夏の味覚!枝豆はダイエットにもぴったり!オススメできる理由とは?


枝豆といえば、ビールのおつまみとしておやつとしてとても人気がある夏野菜です。塩ゆでしただけで食べられる手軽さと、さわやかな味わいで大人から子供まで幅広い年代の方から愛される食材です。そんな枝豆は、ダイエットにも向いているということをご存知ですか?季節を感じられる枝豆をうまく食卓に取り入れて、おいしく綺麗なダイエットを目指しましょう。

スポンサーリンク

1.枝豆は若い大豆?

枝豆は、まだ未熟な大豆です。基本的には枝豆と大豆は収穫の時期が違うだけで、同じ植物です。未熟な状態でおいしく食べられる品種が枝豆で、成熟状態で収穫するのに向いている品種が大豆という違いがあります。

枝豆は、一般家庭では塩ゆでして食べられることが多いのですが、加工食品としても使用されます。東北の名物、ずんだ餅やスナック菓子、スープや煮物としても利用されています。

枝豆の歴史はとても古く、奈良時代にまで遡ることができます。また、健康ブームや日本食ブームの影響で海外でも注目されています。オーガニックフードとしても人気で、アメリカのベースボール観戦のおやつとしても販売されています。

2.枝豆のカロリーと栄養素

枝豆カロリーは、100gあたり135キロカロリーです。1人前140gであれば190キロカロリー程度とかなり低カロリーであることがわかります。

枝豆には、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ビタミンC、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅 、マンガン、セレン 、クロム、モリブデンが含まれています。

栄養素の含有量もとても多く、栄養価がとても高い食材です。

3.枝豆がダイエットに向いている理由

・低カロリーで栄養豊富

枝豆はとても栄養豊富で低カロリーです。カロリーが低くても栄養が含まれていなければ、ダイエットに適しているとは言えないのが、ダイエットの難しいところです。

枝豆には、栄養素が数多く含まれており、そして含有量も多く、栄養の偏りを是正する役割も果たしてくれます。

・大豆サポニン

枝豆には、大豆サポニンという成分が含まれています。大豆サポニンは大豆に含まれていることで知られる成分ですが、摂取した糖質や脂質が身体に蓄積されにくくなる効果があります。

カロリーが低いだけでなく、蓄積を抑制してくれるダイエットの味方なのです。

・大豆イソフラボン

大豆イソフラボンといえば、エストロゲンに似た働きをすることから女性特有の悩みに効果がある言われています。。

エストロゲンには、代謝を上げたり肌艶をよくする働ぎがあり、そのエストロゲンに似た働きをしてくれるのですから、女性にとってはとてもうれしい成分です。

・むくみ解消のミネラル・カリウム

枝豆には、様々なミネラルが含まれていますが、注目したいのがカリウムです。カリウムに、身体の水分と塩分の量を調節する働きがあります。

むくみの原因は、身体に水分がたまることですので、水分量を調節してくれるカリウムはむくみに効果があります。

多くの女性を悩ませる浮腫み…せっかくダイエットをしてもむくんでしまったらいみがありませんよね。むくみを減らしてすっきりするためにもカリウムは欠かせない栄養素なのです。

4.枝豆のオススメの食べ方は?

塩ゆでして食べられることが多い枝豆ですが、塩ゆでばかりでは飽きてしまいます。ちょっとだけお洒落に枝豆を食べられるレシピをご紹介します。

・枝豆入り!豆サラダ

材料

枝豆 30g 大豆 20g 人参10g たけのこ 10g 昆布 適量

出汁 300cc 醤油 小さじ1 塩 小さじ1 みりん小さじ1

作り方

① 大豆は一晩水につけておく(缶入りの場合は不要)

② 枝豆、大豆、たけのこ、人参、昆布を出汁に入れて弱火で10分加熱する

③ 沸騰してきたらみりんと醤油、塩を加える

④ さらに10分煮こんで完成

枝豆と大豆を煮こんだおかずです。常備菜としてもオススメですし、冷蔵庫で冷やして冷たいままでも食べられるので、夏の暑い時でも食べやすくオススメです。

満足感を得やすく腹持ちも良いので、ごはんを減らして糖質を制限するダイエットにも向いています。お好みで、他の豆類をいれても良いですし、物足りなさがあるようなら鶏むね肉やささみなどを追加してもおいしくいただけます。

夏の味覚!枝豆はダイエットにもぴったり!オススメできる理由とは?のまとめ

枝豆は低カロリーで栄養豊富なダイエットにぴったりの食材です。夏に旬を迎える枝豆はリーズナブルな価格で手に入れることができます。また、シーズンオフでも冷凍のものを手に入れることができます。塩ゆではもちろん、おかずとしても食べられるので、常備菜としてもオススメできる食材です。旬の野菜を取り入れることで、季節感を出した華やかな食卓にすることができます。おかずとしてもおやつとしても食べられる枝豆で、健康的なダイエットを目指すことができます。

スポンサーリンク