りんごダイエットの効果って?痩せるだけじゃないりんごのパワーに迫ります!


りんごダイエットというと一昔前か、それ以上前にはやったダイエット法なので、ご存知の方もいらっしゃるかもしれません。ところが、最近になってまたりんごダイエットが見直されているそうなんですよ。今回の記事では、リンゴダイエットのやり方やその効果について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

りんごダイエットには2つのやり方がある

実は、りんごダイエットには2通りのやり方があるんですよ。まずは簡単に2つのりんごダイエットについて紹介したいと思います。

・置き換えダイエットとしてのりんごダイエット

置き換えダイエットとは、1日のうちの1食をダイエット食品に置き換えたり、ご飯やパンといった主食をダイエット食品に置き換えたり、おかずをダイエット食品に置き換えたりすることによって、体重を減らすという目的を達成するダイエット法です。

テレビの人気番組でも、タレントさんが挑戦して1週間で4kg以上も痩せたことから、最近になってまたりんごダイエットが注目されているのです。

・プチ断食としてのりんごダイエット

プチ断食とは、3日間を限度として普段の食事ではなく、特定の食べ物と飲み物ののみで、もしくは飲み物だけで過ごすことによって体重の減少を目指すダイエット法です。

「プチ断食をする特にはこの食材を用いておこなう」と特に決まっている訳ではなく、りんごのほかにもレモネードやトマトスープなど、さまざまなダイエット食品が用いられます。

りんごダイエットで痩せられる理由って?

りんごダイエットのやり方は後ほど紹介するとして、なぜりんごダイエットで痩せられるのか、その理由についてまずは知っておきましょう。

・カリウム

りんごには豊富なビタミンとミネラルが含まれていますが、カリウムのそのうちの一つです。塩分をとる時にカリウムを一緒に摂取すると、むくみが出にくくなるといわれています。

なぜなら、カリウムには余分な塩分(ナトリウム)を排出する働きがあるからです。そのため、普段からむくみやすいという人にとっては、りんごダイエットがおすすめです。

女性の悩みの一つに足の太さが気になるということがありますが、ほとんどの女性は本当に太っている人を除けば足がむくんで「太く見えている」のです。

余分な塩分や水分を排出することによってむくみを解消できれば、美脚効果も期待できるという訳なのです。

・食物繊維

りんごには食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維には2種類あります。それは、不溶性食物繊維と水溶性食物繊維です。違いは名前の通り、水に溶けるか溶けないかといったことです。

りんごに含まれている食物繊維は、不溶性の食物繊維です。そのため、胃の中で水分を吸って膨張することから、満腹感が得やすく食事量を減らすのに向いているとされます。結果としてダイエット効果が得られるということですね。

また、食物繊維といえば便秘に悩む女性には強い味方ですよね。りんごダイエットには便秘を解消して、おなか周りをすっきりとさせる効果も期待できます。

・ポリフェノール

ポリフェノールというと、赤ワインやチョコレートばかりが注目されがちですが、りんごにもポリフェノールが含まれています。ポリフェノールはもともと、植物を紫外線から守るために存在しているとされます。

そのため、ポリフェノールを摂取した人も紫外線から守られることになり、美肌効果が期待できます。また、ポリフェノールはその強い抗酸化作用で知られています。

鉄が酸化すると錆びるように、私たちの身体も酸化することによって老化します。なぜ酸化してしまうかというと、実は酸素が有害物質だからなのです。

酸素は私たちが生きていく上でなくてはならないものなので、それが有害物質などといわれるとビックリしてしまいますよね。でも、皆さんも活性酸素という言葉を聞いたことがあると思います。

私たちが呼吸をしている以上、活性酸素の発生は仕方のないことなのです。そして、活性酸素によって私たちの身体は老化したり、病気になったりするリスクが高まるのです。

ところが、りんごなどに含まれるポリフェノールには抗酸化作用があるため、アンチエイジングの分野などでとても注目されているのです。

りんごを切っておいておくと、そのうちに表面が茶色くなりますよね。あれがポリフェノールの抗酸化作用の発露なのです。表面が酸化するだけで、中はみずみずしいままですよね。

りんごダイエットをおこなうことで、りんごのポリフェノールによる抗酸化作用によって、私たちの体の内部がみずみずしく保たれるということなのです。

りんごダイエットのやり方その1・置き換えダイエット

りんごダイエットには置き換えダイエットとプチ断食の2つの方法があるということでしたが、まずは置き換えダイエットとしてのりんごダイエットについて見ていきましょう。

・朝ごはんをりんごにする

置き換えダイエットとしてのりんごダイエットのもっとも簡単なやり方は、朝ごはんをりんごに置き換えるということです。りんごはあの大きさの割には意外とカロリーが低く、またブドウ糖を含んでいないため、糖分が脂肪に変わることがありません。

しかも、不溶性の食物繊維を多く含んでいるため満腹感を得やすく、腹もちがよいというメリットもあります。

・ご飯の前にりんごを食べる

置き換えダイエットとしてのりんごダイエットをおこなう際には、食事の前にりんごを食べるという方法もあります。食事の前に食べることによって満腹中枢を刺激し、結果として食事の量を減らすことが可能となります。

食事の前にりんごを食べたら、20分間は水のほかに何も口にしないようにしましょう。その後は普通に食事をして構いません。

りんごダイエットのやり方その2・プチ断食

では次に、プチ断食としてのりんごダイエットについて見ていきたいと思います。プチ断食の際には、いくつかの注意点があります。

・3日間だけおこなう

プチ断食としてのりんごダイエットは、3日間に限定しておこなうようにしましょう。なぜなら、いくらりんごの栄養価が高いとはいえ、りんごだけでは栄養が偏ってしまうからです。

また、たんぱく質を摂取しないと体重だけでなく筋肉も落ちてしまうため、基礎代謝が低下してしまいます。基礎代謝が低下してしまうと、長い目で見た場合太りやすい体質になってしまうのです。

プチ断食としてのりんごダイエットをおこなっている3日間は、りんごであればいくつ食べても構いません。また、水分もしっかりととるようにしましょう。

・無理をしない

プチ断食としてのりんごダイエットは3日間という短い期間ではありますが、体調が万全でないときにおこなうと、思わぬ不調を招いてしまうこともあります。

プチ断食をおこなう際には週末を利用するようにして、体調が悪化するようであればただちに中断しましょう。痩せるために身体を壊していては意味がありません。

・運動は控える

プチ断食をおこなっている間は、身体のエネルギーが低下しています。そのため、激しい運動は控えるように心がけましょう。

美味しく食べて健康的に痩せよう!

りんごダイエットの効果って?痩せるだけじゃないりんごのパワーに迫ります!のまとめ

りんごダイエットについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。美味しくて食べやすいりんごは、朝ごはん代わりにすることでダイエットを続けやすくなりますよ。美味しいりんごで健康的に痩せたいものですね。

スポンサーリンク