パンナコッタをダイエット中のご褒美に!簡単レシピをご紹介!


ダイエット中のご褒美におすすめなのがパンナコッタです。口当たりも滑らかで、大人から子供まで大人気のスイーツですよね。日本ではかなり昔に大ブームを起こしたこともあるパンナコッタですが、今では定番スイーツのひとつにもなっています。そんなパンナコッタは、実はダイエット中のおやつにオススメのスイーツなんです。ダイエット中とはいっても、甘いものが欲しくなってしまうことがあると思います。もちろん、ある程度は我慢することも必要ですが、我慢のしすぎはストレスやリバウンドの原因にもなりかねません。そんなときにオススメできる、パンナコッタのオリジナルレシピをご紹介します。

スポンサーリンク

1.パンナコッタってどんなスイーツ?

パンナコッタは、イタリア発祥のスイーツです。

生クリームや牛乳に甘さを加えてを固めたもので、本格的なパンナコッタはゼラチンではなく蒸してつくられます

現在ではゼラチンを使って固めるタイプのパンナコッタが多く、蒸して作る本格的なレシピより手軽にハンドメイドすることができます。

パンナコッタはそのまま食べられることもありますが、フルーツのソースや生フルーツとの相性が良いため、フルーツが添えられることもあります。

ちなみに、パンナはイタリア語で煮る、コッタは生クリームのことです。本格的なパンナコッタは生クリームがメイン。そうなるとカロリーや糖質が気になります。ですが、パンナコッタをダイエット向きにアレンジすることもできるのです。

2.パンナコッタのカロリーはどのくらい?

パンナコッタのカロリーは、レシピによって変わりますが100gあたり240キロカロリーです。

1人分約80gとすれば、192キロカロリーですから、ダイエット中のデザートは200キロカロリー以下にしている方でも食べていただけます

パンナコッタは、生クリームや牛乳を使うので栄養素も含まれています。

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、ビタミンD、ビタミンK、ビタミンC、葉酸、パントテン酸、ビオチン、カルシウム、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、マンガン、ヨウ素、モリブデンなど…意外なほどたくさんの種類の栄養素を含んでいるのです。

たとえば、後にご紹介する豆乳を使ったパンナコッタにすれば、この栄養素の中に大豆イソフラボンやレシチンが加わることになります。

3.パンナコッタがダイエット中のご褒美に向いている理由

・アレンジできる

パンナコッタは生クリームや牛乳をたっぷり使ったスイーツですから、カロリーは高め…ちょっと敬遠していまいますよね。

ですが、パンナコッタはとても簡単に自分でアレンジしてつくることができるスイーツです

たとえば、牛乳を無脂肪乳にしたり、豆乳をブレンドしてつくることも。

手作りなら甘さにも気を使うことができます。

・糖質は?

パンナコッタの糖質は100gあたり16g、主な糖質の元は砂糖です。

糖質の量だけ見ると多めですが、どら焼きやパウンドケーキよりは糖質量は控え目です。

1人前は約80程度ですが、半分程度の量にするといった工夫をすれば糖質制限中でも食べられるスイーツです。

4.意外と簡単!混ぜて冷やすだけのパンナコッタ

パンナコッタは自作すればダイエット向きにアレンジできるということですから、ここでダイエットに配慮したパンナコッタのレシピをご紹介します。

材料

  • 豆乳 150cc
  • 生クリーム 50cc
  • 絹ごし豆腐 100g
  • てんさい糖 大さじ2
  • 蜂蜜 大さじ2
  • ゼラチン(クイックタイプ)5g

作り方

① 豆腐の水切りをしてから、滑らかになるまでフードプロセッサーにかける

② 豆腐がとろとろになったら、豆乳と生クリームを入れてさらにフードプロセッサーでとろとろにする

③ ②をレンジで90秒加熱して、さらにフードプロセッサーに30秒かける

④ 粗めのザルで越す

⑤ ゼラチンとてんさい糖、蜂蜜を加えてよく混ぜてから、冷蔵庫で冷やし固める

豆腐と豆乳に生クリームを加えるレシピです。ざるで越すのが手間に思えますがこの一手間で滑らかさがかなり変わってきます

エネルギー代謝されやすくお腹にも優しいてんさい糖と蜂蜜で甘さを出し、ダイエットに配慮したレシピになっています。

キウイやオレンジなど酸味が強いフルーツとの相性もばっちりです。少量を添えてビタミン補給しても良いかも知れません。豆腐の食感が気になるという場合は、豆腐を減らして豆乳かミルクを足して調整してみてくださいね。

おしゃれな容器でつくればインスタ映えも間違いなし!のおしゃれスイーツになりますよ。

パンナコッタをダイエット中のご褒美に!簡単レシピをご紹介!のまとめ

パンナコッタは、本格的なものは高カロリーですが、簡単に自宅でアレンジできるのでダイエットに適したオリジナルパンナコッタをつくることができます。 食べる時間や量を間違えなければ、ダイエット中のご褒美スイーツとして、お召し上がりいただけます。ストレスフリーでダイエットを継続させましょう!

スポンサーリンク