ダイエット中のご褒美に!手作り団子がおすすめ! 


手作り団子についてご紹介していきます!ダイエット中は甘いものや糖質、オイリーなものは避けているという方もいらっしゃるかと思います。確かに糖質や甘いものの食べすぎはダイエットの敵…適度にコントロールしたい食べ物ではありますよね。ですが、我慢のしすぎはストレスやリバウンドのもとにもなります。たまにはご褒美を食べて長くダイエットを継続したいですよね。そんなときにオススメできる手作りスイーツのひとつがお団子です。確かに炭水化物なのですが…適度な量をキープすればダイエット中でも食べていただけますよ。

スポンサーリンク

1.団子とお餅はちがう?!

団子とお餅…なんだか似ているような気がしますよね。

ですが、団子とお餅は違う食べ物なのです。団子は粉にしたうるち米を水で練って蒸したり茹でたりしたものを指します。一方のお餅は蒸したもち米をついたもの…確かに似ていますが製法が違うのです。

お餅の方が団子より伸びるのは、ペクチンが含まれているからです。

うるち米の粉は上新粉として販売されていますし、だんごを簡単につくれるだんごの粉もあるのでホームメイドしやすいスイーツといえます。

▼上新粉+お団子の粉を利用して、ダイエットにぴったりなよもぎもちも作れます!

春らしい色合いでインスタ映えも!よもぎもちをダイエット中のおやつに!

・団子のカロリーは?

団子のカロリーは、100gあたり180キロカロリー程度です。これにあんやタレのカロリーが加わることになります。

やっぱりカロリーは高め…ですが、栄養素も含まれています。

ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、葉酸、パントテン酸、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン

などです。ここにあんやきな粉などの栄養素が加わります。

3.ダイエットにオススメできるポイント

・脂肪分が少ない

団子の最大の特徴は脂肪分の少なさです。全体の脂肪は2%程度とかなり低くなっています。

これは、バターなどの油分を使わないことが理由のひとつ…脂肪分の少なさはケーキやクッキーに比べても際だっています。

・洋菓子よりは低カロリー

ダイエット中に食べる食品としては団子もカロリーが低いとはいえません。

ですが、ケーキやクッキーより低カロリーです。もし今まで、おやつにケーキやクッキーを食べていたのなら…団子に変えるだけでカロリーカットできるのです。

・満腹感が続く

団子の原料はうるち米の粉です。つまり糖質は多め…なのですが、その分、満腹感を得やすいのです。そして、すぐにお腹がすくということが少ないお菓子でもあります。

おやつに団子を、食べたとしたら…空腹感を感じにくくなるのでストレスにもなりにくく、そして、その後の食事の量を減らすこともできます。

・緑茶との相性がよい

和菓子ですから、緑茶の相性は抜群…ですよね。

緑茶と合わせることで、美味しいだけでなく緑茶から健康効果やダイエット効果を得ることができます。

・食べ過ぎには注意

脂肪分が少ないからといって食べ過ぎは禁物…適切な量を維持することは忘れないようにしましょう。

また、できれば団子を食べる時間は朝から夕食前までの間がオススメ…寝る前の甘いものは避けた方が懸命です。

スポンサーリンク

・きな粉や御手洗団子がオススメ!

団子には、あんこやきな粉などがかけられています。

なかでもオススメなのがきな粉や御手洗団子です。

きな粉はとてもヘルシーで大豆イソフラボンやレシチン、タンパク質をとることができます。

それにきな粉には食物繊維がたっぷり含まれています。食物繊維には、食後の血糖値の上昇を抑える働きがあります。

糖質が多い団子との相性はバッチリです。

また、御手洗団子はお醤油がベースですから、カロリーは低めになります。

4.とっても簡単!団子のレシピ

材料

団子の粉 100g ぬるま湯 80cc  きな粉 50g 甜菜糖 40g 塩 ひとつまみ

作り方

① 団子の粉をボウルにいれて、ぬるま湯を少しずつ加えて耳たぶくらいの硬さになるように錬る

② 鍋に湯を沸かし(分量外)①の種を小さく丸めて茹でる

③ 団子が浮いてきたら取り出して冷水でぬめりが取れるまで洗う

④ きな粉と甜菜糖、塩を混ぜたものに団子を入れてよく絡める

団子の粉を使えば失敗する事はほぼない!というお手軽レシピです。水の量は団子の粉に書かれている分量を参考にされてください。

ダマにならないように丁寧にしっかりと混ぜあわせるのがコツです。

適度な弾力ときな粉の風味が美味しい手作り団子ですよ。お弁当のすみにいれて食後のプチデザートにもできますし、朝食代わりに食べていただくこともできるのではないでしょうか。

出来れば、上白糖ではなくお腹に優しい甜菜糖やミネラルを含んだキビ砂糖を使うのがオススメです。

ダイエット中のご褒美に!手作り団子がおすすめ!のまとめ

団子は洋菓子よりカロリーが低く低脂肪のスイーツです。自宅で手作り出来ますので、使う砂糖の種類にこだわればよりダイエットに適したスイーツになります。過度なストレスをかけずに持続性のあるダイエットをするためにも、ご褒美は必要…ダイエット中のご褒美に、手作り団子はいかがでしょうか。

関連コンテンツ