ココナッツミルクのダイエット効果とは?


カレーなどの料理でおなじみのココナッツミルク…カクテルなどにも使われる食材です。ベトナムやインド料理など暑い国の料理によく使われていますが、最近では、日本のスーパーでも購入することができます。このココナッツミルク…じつは、ダイエットや美容にとても効果がある食材として知られています。海外セレブや有名モデルも愛用しているというココナッツミルクをご紹介します。

スポンサーリンク

1.ココナッツミルクとココナッツジュースは違う

ココナッツミルクは、すりおろしたココナッツと水を煮込んだものを裏漉して、更に、布で絞ったものです。ココナッツジュースは、ココナッツの実の中にある液体のことです。

ココナッツミルクを作るときに、水ではなくココナッツジュースを使うという方法もありますが、一般的なココナッツミルクととココナッツジュースは違うものなので注意が必要です。

2.ココナッツミルクのカロリーと栄養素

ココナッツミルクは、100gあたり150キロカロリーです。缶入りのココナッツミルク1缶が410gですので、1缶で615キロカロリーということになります。

ココナッツミルクには、 ビタミンB1、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンが含まれています。

ダイエットや美容にいいと言われている食材にしては高カロリーですが、ダイエットに向いている理由がしっかりあります。

スポンサーリンク

3.ココナッツミルクがダイエットや美容に向いている理由

・ココナッツミルクの脂肪分

ココナッツミルクは、脂肪分が多く他の植物性ミルクよりカロリーが高めです。一見、ダイエットには向いていないように思えますが、ココナッツミルクの脂肪分は、中鎖脂肪酸のひとつのラウリン酸です。この脂肪はとても速く代謝されるので身体につきにくい脂肪分です。

ダイエット中だからと過剰に油分を減らすと必要な油分を補えず肌がカサカサになってしまうともあります。脂肪分は私たちが生きていくうえで重要な栄養素です。ですが、太る原因になる成分であるのも事実…そのためにも中鎖脂肪酸のように代謝されやすい良質の油分をとることが重要になります。

ココナッツミルクに含まれる脂肪分は脂肪燃焼効果があります。脂肪分に脂肪燃焼効果…というのも不思議な気がしますが、脂肪分だから太る!というわけではなく、ダイエット効果がある脂肪分なのです。

バターなどに含まれる長鎖脂肪酸の10倍もの速度で分解される中鎖脂肪酸は、ダイエットにとても効果的なのです。

・ミネラル豊富

ココナッツミルクにはミネラル分が多く、健康維持にもダイエットにも欠かせない栄養分です。

むくみ解消に効果があるカリウムなどのミネラル分の補給にもココナッツミルクは向いています。

・食物繊維

ココナッツを絞って作られるココナッツミルクはとても食物繊維豊富です。

食物繊維は腸内環境を整えて、便秘や下痢などのトラブルの予防改善に効果があるだけでなく、食後の血糖値の上昇を抑えて太りにくくする効果があります。

・美肌にも

ココナッツミルクは、美肌やアンチエイジングにも効果があります。ココナッツミルクにはビタミンEのひとつトコトリエノールが含まれています。トコトリエノールはスーパービタミンEと言われており、抗酸化作用が非常に強いことで知られています。

抗酸化作用が強いビタミンEは、シミやシワの原因になる活性酸素を除去してくれるので美肌や美容効果、アンチエイジングにも役立ちます。

4.ココナッツミルクのレシピ

東南アジアの料理によく使用されるココナッツミルクですが、家庭でココナッツミルクを使った料理を作るのはハードルが高いですよね。

ダイエット効果や美容効果があるココナッツミルクを手軽にとるレシピをご紹介します。

・ココナッツミルクで作るラテ

材料

ココナッツミルク100cc アーモンドミルク 80cc コーヒー 80cc 蜂蜜 小さじ1

作り方

① コーヒーを濃いめに抽出する

② ココナッツミルクとアーモンドミルク、①のコーヒーをミルクパンに入れて弱火で温める

③ 沸騰しないように注意しながら80度程度まで加熱して、蜂蜜を加える

ココナッツミルクとアーモンドミルクを混ぜて作るラテです。脂肪分が多いココナッツミルクを使用するのでとても濃厚で独特の甘みがあるラテになります。さっぱりといただきたいときは、アーモンドミルクの量を増やして調整してみてください。

もちろん、蜂蜜なしでもおいしくいただけます。

アーモンドミルクについて詳しくはこちら。

アーモンドミルクダイエットで美味しく痩せよう!女性におすすめの理由!

ココナッツミルクのダイエット効果とは?のまとめ

ココナッツミルクは高カロリーですが代謝されやすい脂肪分で構成されているため、ダイエットに向いています。また、抗酸化作用が強いビタミンEや食物繊維を豊富に含んでおり、ダイエットや美容、健康によい食材です。料理に使うことももちろんできますが、牛乳の代用品としてラテやスムージーを作ると手軽に食生活に取り入れることができます。

関連コンテンツ