ダイエットにぴったり!ロースハムの魅力をご紹介!!


ロースハムをご紹介します。サラダやサンドイッチ…炒め物などいろいろな料理に使えるロースハムは、私たちの食生活とは切っても切れない食材です。スーパーやコンビニでも手に入りますし、味も癖がなく食べやすいので幅広い年代の方に愛される食材でもあります。ダイエットとハム…無理に避ける食材ではありませんが、向いているかと言われるとなんとも微妙な印象を受ける方もいらっしゃるのではないでしょうか。たんぱくでそのまま食べることもできますし、料理にも使えるロースハムをダイエットに生かすための情報をお届けします。

スポンサーリンク

1.ロースハムってどんな製法で作られているの?

ロースハムの原料は、豚のロース肉です。

ロース肉に砂糖を振りかけ塩、コショウ、シナモン、ナツメグなどと一緒に刷り込んでいきます。そして、タマネギ、ニンニク、ショウガなどを肉に染みこませて酒やみりんなどをあせた調味液に漬けこみます。

そして、セロファンとタコ糸で肉をしっかりと整形して乾燥と燻製…そして加熱をしていきます。

つまり、ミンチした肉を詰めたソーセージやウインナーとは異なって、ロース肉に味をつけてそのまま燻製したものがロースハムなのです。

加工品ではあるものの、調味料以外のつなぎなどは使われていないのが特徴です。

この加工工程は、ベーコンと酷似しており、バラ肉を使用するとベーコンになります。

▼豚肉の詳しいダイエット効果については以下も参考にしてください。

豚肉でダイエット!?もうお肉を我慢しなくていい!

2.ロースハムのカロリーと栄養素

ロースハムのカロリーは、100gあたり196カロリーです。ロースハム1枚あたりは約20gですから1枚当たりのカロリーは39kcaとなります。

ロースハムは、たんぱく質たっぷりそしてビタミンB1、ビタミンC、リンが豊富に含まれています。

ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK 、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、ビタミンB12、葉酸パントテン酸、ビタミンC、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅が含まれています。

ビタミンやミネラルを豊富に含んでおり、意外なほど栄養豊富なのです。

3.ロースハムをダイエットに!

・ビタミンB

ロースハムには、糖質や脂質の代謝に欠かせない、ビタミンBが含まれています。ビタミンBは野菜や果物に多く含まれているのですが、水溶性で水に溶けやすいため欠乏しやすいビタミンです。

そのまま食べることができるロースハムならビタミンBを効率的に摂取することができます。

・たんぱく質

ロースハムの原料はお肉…豚肉ですからたんぱく質たっぷりです。筋肉を作るたんぱく質は、ダイエット中だからこそしっかりとっておきたい栄養素のひとつです。

筋肉量が増えれば代謝も上がり、痩せやすい身体になるのでたんぱく質はダイエット中の人にとっては積極的にとりたい栄養素といえます。

・糖質が少ない

ロースハムの原料は豚肉です。それもミンチなどではなくそのままの豚肉ですから、つなぎなどが入っておらず糖質は少なめです。

・湯通しするのがオススメ

ロースハムを食べるにあたって注意したいのが、塩分と油分です。ロースハムを食べるとかなり強めに塩味が付いていることがわかるのではないでしょうか。そして、脂質も多め…ボンレスハムの3倍近い脂質を含んでいるものもあります。

ですから、食べる前に湯通しして塩分と脂質を抜くのがオススメです。もしくは減塩タイプのものを選ぶ…という方法もあります。もちろん、糖質制限だけで脂質を制限していないダイエットの場合は、塩分にのみ気をつければ大丈夫です。

ちなみに…生ハムと比べるとたんぱく質、脂質、カロリーは少なめです。

スポンサーリンク

4.簡単!ロースハムを生かすオリジナルレシピ

サラダやサンドイッチなど、定番のロースハムですからたくさんのレシピがあります。でもいつもサラダに入れているだけではもったいない!ロースハムのレシピをご紹介します。

ロースハムのごちそうマリネ

材料

ロースハム 3枚 玉ねぎ 1個 レタス 1枚 酢 大さじ1  レモン汁 小さじ1 オリーブ油 大さじ1 はちみつ 大さじ1 甜菜糖 小さじ2 塩コショウ 小さじ1 ブラックペッパー お好みで

作り方

  1. ロースハムを湯通しして、玉ねぎをスライスする。レタスは食べやすい大きさに手でちぎる
  2. 酢、レモン汁、オリーブ油、はちみつ、甜菜糖、塩コショウをすべて混ぜる
  3. 玉ねぎを手でぎゅっと絞って②のドレッシングを和え、ロースハムとレタスを加える

ロースハムを使ったかんたんマリネです。レモンの香りが爽やかでさっぱりと食べられます。見た目もゴージャスですし、お腹いっぱいになるレシピなので、ダイエット中にオススメです。好みでバジルを散らしてもおいしいですよ。

ダイエットにぴったり!ロースハムの魅力をご紹介!!のまとめ

ロースハムは、ハムの中では低カロリー…そして、たんぱく質やビタミン、ミネラルを含む食材です。脂質と塩分に注意すれば、ダイエット中に食べていただけるハムです。いつでも手に入りますし、調理法もかんたん…そのままたべることもできるという手軽さも魅力のひとつといえるロースハムをダイエット中の食生活に取り入れてみませんか?

関連コンテンツ