自転車ダイエットは痩せる?その効果やメリットとちょっとしたコツを紹介!


自転車でダイエットって、ロード用の自転車じゃないと無理でしょ?」なんて思っている方、いらっしゃいませんでしょうか。実は、ママチャリでも十分ダイエットが可能なんですよ。今回の記事では、自転車ダイエットのやり方やその効果、メリットやちょっとしたコツを紹介します。

スポンサーリンク

自転車ダイエットってなにをするの?

自転車ダイエットは、特に難しいことをするわけではなく、単に自転車をこぐことによって体重を減らすことを目的としたダイエット法です。自転車に乗れる人であればだれでも可能で、効果的なダイエット法なんですよ。

ただ漫然と自転車をこいでいるだけでもカロリーの消費が可能ですし、ちょっとした工夫をすることで、さらに効率よくダイエット効果をアップすることが可能なんです。

自転車ダイエットの効果

それでは最初に、自転車ダイエットにはどのような効果があるのかについて見ていきましょう。たかが自転車、されど自転車。乗り方によってさまざまな効果が得られるんですよ。

・脂肪燃焼効果

自転車ダイエットの一番の効果が、脂肪燃焼効果です。自転車をこぐことは有酸素運動の一種なので、一定の時間以上自転車をこぎ続けていると、脂肪の燃焼が始まります。

ダイエットの絶対条件は、摂取カロリーよりも消費カロリーを増大させることです。そして、消費カロリーを増大させるのに自転車をこぐという手段が効果的なのです。

・筋力アップ

自転車をこぐことは基本的に有酸素運動なのですが、坂を登ったり負荷をかけたりすることによって、下半身の筋力アップにもつながります。

下半身には全身の70%もの筋肉が集中しているため、自転車をこぐことによって効率よく下半身全体を鍛えることが可能です。

また、筋肉がつくことによって基礎代謝がアップする効果も期待できます。基礎代謝も消費カロリーの一部なので、痩せ体質になることが可能なのです。

・下半身の引き締め効果

自転車ダイエットの美容的効果が下半身の引き締め効果です。自転車をこぐという行為は、下半身の筋肉全体を使っておこなわれるため、効率よく下半身をシェイプアップすることも可能です。

・血行改善

足は第二の心臓などといわれますが、自転車ダイエットは下半身の筋肉全体を使ってこぐことで、脚の筋肉を刺激して、全身の血液の循環をよくする効果もあります。

・お腹の引き締め効果

自転車をこぐときの姿勢によっては、大腰筋という腰の骨と股関節をおなか側で結んでいる筋肉を刺激することも可能です。それによって、おなか周りの引き締め効果も期待できます。

自転車ダイエットのメリット

ダイエットをする方法は色々とありますが、ほかのダイエット法と比べて自転車ダイエットにはどのようなメリットがあるのでしょうか。

・楽チン

自転車ダイエットは、ジョギングやランニングなどと比べると、楽にできるダイエット法だということが可能です。

・ついでにできる

ジョギングやランニングの場合、基本的に走るだけですが、自転車ダイエットの場合は、通勤やお買い物のついでにおこなうことができます。もちろん、ジョギングやランニングでもできなくはないですが、買い物をした荷物を持って走るのはあまり現実的ではないですよね。

・交通費が浮く

通勤の際に自転車ダイエットをおこなえば、交通費を浮かすことも可能です。会社から交通費が出る?実は、自転車通勤をしていても、交通費をもらうことは法律上可能なんですよ。

交通費とは、会社側から「こんなに遠くまで通ってくれてありがとうね」という名目で支給されるものなので、自転車通勤だから交通費は出しません、という類のものではないのです。

・行動半径が広がる

休みの日にサイクリング感覚で自転車ダイエットをおこなうことによって、普段なかなか出かけないところを知ることができたり、いろいろなコースを走ったりすることで楽しみながらダイエットをすることが可能です。

自転車ダイエットのやり方

自転車ダイエットのやり方は、基本的に自転車に乗ってこぐだけです。ただ、自転車をこぐことによる消費カロリーは、実はそれほど高いものではありません。

ウォーキングに比べると1.6倍ほどのカロリー消費を期待できますが、ジョギングやランニングほどはカロリー消費ができません。それでも、自転車ダイエットは長時間おこなうことが可能ですし、運動が苦手な方でも可能なダイエット法です。運動をする時間がないという方も選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

自転車ダイエットの効果をアップするコツ!

自転車ダイエットの消費カロリーはそれほど高くありませんが、実は自転車のこぎ方や姿勢を意識することで、ダイエット効果を高めることが可能なんですよ。

・つま先でこぐ意識

自転車に普段のっているという方に質問ですが、ペダルに足を乗せる場所を意識しているでしょうか。ほとんどの方がなんとなく土踏まずの位置をペダルに乗せているのではないでしょうか。

靴の形状がそのようになっていますし、土踏まずのところでペダルをこぐのが一番楽ですからね。ただ、自転車ダイエットの効率をアップさせるには、つま先でこぐような意識をもつといいですよ。

つま先でこぐ意識を持つことによってよりふくらはぎへの負荷を高めることが可能となります。それによって、下腿の筋力アップが期待できます。

さらに、つま先でこぐ意識をするとふくらはぎを刺激することにより、全身の血行がよくなる効果もえられます。せっかく自転車ダイエットをするのなら、効率よくいきたいものですね。

・サドルの位置を少し高くする

自転車の基本的な乗り方は、止まったときに両足がちゃんと地面に付くのが正しいのですが、自転車ダイエットを効率よくおこなうためには、サドルの位置を少しだけ高くしましょう。

とは言っても、両足のつま先が余裕をもって地面に付く程度にしてくださいね。サドルの位置を少し上げることによって、股関節の可動域が広がります。

股関節の可動域が広がるとお腹にある大腰筋を効率よく刺激することができるため、おなか痩せの効果が得られます。

・上半身を起こす

自転車ダイエットをするときには、上半身をまっすぐ起こして、猫背ぎみにならないようにしましょう。猫背ぎみになると下半身への負荷が減りますし、ダイエット効果も減少してしまいます。

自転車ダイエットをするときの注意点

自転車ダイエットは体力のない女性でもおこなうことが可能で、怪我のリスクも少ないダイエット法です。それでもいくつか注意点があるので紹介しておきます。

・頑張りすぎない

自転車ダイエットは怪我のリスクが少ないダイエット法ですが、普段あまり運動をしない人がいきなり張り切りすぎると、筋肉痛になる可能性があります。最初はほどほどにしてくださいね。

・交通ルールを守る

あたり前のようなことですが、自転車ダイエットをおこなう際には交通ルールを守りましょう。道路交通法上、自転車は軽車両に分類されていますから、基本的に自転車は車道の左側を走るのが原則です。車の通行量の多い場所での走行には十分に気をつけてくださいね。

また、やむを得ず歩道を走る場合には、すぐに停止できるくらいのスピードで走るようにしましょう。仮に歩行者側に落ち度があったとしても、自転車の方が責任を問われるケースが多いです。

景色を楽しみながら気持ちよくダイエットしよう!

自転車ダイエットは痩せる?その効果やメリットとちょっとしたコツを紹介!のまとめ

自転車ダイエットは、川べりや湖のほとりなど、サイクリングロードが用意されているところでおこなうと、気持ちよくてリフレッシュにもなりますよ。日常のストレスを解消し、心地よい疲労で夜もぐっすり眠れるというものですよね。

スポンサーリンク