いらっしゃいますよね。そりゃあ運動をしていないときよりはいいと思いますが、甘いものを制限しないと、明らかなダイエット効果は表れてきませんよ。

ダイエットの基本は消費カロリーをアップすることですが、それと並んで摂取カロリーを減少することも重要です。特に、糖分の摂りすぎは脂肪に直結するので、ダイエットをしたい方は1日に150g程度にとどめるようにしましょう。

長く続けて健康的にダイエットしよう!

水泳ダイエットの効果がスゴイ!?その効果とメリットを紹介します!のまとめ

水泳はどの年齢層でもできるダイエット法として、多くの愛好者がいます。先日の朝刊紙で取り上げられていましたが、100歳になってもプールで泳げる人がいるくらいです。ぜひ、水泳ダイエットで健康的な減量を実現してくださいね。

スポンサーリンク