週末を利用したダイエットならこれ!集中して痩せたい方は必見です!


週末を利用したダイエットはこちら!!ダイエットの方法はいろいろありますが、週末を利用してガッツリ痩せたいという方におすすめの方法がいくつかあります。自分で頑張りたい人や、人の手助けを得る方法などいろいろあるので、あなたに合った週末ダイエットを選んでくださいね。

スポンサーリンク

週末を利用したダイエットとは?

週末を利用したダイエットとは、お勤めの人など平日はなかなか忙しくて時間が取れないという人におすすめのダイエット法です。短期間で痩せたいという人だけでなく、週末だけ運動などを頑張って痩せたいという人にもおすすめの方法となっています。

週末を利用したダイエットその1・ジョギング

週末にはしっかりと身体を動かして健康的にダイエットをしたいという方におすすめなのが、ダイエットの王道ともいえるジョギングです。

脂肪を燃焼させるために効果的であり、しかも確実な方法がジョギングであり、その人に合ったペースでおこなえるというメリットもあります。

普段からジョギングをおこなっている人であれば思い切って距離を延ばして走ってみるのもいいでしょうし、ジョギング初心者の方なら最初は短い距離から無理のない範囲で走るとよいでしょう。

ウォーキングをしている女性のイラスト

・効果的に脂肪を燃焼させるための一工夫

単純に走っていれば脂肪燃焼がおこるので、ジョギングはダイエットに適した方法であるといえます。ただ、ジョギングをおこなう際によくいわれるのが、20分以上走らないと意味がないということです。

これは、ジョギングを開始してからしばらくは体内の糖分が燃焼してエネルギーとなるからであり、そのため、ジョギングなどの有酸素運動はある程度の時間継続することが必要とされています。

そこで、ジョギングをするために筋トレをすることをおすすめします。筋トレをおこなうと糖分が燃焼されるため、その後に有酸素運動をおこなうとすみやかに脂肪の燃焼がおこることとなります。

また、筋トレには代謝機能を向上させる効果があり、その効果は何と筋トレを終えてから48時間も持続するということです。痩せやすい体質になるためにも、できる範囲で筋トレをおこなうようにしましょう。

あと、ジョギングというと朝の早い時間に走る人も多いですが、効率よく脂肪を燃焼させるためには晩ご飯を食べる前、夕方に走るのも効果的です。

これもやはり糖分が関係しているのですが、1日の中で夕方という時間帯は、日中のエネルギーを使い果たした時間帯にあたります。そのため、夕飯前にジョギングをおこなうと、効率よく脂肪を燃焼させることが可能となるのです。

週末を利用したダイエットその2・登山

最近は「山ガール」などという言葉も出てきたように、登山というとマニアックな趣味ではなく、若い女性でも気軽にチャレンジできる運動として人気が高まっています。

登山は同じ時間だけ歩いたりジョギングをしたりするのに比べると、はるかに効率よくカロリーを消費することが可能となっています。

東京都にはミシュランによって三つ星に認定された高尾山という山があります。標高599mとそれほど高くない山ですが、それでも往復で3時間程度歩くのが目安となっています。

漫然とジョギングをするよりも、季節ごとの高山植物や高い場所から見下ろす下界の風景を眺めながら登山をするのは、何よりもリフレッシュになって楽しいものです。山頂で食べるお弁当は格別ですし、翌日の筋肉痛も心地よいものです。

・登山でダイエットをする際の注意点

登山でダイエットをしようとする際に、最も気をつけたいのは「低くても山は山」だということです。標高が低くても危険な場所はありますし、それなりの装備をしていかないと怪我のリスクも高くなってしまいます。

先ほど紹介した高尾山は、ケーブルカーを利用することで小さい子供から若い女性の方、高齢者までさまざまな年齢層が登山を楽しんでいます。

ところが、そうした気軽さからハイヒールで来るような女性も一部ですが存在しています。あくまでも山は危険な場所になりうるという意識を持って、きちんとした備えをして登るようにしましょう。

週末を利用したダイエットその3・プチ断食

週末だからこそできるダイエット法の一つに、プチ断食という方法があります。本格的に絶食するダイエット法ではなく、金・土・日の3日間を利用して食事を制限することで、手軽にダイエットをすることを目的としています。

プチ断食1日目

プチ断食の1日目は2日目の断食の準備段階に当たります。この日は、朝ごはんと昼ご飯の量を普段の5割程度に抑えます。晩御飯は普段の5割程度の量にして、9時までに食事を終えるようにしましょう。

このようにして徐々に食事の量を減らすことによって、脳が飢餓感を抱かないようにすることが重要です。

プチ断食2日目

プチ断食の2日目は、いよいよ固形物を食べないという期間に入ります。とはいうものの、いきなり絶食してしまうと脳に必要な栄養素が欠けてしまい、集中力の低下を招いたり、ふらふらしたりします。

そのため、2日目の朝には手作りのスムージーやリンゴ・ニンジンジュースなどを飲むことで、最低限必要なエネルギーは摂取するようにしましょう。その後は基本的に水のみで過ごします。この日が一番つらいのですが、ダイエットのために我慢ガマンです。

プチ断食3日目

プチ断食の3日目は身体の回復期に充てます。プチ断食が終わったからといって急に普段と同じだけ食べてしまうと、胃腸がびっくりしてしまいます。

また、断食期間中は普段よりエネルギー量が少なくなっているため、急に普段と同じだけの食事を摂ってしまうと、エネルギーを吸収しようという働きが強くなりすぎてしまい、リバウンドの危険性が高くなります。

3日目の朝にはおかゆなど消化によい食事から始め、おひるごはんは通常の半分量程度に、夕飯も通常の8割程度の量に留めるようにしましょう。

週末を利用したダイエットその4・断食施設を利用する

自分の意志だけでダイエットをするのが難しいという人には、断食施設もおススメです。日本各地には、さまざまなタイプの断食施設があるんですよ。

・断食道場

道場なんて聞くと「いかにも」なんて感じがしますが、実際に携帯電話や本、雑誌などの持ち込みは禁止、部屋の掃除も洗濯も自分たちでおこなうといった、住み込みでおこなう断食道場もあります。

基本的には断食と言ってもプチ断食と同じく、徐々に食事を減らしていってから断食期間を経て、その後に回復期を設けるといったやり方が一般的です。指導者のもとでおこなうため、自己流でやるよりは成功率が高いことでしょう。

・リゾートを兼ねた施設もあります

主に女性を対象とした、断食道場よりももう少しカジュアルな断食施設もあります。温泉やマッサージなども付いていて、リラックスしながら断食をおこなうことが可能です。週末の気分転換を兼ねて利用される方も多いそうですよ。

・病院

一部の病院では断食を有効な治療法としておこなっているところもあります。そのような病院では、一定の期間を設けて断食をおこなっています。

入院期間が短い断食コースもあるようなのですし、なにより医師の指導のもとでおこなうという安心感があります。

せっかくの週末は楽しんでダイエット!

週末を利用したダイエットならこれ!集中して痩せたい方は必見です!のまとめ

週末を利用したダイエットについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。最近は都会を離れた静かな場所で、リフレッシュ感覚でダイエットをする女性も増えているようです。僧坊で瞑想をしながらダイエットなどというのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク