寒い冬のダイエットに!つみれ鍋のダイエットアレンジをご紹介!!


つみれ鍋をご紹介します。冬に食べなくなる鍋料理ですが、中でもつみれ鍋は大人から子供まで人気の鍋料理です。柔らかくジューシーなつみれはとても食べやすく、火の通りも早いので時短料理にもなります。水炊きや寄せ鍋などに必ず入っているつみれですが、つみれ鍋はつみれ主役です。つみれに使われる鶏肉は、低カロリー高たんぱくでダイエットにぴったりです。そのうえ、アレンジしやすくつみれそのものに野菜をたっぷり入れることもできます。

スポンサーリンク

1.つみれ鍋のカロリーと栄養素

具材や調理法でカロリーや栄養素は変わりますが、鶏肉を使ったつみれ鍋の1人前のカロリーは400キロカロリーから500キロカロリーです。

つみれ鍋には、

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンE、ナイアシン、ナトリウム、カリウム、パントテン酸

などが含まれます。

野菜の種類や量、調理法で上記にない栄養素が加わることもあります。

2.つみれ鍋がダイエットに向いている理由

・野菜たっぷり

つみれ鍋のメインはつみれですが、白菜や大根、春菊など野菜をたっぷり入れることができます。

冬野菜には、身体を温める効果がありますし、ビタミンやミネラル、食物繊維などダイエットに嬉しい栄養素も豊富です。

・水溶性ビタミンをとりやすい

つみれ鍋は出汁で煮込んでスープも飲む料理です。

代謝に必要なビタミンBや、美肌効果があるビタミンCは水溶性ビタミンです。水に溶けるビタミンをつみれ鍋なら効率的にとることができます。

・満足感を得やすい

つみれや野菜をたっぷり入れたつみれ鍋は、満足感を得やすい料理です。

たっぷりの具材とスープでかなりお腹いっぱいになりますから、空腹を我慢するストレスがありません。

・アレンジの幅が広い

つみれ鍋はアレンジの幅が広く、他の食事で摂れなかった栄養素を補うことができます。

朝や昼はなかなか栄養バランスを考えて作れなくても、夜のつみれ鍋に入れる具材の種類1日のバランスをとることができます。

・身体ポカポカ

温かい鍋を食べると身体が温まって代謝があがあります。代謝があがるとその分、カロリーを消費しますからダイエット効果が期待できます。

また、薬味に一味や柚子こしょうなどを使えば、カプサイシンの脂肪燃焼効果も期待できます。

・低カロリー高たんぱく!そして糖質も低い!

つみれ鍋は、具材やつなぎに気をつければ低カロリー高たんぱくで低糖質な鍋料理になります。

特に、つみれに使われる鶏肉はダイエットにぴったりの食材です。白菜や春菊などの定番の野菜も低カロリー低糖質のものがほとんどです。

3.おすすめの具材

・〆には豆腐がオススメ

鍋物のしめには、うどんやご飯を入れたいですよね。もちろん、少量なら構いませんが、糖質はとりたくないという方にはお豆腐がオススメです。

出汁にお醤油で味を付けて豆腐と玉子を落とすと美味しくて低糖質のしめが完成します。

▼温めた豆腐のダイエット効果についてさらに詳しくは以下をご覧ください。

冬の定番!湯豆腐でダイエット!!

ざるの上にのった豆腐

・つみれに使う鶏肉は胸肉にしましょう

つみれに使う鶏肉は、もも肉ではなく胸肉のミンチにしましょう。

鶏胸肉は低カロリー高たんぱくで食べ応えもあるので、ダイエット中に特にオススメです。

パサパサしやすい鶏胸肉もミンチにすればパサパサ感も気になりません。

・白菜もおすすめ!

ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富な白菜はダイエット中にオススメの野菜です。

加熱すると小さくなってたくさん食べられますから、満足感を出す効果もあります。

・糸こんにゃく

糸こんにゃくは低カロリーで食物繊維たっぷりのダイエット食品です。

つみれから出た美味しい出汁が糸こんにゃくに絡んでとても美味しくなりますよ。たくさん食べてもカロリーが低いので安心です。

4.つみれ鍋におすすめ!モチモチつみれのレシピ

つみれ鍋の主役、つみれですがなかなか上手く作れない!という方のためにモチモチで美味しいつみれのレシピをご紹介します。

・モチモチ鶏つみれ

材料

鶏ミンチ 200g 卵白 1個 山芋 20g 味噌 小さじ1 砂糖 小さじ1 醤油 小さじ1 塩 小さじ1

① 鶏ミンチに味噌と塩を入れて大きめのスプーンでしっかりと練る

② 粘りが出たら卵白とすりおろした山芋を加えて更に練る(この時、照りが出るまでしっかり練るのがコツ)

③ 残りの調味料を加えて完成

味噌が隠し味になったコクがある鶏つみれです。

つなぎに卵白と山芋を使うことでモチモチした食感を楽しむことができます。中に、人参やゴボウ、蓮根などを細かく刻んで入れると風味も食感も更に良くなります。

つみれ鍋はもちろん、スープやそのまま焼いて鶏ハンバーグなどにすることもできます。冷凍保存もできますよ。

寒い冬のダイエットに!つみれ鍋のダイエットアレンジをご紹介!!のまとめ

つみれ鍋は低カロリー高たんぱく、低糖質のダイエットにぴったりの鍋料理です。アレンジの幅も広く、いろんな野菜を入れて楽しむことができます。身体が暖まるつみれ鍋で美味しくダイエットしましょう。

スポンサーリンク