温州みかんはダイエットにもオススメ!冬の味覚を楽しみながら痩せよう!


温州みかんはダイエットにも最適な日本の冬の果物です。こたつの上にみかんというご家庭も少なくないのではないでしょうか。温州みかんは美味しいだけでなく、ダイエットに適したビタミンやミネラルが含まれたダイエットにぴったりの果物でもあります。食べ方のコツでよりダイエット効果を期待することもできる温州みかんをご紹介します。

スポンサーリンク

1.温州みかんとは?

日本で栽培されるみかんは、温州みかんの他にもポンカンやデコポンなどたくさんの種類があります。

どれも柑橘類と呼ばれるみかんですが、中でも温州みかんは日本の冬の果物の定番です

温州みかんの中にもいろいろな品種があり、極早生温州、早生温州、中生温州、普通温州に大分されます。また、それぞれのカテゴリーごとに様々な種類があります。

ひとことで”温州みかん”といってもとても種類豊富です

和歌山県や静岡県、熊本県、長崎県などでの栽培が盛んで、それぞれの地域に名産の温州みかんがあります。

温州みかんの原種はインドにあったとされており、日本へは中国から伝わってきました。日本でも古くから食べられている果物で、最古の記載は古事記や日本書紀にもあるほどの歴史があります。

2.温州みかんのカロリーと含まれる栄養素

温州みかんのカロリーは、100gあたり45キロカロリーです。温州みかん1個あたりは75gですから、1個あたりのカロリーは34キロカロリーです。

大きさや糖度によってカロリーは異なりますが、おやつとして考えてもカロリーが低い果物といえます。

温州みかんには、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンなどが含まれています。

3.温州みかんをダイエット中におすすめする理由

・果糖はすぐに代謝される!

果糖は太ると聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれません。

ですが、果糖はすぐに代謝されるという特徴がある糖分です。つまり、身体にたまりにくいのです

特に、間食や朝食におすすめできる理由もすぐに代謝されてエネルギーになる果糖の性質があるからです。

夜寝る前にはオススメできませんが、食べた後すぐに動く場合には果糖が多く含まれる温州みかんはオススメです。

・不溶性食物繊維

温州みかんには不溶性食物繊維が含まれています。

不溶性食物繊維は、水に溶けずに腸まで到達し腸内環境を整えてくれる食物繊維です。また、脂肪の吸収を抑制する働きがあるのでダイエットにもオススメです。

・ビタミンAもしっかり

温州みかんのビタミンAは、カルテノイドからできているプロビタミンです。

プロビタミンは、身体の中で必要量だけビタミンAに変わるという性質があるため過剰接種の心配がない優秀なビタミンです

・代謝に必要なビタミンB

温州みかんには、脂肪や糖質の代謝を助けるビタミンBが含まれています

ダイエットの際には、どうしても摂取カロリーや糖質量に気を取られがちです。ですが、摂取するカロリーや糖質を減らすことも大切ですが、いかに代謝アップするかも重要なポイントとなります。

ビタミンB群は水溶性ビタミンですので、洗わずに食べられるという点でも温州みかんは優れています

スポンサーリンク

・ビタミンCを効率的に

温州みかんは、外側の皮だけむいて中の袋はそのまま食べることができます。温州みかんの外側の皮を向いた後に洗うことはありません。

つまり、水に溶けやすい水溶性ビタミンを効率的に摂取することができるのです。

ダイエットによる食生活の変化で肌の調子が悪くなったり免疫力が低下することも考えられます。ビタミンCが不足しないように補うことができる温州みかんは、ダイエットにぴったりの食材です。

・身体があたたまる!

温州みかんには、スペリジンリモネンという成分が含まれています。

スペリジンリモネンには、血行を促進し身体を温める効果があります。身体が温まれば代謝があがりますし、冷え性の改善にも役立ちます。

▼冷え性によってもたらされるダイエットの弊害を解決するためにも、体質改善が重要です!

冷え性対策におすすめ4選!痩せにくい体質とさよなら!

4.温州みかんをあたためる?!

温州みかんはそのまま食べて美味しい果物ですが、温めて食べるのもオススメです。

・焼きみかんの作り方

材料

  • みかん 1個

作り方

① みかんを30秒程度、70度位のお湯でゆでる

② フライパンにみかんを乗せて、弱火で焦げ目がつくまであたためる

そのまま食べるなら剥いてしまう外皮を焼きみかんなら食べることができます。強火で焼くと焦げてしまうので弱火から中火で、こまめにひっくり返しながら中まで温かくなるように加熱するのがポイントです。

温州みかんの外皮には、シネフリンという成分が含まれています。シネフリンは、脂肪を分解する酵素のリパーゼの働きを活発にする効果があるため、外皮をまで食べることでよりダイエットにぴったりのおやつになります

温州みかんはダイエットにもオススメ!冬の味覚を楽しみながら痩せよう!のまとめ

冬の定番の温州みかんは、カロリーも低めでビタミンやミネラルがたっぷり含まれたダイエットにぴったりの果物です。焼きみかんにして皮まで食べることでより、ダイエットに適したおやつになりますので、焼きみかんが特にオススメです。

関連コンテンツ