パプリカでダイエット!カラフルで楽しいレシピ!


パプリカをダイエット中の食材に使用するメリットはたくさんあります。サラダや炒めものでお馴染みのパプリカは、彩りがよくその風味が好きという方もいらっしゃるかもしれません。。パプリカは、低カロリーで栄養豊富であり、色によって栄養素が違う少し変わった野菜です。1年中安定して手に入れることができるのも嬉しいポイントですね。今回は、パプリカをご紹介します。

スポンサーリンク

1.パプリカとピーマンは違うの?

黄色や赤、オレンジなどカラフルな野菜としておなじみのパプリカは、形はピーマンにそっくりですが、違いはあるのでしょうか。

結論から言ってしまえば、パプリカもピーマンも同じ植物です。どちらもナス科トウガラシ属に分類されています

明確に違うのは、色そして実の厚みが違います

スーパーで販売されているピーマンは、濃い緑で実は薄めです。これは成熟前に収穫されたものだからなのです。

味にもパプリカのような甘味がなく独特の苦味があります。カラーピーマンと言われるものが成熟したピーマンです。これは、パプリカとはまた別の野菜として販売されています。

パプリカは、黄色やオレンジ、赤などで実にも厚みがあり甘味を感じます。ピーマンより大型で重みがあります。

パプリカとピーマンには、栄養素にも違いがあります。

例えばビタミンCですが、パプリカにはピーマンに比べて約倍のビタミンCが含まれています

▼ピーマンをダイエットに利用するためには以下の記事を参考にしてください。

ピーマンにはダイエット効果が?!美容と栄養素のパワー!

2.パプリカのカロリーと栄養素

パプリカのカロリーは、100gあたり27キロカロリーです。1個あたりの過食部は26gですから、1個あたりのカロリーは7キロカロリーです。

パプリカには、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビタミンC、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンが含まれています。

栄養素はカロリーは、色(成熟度)や大きさで異なります

スポンサーリンク

3.パプリカのダイエット効果や健康効果

・赤パプリカのカプサイシン

赤いパプリカには、カプサイシンが含まれています。

カプサイシンといえば唐辛子の辛み成分ですが、赤パプリカに辛みはありません

カプサイシンには脂肪燃焼効果があります。また、代謝アップ効果もあるのでダイエットにぴったりです。

また抗酸化作用もあるので美肌にも効果がありますよ

・黄色のパプリカ

黄色のパプリカには、ビタミンCがたっぷり含まれています

風邪予防や美肌効果があり、女性に嬉しいビタミンのうちの一つです。

・オレンジ色のパプリカはいいとこどり!

黄色と赤の中間色のオレンジ色のパプリカは、黄色と赤のパプリカのどちらの要素も持っているいいとこどりのパプリカです。

βカロチンやビタミンCも豊富ですし、ビタミンCやビタミンEも含めまれています

風邪予防や美肌などうれしい効果満載なのです。

ダイエット中は食生活が変化して体調を崩しやすいときでもあります。また、栄養が偏れば肌が荒れてしまうことも…そんなダイエットの副作用に悩まされないために、パプリカが活躍してくれます

・低カロリー

パプリカは低カロリーな野菜です。必要な栄養素をしっかり取ってカロリーオフする事ができるのです。

普段の食事にパプリカを使ったメニューを増やして、その分高カロリーの揚げ物や透湿性が多い主食を減らせば、簡単にダイエットできます。

・食物繊維も

パプリカには、食物繊維が含まれています。

食物繊維は、腸内環境を整えて便秘や下痢の改善と予防に効果があります

便秘は下半身太りの原因にもなるダイエットの大敵です。食物繊維をしっかりとって腸内環境を整えることはダイエットの大切な要素です

4.簡単!パプリカレシピ

パプリカは炒めものやサラダなど様々なアレンジができる野菜です

今回は簡単にできて彩りも良いメニューをご紹介します。

・パプリカともやしの和え物

  • パプリカ 1個
  • もやし 50g
  • 中華だし 小さじ1
  • ゴマ油 小さじ1
  • 塩 少々
  • 醤油 少々

作り方

① パプリカを細切りにして、もやしを洗う

② フライパンにゴマ油を強いて、温まったところでもやしとパプリカを炒める

③ 10秒程度炒めたら、中華だし、塩、醤油を加えて混ぜる

④ 手早く混ぜたら火を止めて皿に盛る

もやしのシャシャキ感とパプリカの鮮やかな色を残すために強火でサッと炒めるのがコツです。ご飯はもちろん、お豆腐との相性も良いので糖質制限をしている方にもオススメです。

パプリカは、カラフルに複数の色を使っても良いですし1色だけで作っても色があるので地味になりません

ピーマンを混ぜて緑色を加えるのもオススメです。

パプリカでダイエット!カラフルで楽しいレシピ!のまとめ

パプリカは、色によって栄養素が異なる野菜です。彩り豊かで低カロリー、そして栄養豊富ですから食卓を華やかにしつつカロリーや栄養面でのバランスを取ることができます。積極的に取り入れることで、健康的なダイエットができるオススメの野菜です。

関連コンテンツ