ビーフジャーキーがダイエットのおやつに!?簡単レシピもご紹介♪

アイキャッチ画像

実は、ビーフジャーキーがダイエット中の間食に最適だということをご存知でしょうか。赤身肉に含まれるたんぱく質やLカルニチンなどの栄養素を摂取し、効率良くダイエットを行うための手助けをしてくれるのだそうです。塩分が気になる場合は、自分で簡単に手作りすることができるのも、今回ビーフジャーキーをおすすめする上でのポイントとなります。

スポンサーリンク

1.ビーフジャーキーとは

ビーフジャーキーは、もともと南米の先住民が肉を保存するためにつくっていたものです。牛肉以外にも、いろいろな肉で作られますが、やはり牛肉のものが一般的ですよね。

ビーフジャーキーはただ肉を干しただけでなく、塩や香辛料を塗ってから干されています。また燻製にしてあるものも多く、そのまま食べてもかなり味がついているという特徴があります。

お酒のつまみとして人気があるのも、適度な塩気と香りがあるからですよね。そのまま食べられることが多いのですが、スープなどに入れて、少しアレンジして食べるのもおすすめです。

2.ビーフジャーキーのカロリーと栄養素

ビーフジャーキーのカロリーは、100gあたり315キロカロリーです。

1枚当たり4gだとすれば、1枚約13キロカロリーとなります。

意外と低カロリーな印象ではないでしょうか。

またビーフジャーキーには、

ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK 、ビタミンB1 、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ビタミンC、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン 、鉄、亜鉛、銅、マンガン

が含まれています。

たんぱく質が多く、また、牛肉が原料なので脂肪燃焼効果があるLカルニチンも含まれています

スポンサーリンク

3.ビーフジャーキーがダイエットに向いている理由とダイエットに生かす方法

・Lカルニチン

ビーフジャーキーの原料は牛肉ですが、牛肉にはLカルニチンという成分が含まれています。

Lカルニチンは、脂肪燃焼効果があるためダイエットにとても有効なのです。

特に、牛肉の赤身の部分に多く含まれている成分ですので、ビーフジャーキーを食べることでLカルニチンを摂取することができるのです。

・低糖質

ビーフジャーキーは、牛肉に塩やハーブを塗って作られています。

糖質が非常に少ないため、ダイエットに適しています。

・たんぱく質が豊富

ビーフジャーキーはたんぱく質が大変豊富です。

たんぱく質は筋肉の元になる成分ですので、ダイエットには欠かせません。筋肉の量が増えれば基礎代謝が上がり効率的にダイエットすることができます

筋トレをしている方にも、ビーフジャーキーはオススメです。

・食べ応えがある

ビーフジャーキーは固い食べ物なので、よく噛まなければ食べることができません。

噛むことで、満腹中枢が刺激されて少量でも満足できるようになります

さらに顎の筋肉を使いますので、小顔効果も期待できます。

・おやつの代わりに

そのまま食べられるビーフジャーキーは、おやつとしてもオススメです。

今まで、カロリーの高いおやつを食べていたという方であれば、おやつをビーフジャーキーにするだけでもダイエット効果を期待できます。

よく噛んで、水分一緒に取るように工夫すればよりダイエット効果があがります

・塩分には注意

ビーフジャーキーは、加工段階で塩が使われています。

塩分の取りすぎはむくみの原因になりますので、ビーフジャーキーを食べるときには成分表などを確認し、塩分過多に十分注意しましょう

減塩タイプのものや、野菜を一緒に食べるといった工夫をすることがおすすめです。

4.ビーフジャーキーの簡単な作り方レシピ♪

ビーフジャーキーはおつまみとしてコンビニやスーパーで販売されていますが、実は意外と簡単に作ることができるのです。

材料

  • 牛肉 300g (赤身)
  • 赤ワイン 100cc
  • 醤油 50cc
  • 塩 小さじ2
  • はちみつ 大さじ1
  • おろしにんにく 小さじ2

作り方

  1.  牛肉を薄切りにする
  2.  調味料をすべて混ぜて、肉を2時間以上漬け込む
  3.  オーブンを130度に予熱し、裏と表それぞれ45分ずつ焼く
  4.  粗熱をとって冷ます

部位は油が少ない部分であればどこでもOKですが、ももなどが柔らかく筋も少ないのでおすすめです。

漬け込む時間は最低でも2時間以上、できれば一晩おいていただくとよりおいしくなります。市販のものより柔らかくできるので、固いものが苦手な方にもおすすめです。

塩はできれば天然塩を使用しましょう。

おろしにんにくを生姜に変えてもおいしいですし、ハーブを追加してもおいしいビーフジャーキーができます

▼ビーフジャーキー以外にもおつまみの代表格である「するめ」もダイエットに利用することができますよ。

するめダイエットの驚きの効果とは!?小顔になりたい人にもおススメです!

ビーフジャーキーがダイエットのおやつに!?簡単レシピもご紹介♪のまとめ

ビーフジャーキーは低糖質高たんぱくでダイエットにオススメの食材です。おやつとしても食べられますし、自宅で作ることもできます。ビーフジャーキーは固いので、よく噛んで食べることになります。よく噛むことで、満腹中枢が刺激されて少量でも満足することができます。また、袋から出してそのまま手軽に食べられるのも魅力です。たんぱく質の補給にもおすすめです。牛肉が原料なので、脂肪燃焼効果があるLカルニチンを取ることができるダイエットに適した食材といえます。

関連コンテンツ