クレープはダイエット中のスイーツにおすすめ!ブランを混ぜるおすすめレシピ♪


クレープでダイエットができるという訳ではないのですが、ダイエット中、邪魔をしないスイーツとしてクレープがおすすめです。甘いものはついつい食べたくなってしまいがちですよね。リラックスタイムに欠かせないものです。ですがダイエットの邪魔はしたくない…そんなときにおすすめなのが、炭水化物や糖質が低く、具材を自分で用意することのできるクレープです。ダイエットに適していると言われるスイーツはたくさんありますが、今回はクレープに注目してお届けしていきます。

スポンサーリンク

1.クレープはパンケーキの仲間です

デート中の定番スイーツのクレープは、パンケーキの仲間です。

フランスのプリュターニ地方が発祥と言われており、原形はガレットです。

私たちがよく食べるあのクレープは、薄く焼いた生地に、クリームやスイーツ、アイスやサラダなどを巻いて食べます。

手軽に食べられるため軽食としての役割もあり、甘くないサラダやソーセージ、ベーコンなどを包んだクレープもあります。

甘くないものを巻くことがあるので、クレープの生地そのものには甘さがほとんどつけられておらず、生地だけ食べてもあまり味がついていません。

台湾や香港にも独自のクレープがあり、非常にポピュラーな食べ物として認識されています。

2.クレープのカロリーはどのくらい?

クレープのカロリーは、100gあたり約300キロカロリー程度です。

もちろん、使用する具材の種類や量によってカロリーはかなり変わります

クレープには、ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ビタミンC、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデンが含まれています。

栄養素は具材によった変わりますが、栄養価が高いフルーツなどを使用することでバランスを取ることができます。

3.クレープがダイエットに向いている理由と選ぶコツ

・炭水化物は少なめ

クレープの生地はとても薄いので、パンケーキやケーキ、ドーナツなどと比べると炭水化物は少なめです。

炭水化物は、食後の血糖値を上げてインシュリンの分泌を促すため太りやすいと言われていますが、フルーツなどを一緒にたべることで、食物繊維の働きで血糖値の上昇が緩やかになります

・具材によってはビタミンやミネラルが豊富

フルーツやサラダなどがたっぷり入ったクレープは、ビタミンやミネラルも豊富になります。

バナナやかんきつ類、いちごなど定番のフルーツには、それぞれビタミンやミネラルが含まれているので、バランスを取りやすいデザートといえます

・シロップ漬けではないフルーツが含まれているもの

ダイエット中にオススメなのは、フルーツが入ったものかサラダなどが入ったものです。

特に、甘いクレープを選ぶときにはフルーツ入りのものをセレクトしましょう。そして、フルーツは缶詰などのものではなくフレッシュなものが理想的です。

シロップ漬けのフルーツは砂糖が多くカロリーの高めです。

生のバナナやイチゴが入ったものであれば、フルーツそのものの甘さを楽しムことができます。チョコレートと生クリームだけというクレープは避けて食べるのがポイントです。

・腹持ちがよい

クレープの良さは、腹持ちの良さです。例えば、朝食や昼食代わりに食べたとしても充分といえるほどしっかりとボリュームがあります。

間食をする必要がなくなるので、全体的なカロリーの摂取量に注意すれば食べることができます

4.ホットケーキミックスでクレープ!おすすめレシピ

クレープは、ホットケーキミックスで作ることができます。ブランやそば粉を混ぜてダイエットに配慮することもできますよ。

材料

  • ホットケーキミックス 50g
  • ブラン 50g
  • 牛乳 200cc
  • てんさい糖 小さじ3
  • 卵 1個
  • 生クリーム 適量
  • イチゴ 3個

作り方

  1.  ホットケーキミックスとブランに、卵、てんさい糖を加えて混ぜる
  2.  ①の生地をフライパンに薄く延ばして、低温で焼く
  3.  生地を冷ましてから、生クリームとイチゴを乗せて巻く

シンプルなイチゴのクレープです。生地の粉を半分ブランにすることや、砂糖ではなくてんさい糖を買うのがポイントです。

せっかく手作りするのですから、ダイエットに配慮したレシピにしたいですよね。フルーツは、ベリーやかんきつ類などお好きなものを入れてくださいね。

フローズンフルーツなら、砂糖などを足していないものもありますので、こちらもおすすめです。フローズンフルーツを使えばひんやりとしたクレープを食べることもできますよ。

クレープはダイエット中のスイーツにおすすめ!ブランを混ぜるおすすめレシピ♪のまとめ

クレープは、カロリーも糖質も多めですが、腹持ちがよく、フルーツをたっぷり使うことでビタミンやミネラルの補給をすることができるスイーツです。ダイエット中ですから食べ過ぎはよくありません。ですが、具材や生地のアレンジも可能ですので、食べるクレープの種類や時間、頻度に注意すればダイエット中のご褒美として食べていただけます。

スポンサーリンク