手羽先をダイエット中に食べる!低糖質高たんぱくでサポート

アイキャッチ画像

手羽先は低カロリー、低糖質、高たんぱくと、ダイエットに向いている食材のうちの一つです。鶏肉の中でも味が濃く美味しい部位として知られており、揚げ物や煮物、焼き物などに使われることが多いですね。ダイエット中に手羽先を食べるための調理法の工夫やレシピ、どのようなダイエット効果が期待できるのかをご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.手羽先とは

手羽先とは、鶏の手羽の先の方を指します。手羽先に対し手羽元は付け根に方を指しており、それぞれいろいろな調理法で日本全国で食べられています。

手羽先は、英語ではウイングチップと言われていますが、フライドチキンの部位としてはあまりメジャーではありません。日本では名古屋などでよく食べられており、から揚げや煮物にされることが多い部位でもあります。

骨付きのまま食べるので少し食べにくい部位ではありますが、非常にジューシーで味が濃く、おいしい部位でもあります。箸やナイフでも食べることはできますが、手で持ってそのまま食べることが多く、お肉を食べて居るという満足感を与えてくれる部位でもあります。

2.手羽先のカロリーと栄養素

手羽先のカロリーは、100gあたり137キロカロリーです。

手羽先をから揚げにした場合、1本あたり106キロカロリー、塩焼きであれば77キロカロリーになります。

手羽先には、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12 、葉酸 、パントテン酸、ビオチン、ビタミンC、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデンが含まれています。

たんぱく質と脂質が多いため調理法に注意が必要ですが、糖質が少ない為、ダイエットに生かすことができる部位と言えます。

3.手羽先がダイエットに向いている理由

・低糖質

手羽先は脂質が多い部位ではありますが、低糖質です。糖質は血糖値を上昇させる成分であることから、ダイエット中には注意すべきものとされています。

手羽先は、脂質とたんぱく質が多く糖質は少ない為、低糖質ダイエットをしている方には特におススメです。

・調理法でカロリーがかなり変わる

手羽先は調理法でかなりカロリーが変わります。から揚げが一般的ですが、塩焼きなどに比べると高カロリーです。

もちろん、糖質制限をメインにしている場合はあまりカロリーを気にする必要はありませんが、できれば塩焼きや煮物を食べることをオススメします

・コツとしてはやはり糖質制限をすること

カロリーの代わりに糖質を制限することが手羽先をダイエットに生かすコツと言えます。

脂質とたんぱく質が多いので、筋トレなどと組み合わせてダイエットしても効果的です。

・コラーゲンが豊富

手羽先にはコラーゲンが豊富に含まれています。コラーゲンは美肌にも効果的で、ダイエットと美容を意識する際、外せない成分なのではないでしょうか。

目をつぶり頬を触る女性

ダイエットは綺麗になることが目的です。せっかくダイエットしても肌がボロボロということは避けたいですよね。

手羽先をダイエットに生かすことは、美肌などの美容に効果があります。

4.手羽先のおいしいレシピ

手羽先をおいしく食べられるから揚げ以外にも、煮物や塩焼きなどいろいろな調理法が楽しめる手羽先ですが、から揚げ「風」で食べられるとうれしいという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

少量の油で作れる手羽先のから揚げ風グリルをご紹介します。

材料

  • 手羽先 5~6本
  • 片栗粉 大さじ3
  • 塩 小さじ2
  • ショウガ 小さじ2
  • 米油 適量
  • こしょう 少々

作り方

  1. 手羽先にフォークで穴をあける
  2. 熱湯を手羽先にかけて油抜きをする
  3. 水気を切ってから塩とこしょう、ショウガを馴染ませて片栗粉を薄くまぶす
  4. 180度のオーブンで5分加熱する
  5. はけで油を薄く塗ってからさらに180度で15分加熱する

衣を薄くしたから揚げ風のグリルです。油を薄く塗ることと、一度焼いてから油を塗ることで、よりカリッとおいしく焼き上がります

ポイントは、衣をつける前にしっかりと水気をとっておくことです。

水気が多いとベチャっとして触感になってしまいますので、しっかりと水気を切りましょう。片栗粉をつけたときに白っぽく粉を拭く位乾燥している方がベストです。

米油の代わりに、ごま油やオリーブオイルで作っていただくこともできます。野菜との相性が良いので、一緒に野菜をグリルして食べるのもオススメです。

手羽先をダイエット中に食べる!低糖質高たんぱくでサポートのまとめ

手羽先は、脂質が多くむね肉やささみより高カロリーですが、ジューシーで食べ応えがありコラーゲンが多く含まれているので美容やダイエットに非常に適した部位です。糖質が少ない為ダイエットに向いており、食べ方を工夫すればカロリーを抑えることもできます。ダイエット中だからといってお肉をあきらめる必要はありません。おいしく食べて綺麗にダイエットしましょう!

スポンサーリンク