ダイエット中の方にもオススメ!ゴマ豆腐の栄養価やカロリーは?


ゴマ豆腐をご紹介します。精進料理として有名なゴマ豆腐…最近ではスーパーやお豆腐屋さんでも販売されています。独特の濃厚な舌触りと香りが特徴のゴマ豆腐…なんとなく健康に良さそうなイメージがありますが、どんな健康効果やダイエット効果があるのでしょうか。

スポンサーリンク

1.ゴマ豆腐とは

ゴマ豆腐は、精進料理のひとつです。奈良や和歌山県では郷土料理としても親しまれています。

豆腐という名前ですが、大豆は使われておらず主な原材料はゴマと葛粉です。

皮を取り除いたゴマを長時間擦り鉢で擦りあわせてつくられるゴマ豆腐は、大変な手間と労力がかかります。お寺では、精進料理の調理も修行のひとつとされることもあり、手間のかかるゴマ豆腐は欠かすことのできないものです。

非常に濃厚でねっとりとした芳醇な味わいが特徴で、ワサビや出汁などとあわせて食べられることが多くなっています。

大豆からつくられる豆腐にゴマを加えたゴマ豆腐もありますが、今回ご紹介するゴマ豆腐はゴマから作られたゴマ豆腐です。

2.ゴマ豆腐のカロリーと栄養素は?

ゴマ豆腐は100gあたり81キロカロリーです。脂質が多いのが特徴で、口に入れた瞬間にゴマの油分を感じられます。

ゴマ豆腐には、

ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅

が含まれています。

3.ゴマ豆腐はダイエットに向いている?

・ゴマグリナン

ゴマ豆腐には、胡麻にだけ含まれる栄養分のゴマグリナンが含まれています。

ゴマグリナンは、非常に抗酸化力が強く老化防止や生活習慣病の予防に効果が期待できます。抗酸化力があるので、美肌効果も期待できます。

▼胡麻のさらに詳しいダイエット効果については以下の記事もご覧ください。

ゴマはダイエットに向いていた!ゴマの驚きのパワーとは!?

・すりつぶして加工することで吸収率アップ

ゴマ豆腐は、ゴマを擦りつぶして加工します。こうすることで、なめらかな食感が生まれるだけでなく、栄養分の吸収率が上がります。

・カロリーは低め

濃厚な舌触りがあるゴマ豆腐…油分が多くカロリーが高そうに思えますが、以外と低カロリーです。

主食やおかずをゴマ豆腐に置き換えるだけでもカロリーカットできます。

・むくみ撃退!カリウム

ゴマ豆腐には、ゴマ由来のミネラルが含まれています。

カリウムは身体の水分と塩分量を調節して余分な水分を排出する働きがあります。

身体に水分がたまることが原因で起こるのが浮腫…ですから、カリウムはむくみ改善に効果があります。

・糖質には注意

ゴマ豆腐は大豆から作られる豆腐より、糖質が多い食べ物です。

糖質制限中の方は食べる量に注意しましょう。

・栄養不足を補える

ゴマ豆腐はとても栄養豊富です。

すりつぶして作るので吸収もよく、少量でもダイエットに必要な栄養素や不足しがちな栄養素を補うことができます。

カロリー面でみれば、豆腐よりは高カロリーですが栄養面では非常に優れています。食べる量に注意すれば、栄養不足を補うことができる優秀な食品といえます。

スポンサーリンク

4.自宅で簡単!ゴマ豆腐の作り方

とても手間がかかるゴマ豆腐…調理が修行の一部とされるほどの手間がかかることでも有名ですが、市販の練りゴマ、もしくはフードプロセッサーで練りゴマを作って、葛粉と合わせれば、自宅で簡単に作ることができます。

・ゴマ豆腐の作り方

材料

ゴマ 50g 葛粉 40g 水 350cc 塩 小さじ1

① 練りゴマをボウルに入れてダマがないように練り上げる(ゴマから作る場合には、すり鉢である程度擦ってから、フードプロセッサーに入れて粘りがでるまでしっかりと練る)

② 葛粉を手で砕いて①に入れて良く練る

③ 水を少しずつ加えながらしっかりと練ります

④ 塩を加えて混ぜる

⑤ ④を丁寧に裏ごしする

⑥ 裏ごししたら鍋へ移して、弱火にかけながら練る

⑦ 透明になったらラップに包んで、氷水につけて冷やし固める

練るという工程がほとんどですが、練りゴマを使えば作業時間は15分程です。白ゴマや黒ゴマ、両方とも使う…といったアレンジが楽しめるのも自家製の楽しみです。

生姜やワサビなどを添えてお召し上がりください。ちょっと邪道に思えるかもしれませんが、温めた出汁に入れてネギを散らしても美味しいですよ。

温めると、特に薬味との相性がくなるので、お好きな薬味を添えてみてくださいね。

豆腐を揚げた「生揚げ」をダイエットに利用する方法はこちら。

生揚げは低糖質ダイエットにも◎おすすめレシピでメインのおかずに!

ダイエット中の方にもオススメ!ゴマ豆腐の栄養価やカロリーは?のまとめ

ゴマ豆腐は、カロリーは大豆の豆腐より高めですが栄養価が高く、ダイエットに必要なビタミンやミネラルをたっぷり含んだ優秀な食品です。すりつぶしてつくられるので、吸収率もよく少量でも栄養補給することができます。精進料理として有名で、ゴマから作るのは手間がかかると言われていますが、市販の練りゴマやフードプロセッサーを使えばとても簡単に作ることができます。白ゴマだけで作ればクリーム色のゴマ豆腐も作れますよ。薬味をたっぷり添えたゴマ豆腐は、ダイエットにも美容にもオススメの食材です。ちょっと手間をかけて手作りしてみるのもオススメです。

関連コンテンツ