寄せ鍋をダイエットメニューに!オススメの具材は?


寄せ鍋はダイエットメニューとして、とても有能な鍋です。鍋物の中でもアレンジ幅が広く、様々な食材が楽しめますよね。たくさんの種類の具材をいれるので、具材の旨味が凝縮してとても味わい深い鍋になります。今回は寄せ鍋をダイエットメニューとして取り入れるためのコツやオススメの具材をご紹介します。

スポンサーリンク

1.寄せ鍋はアレンジできるのが魅力

寄せ鍋には、基本的に入れてはいけない具材はありません。もちろん、他の具材との相性や調理法への向き不向きは考慮するべきですが、肉、野菜、魚と冷蔵庫の余り物を入れるだけでも美味しくなります

アレンジ幅が広いということは、ダイエットに向いた食材を組み合わせたダイエット寄せ鍋を作ることもできます。

2.寄せ鍋のカロリーは?

一般的な寄せ鍋のカロリーは、1人前で300から400キロカロリーです。もちろん具材やつゆ、調理法でカロリーは変わってきます

寄せ鍋には、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンK、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄分、亜鉛、銅、セレン、クロム、モリブデンなどたくさんの栄養素が含まれています。

3.ダイエット寄せ鍋にオススメの具材

・鶏胸肉

高たんぱく低カロリーの鶏胸肉はダイエットにピッタリの食材です。

パサパサしやすいので、薄く切って入れると食べやすいですよ。

・きのこ類

食物繊維豊富でビタミンを多く含むきのこ類は、寄せ鍋におすすめの具材です。

きのこからは出汁がでますから、いろいろな種類のきのこをいれてみましょう

・海老

海老も寄せ鍋にオススメです。海老は加熱すると色鮮やかで食卓を彩ってくれます

良質のたんぱく質ですから、筋肉をつけたいダイエット中にオススメです。

・白菜

鍋料理の定番、白菜もオススメです。

低カロリー低糖質で甘味があるので、満足感も得やすい野菜です。

・ゴボウ

ゴボウを薄く切って寄せ鍋にいれると風味が良くなりますし、食物繊維をとれるのでダイエットにも効果的です。

・こんにゃく

低カロリーなだけでなく、満足感を得やすいというダイエットにピッタリの食材です。食物繊維も豊富ですから、腸内環境の改善にも効果が期待できます。

板こんにゃくではなく、スープが絡みやすい糸こんにゃくがオススメです。麺の代わりにもなりますよ。

・豆腐

大豆イソフラボンやレシチンが含まれる豆腐は、身体に優しく低カロリーな食材です

舌触りもよく、スープとの相性も良いのでオススメです。

・薬味でポカポカ

鍋料理に欠かせない薬味には、唐辛子やゆずこしょうをオススメします。

唐辛子のカプサイシンには脂肪燃焼効果がありますし、身体をあたためる効果があります。

・シメには豆腐や糸こんにゃくがオススメ!

鍋料理のシメと言えば、雑炊やうどんですよね。とても美味しいシメですから、絶対にダメ!とまではいいませんが、やはり糖質が気になる…そんな方におすすめのシメがあります。

それは、糸こんにゃくと豆腐です

残った出汁に、糸こんにゃくと薄切りの豆腐を加えて、玉子で綴じればとてもおいしいヘルシーなシメが完成します

・スープも飲みましょう

味付けを薄くして是非、スープも飲みましょう。というのも、ビタミンBやビタミンCは水溶性ビタミンです。

つまり、寄せ鍋のスープに栄養素が溶けだしているのです

特にビタミンBは脂肪や糖質のエネルギー代謝に必要なビタミンですから、不足しないように注意したいですよね。

4.ダイエットにピッタリ!生姜スープの寄せ鍋レシピ

材料

  • 鶏胸肉 30g
  • 海老 2匹
  • 豆腐 2切
  • 糸こんにゃく 50g
  • 白菜 1枚
  • ゴボウ 30g
  • しめじ 30g
  • 椎茸 30g
  • 昆布 10センチ
  • すりおろし生姜 大さじ1
  • 醤油 大さじ1
  • みりん 大さじ1
  • 水 500cc
  • 塩 少々

作り方

① 鍋に水と昆布を入れて加熱する

② 沸騰する前に、鶏肉、海老、白菜の芯の部分、ゴボウ、しめじ、椎茸を加える

③ 沸騰したところで醤油とみりんを加えて、火を弱める

④ 残りの具材と生姜を鍋に入れて弱火で15分煮込む

⑤ 塩で味を整える

スープにたっぷり生姜を加えた身体がポカポカ暖まる寄せ鍋です。

生姜は加熱することでショウガオールが作られるので、しっかりと加熱しましょう。甘めのスープになっていますが、生姜に辛みがあるのでスープの甘みでちょうどよくなります。

レシピにある以外でお好みの具材を加えてアレンジできますし、野菜の量を増やしたりお肉を増やしたりと自分のダイエット方法に合わせることができます。

薬味にネギやゆずこしょうを添えるのもオススメですし、ポン酢を少し入れても美味しくいただけます

寄せ鍋をダイエットメニューに!オススメの具材は?のまとめ

寄せ鍋は、アレンジの幅が広く低カロリーで満足感を得やすいダイエットにピッタリの鍋料理です。シメを豆腐や糸こんにゃくにすればかなりヘルシーですし、ビタミンやミネラルをしっかり摂ることができます。冬だけでなく、暑さで身体が弱った夏に摂取することで栄養をしっかり摂取することも可能です。

スポンサーリンク