いりこは間食にするだけでダイエットになるスーパーフード!

アイキャッチ画像

いりこをおやつに食べるだけでダイエット効果が期待できるというのは一体どういう事でしょうか。いりこと言えば、出汁をとるために使用される方が多いと思いますが、そのまま食べることもできます。今回はそのいりことダイエットの効果についてご紹介していきます。

スポンサーリンク

1.いりこにはいろんな大きさがある

「いりこ」と一言で言っても、その大きさはたくさんあります。いりこの原料はカタクチイワシで、漁で取れたたものを茹でてから、乾燥させたものをスーパーなどで販売しています。

いりこには、小さいものから大きなものまでいろいろな大きさがありますが、これは原料のカタクチイワシの大きさの違いによるものです。小さなものはそのまま食べたり佃煮にされたりすることが多く、大きなものは出汁などに使われるのが一般的です。

大きくなればなるほど味が濃くなるため、そのまま食べるより出汁などに向いているのです。出汁が美味しければ、和食の味もきまります。

2.いりこのカロリーや栄養価

いりこのカロリーは 100gあたり332キロカロリーです。

一尾あたり1gだとすると3キロカロリーになりますので、カロリーはそれほど高くありません。

いりこには、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB1 、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅が含まれています。

特にビタミンB12の含有量が多く、6割がたんぱく質で構成されており、糖質は少なめです。

3.いりこはダイエットにぴったり

・低カロリー低糖質

いりこは6割がたんぱく質で構成されており、低カロリー低糖質です。おやつの代わりに食べるとお腹も満たされますし、ダイエットにもなります

また噛まないと食べられないものですから、よく噛んで食べることで満腹中枢が刺激されて食べ過ぎを防止することができます

・ビタミンB12

いりこには、ビタミンB12が豊富に含まれています

ビタミンB12は野菜には含まれておらず、動物性の食品から摂取する必要があるビタミンです。

そしてビタミンB12は、神経や精神、貧血予防、脳梗塞や心臓病の予防に効果があると言われています

ダイエット中にはカロリーが高い肉類を避けてしまいがちになるかと思いますので、不足しやすいビタミンB12をしっかりと摂れるいりこはダイエットにぴったりなのです。

・筋トレと組み合わせると効果的

いりこは、その6割がたんぱく質です。たんぱく質は筋肉を作るもとになる成分なので、いりこを食べることと並行して筋トレをすると効率的に筋肉が増えて基礎代謝があがり痩せやすい身体になるのです。

基礎代謝をあげることはダイエットでもとても重要です。

基礎代謝とは何もしていなくても消費するエネルギーなので、ダイエットの際には基礎代謝が高ければ高いほど成功しやすいのです。

・間食の置き換えダイエットにも

そのまま食べられるいりこは、おやつとしてもオススメです。

今まで、甘いチョコレートやキャラメル、ケーキなどをおやつにしていたという方であれば、それをいりこにするだけでもカロリーと糖質を大幅にカットすることができ、ダイエットが成功しやすくなります。

・注意点も

いりこはコレステロールと塩分が多い食品です。

コレステロールは卵より多く、塩分も魚の干物の中でもかなり多くなっています。低カロリー低糖質だからといって食べ過ぎは禁物です。

コレステロールは血流を滞らせる原因になりますし、塩分はむくみの原因になります。

塩分を抜いて食べる工夫や、少量のいりこで満足できるよう水分を一緒にとるなど食べ方にも注意しましょう。

4.いりこの食べ方は?おいしいレシピも

いりこはそのまま食べることもできますが、少し工夫するとおいしく食べることができます。おやつとしてもおすすのいりこレシピをご紹介します。

・いりことピーナッツのカレー炒め

材料

  • いりこ 30g
  • ピーナッツ 30g
  • カレー粉 大さじ1
  • 醤油 小さじ1
  • オリーブオイル 小さじ2

作り方

  1. フライパンにオリーブオイルとカレー粉を入れて、香りを出す(焦げないように弱火で)
  2. いりことピーナッツを入れて手早くまぜ、最後に醤油をかける

カレー粉が香る、いりことピーナッツの炒め物です。カレー粉が焦げないように弱火で炒めるのがポイントです。

おやつとしても食べていただけますし、生野菜と一緒にサラダに入れるのもオススメです。

いりこは間食にするだけでダイエットになるスーパーフード!のまとめ

いりこは、低カロリー低糖質でダイエットにぴったりの食べ物です。塩分とコレステロールはには注意が必要ですが、おやつと置き換えるだけでもカロリーと糖質を大幅にカットしてダイエットにつなげることもできます。いりこは、6割がたんぱく質で構成されているため、筋トレを組み合わせるとより効果的にダイエットすることができます。

スポンサーリンク