ヨーグルトでダイエットは可能か?おすすめの方法と簡単レシピを試してみよう!


ヨーグルトでダイエットが出来るのならば健康以外にも嬉しい効果が期待できることとなりますね。スーパーやコンビニエンスストアでいつでも購入できるヨーグルトは、私たちにとって身近な発酵食品です。ヨーグルトには健康的なイメージをお持ちの方も多いかと思います。確かにヨーグルトは特定保健用食品の認定を受けている物もありますし、健康食品であることは間違いありません。ですが、ヨーグルトの嬉しい効果はそれだけではなく、なんとダイエットにもその効果を発揮してくれるというのです。

スポンサーリンク

1.ヨーグルトのカロリーや栄養素は?

甘さを加えていない、プレーンヨーグルトのカロリーは100gあたり61.9キロカロリーです。

砂糖などで甘さを足すとカロリーもあがりますが、ヨーグルトそのもののカロリーは以外なほど低いのです。主に以下の栄養素が多く含まれています。

  • 炭水化物
  • 脂質
  • カルシウム
  • モリブデン

「ヨーグルトを食べすぎたら太る」と耳にしたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、カロリーや栄養素を見ているとヨーグルトが太る食品ではないことが一目瞭然です。

ヨーグルトは、少量でも満腹感を得やすいという特徴もあります。ヨーグルトを食べすぎて太るというのは、ヨーグルトが原因ではなくヨーグルトに加える糖分が原因だと考えられます

▼ギリシャヨーグルトを利用したダイエットもおすすめです。

ギリシャヨーグルトはダイエット中におすすめ!その理由は腸内環境?

2.ヨーグルトといえば善玉菌!

ヨーグルトには、ビフィズス菌をはじめとするたくさんの善玉菌が含まれています

この善玉菌は、種類によって様々な働きをしてくれることは皆さんもご存知かと思います。インフルエンザ予防や体脂肪を訪れる働きがあるとされるヨーグルトも販売されていますよね。

この、善玉菌が腸内で繁殖すると、腸内が酸性の状態になり悪玉菌が繁殖しにくくなります。これが理想的な腸内環境で便秘や下痢などを、予防してくれます。

便秘は下半身のむくみなどにも繋がることがある、ダイエットの大敵です。スポーツなどでカロリーを消費するのも大切ですが、痩せやすい身体を作ることもダイエットの大切な要素です。

そのために一役買ってくれるのが、ヨーグルトということになります。

スポンサーリンク

3.合わせて食べるとオススメな食品は?

・オリゴ糖を取りましょう

ヨーグルトの最大の特徴ともいえるのが整腸作用です。この整腸作用は、さきほどもご紹介したビフィズス菌をはじめとする善玉菌の働きによるものです。

この善玉菌のエサになってくれるのが、オリゴ糖です。

おまけに、オリゴ糖はとても柔らかい甘味で砂糖よりも低カロリーです。身体にもダイエットにも善玉菌にも優しいオリゴ糖とヨーグルトを一緒に取ることで、善玉菌を効率的に増やすことができます

・食物繊維も忘れずに

腸内環境を整えるために必要な栄養素が食物繊維です

ヨーグルトと一緒に食物繊維を多く含む、シリアルやりんご、ブルーベリー、キウイなどを摂取するのがオススメです。また、フルーツにはダイエットにかかせないビタミンやミネラルも豊富に含まれています

▼ブルーベリーのダイエット効果については以下の記事をご覧ください。

ブルーベリーでダイエット!驚きのブルーベリーパワーをご紹介します!

ヨーグルトばかりにならないように、フルーツも適度に食べるように心がけましょう。

4.ヨーグルトダイエットのやり方と簡単レシピ♪

・置き換えがオススメです

ヨーグルトダイエットには様々な方法がありますが、一番シンプルでオススメなのは朝食置き換えダイエットです。

果糖を含むフルーツを同時に摂取したいので、夜より断然朝がオススメです。プレーンヨーグルトが苦手という方でも、これから活動する朝であれば、甘さを足したヨーグルトを食べでもダイエットに支障ありません

朝食の代わりに、オリジナルの飲むヨーグルトなどはいかがでしょうか?

・飲む!レモンヨーグルトの作り方

材料

  • ヨーグルト 80g
  • レモン 4分の1個
  • オリゴ糖(はちみつでも可)大さじ1
  • 牛乳(豆乳もしくは水でも可)200cc

作り方

① レモンを皮ごと細かく刻む

② 材料をすべてミキサーに入れてかくはんする

③ 氷を入れるか冷蔵庫で冷やして完成!

食物繊維豊富なレモンは、絞り汁だけでなく皮ごと使いましょう。そこに、善玉菌のエサとなるオリゴ糖を加えます

このままでも食べるヨーグルトとしておいしくいただけますが、ボリュームを出すために豆乳か牛乳で飲むヨーグルトにするのがオススメです。朝食の置き換えドリンクにぴったりです。

お好みで、お好きなフルーツを入れていただいてもおいしくいただけますよ。ですが、カロリーや糖分、食物繊維を取ることを考えてフルーツはソースやジュースではなく必ず生のフルーツそのものを使うようにしましょう。

ヨーグルトでダイエットは可能か?おすすめの方法と簡単レシピを試してみよう!のまとめ

腸内環境を整えて、便通を改善し、やせやすい身体を手に入れる手伝いをしてくれるのがヨーグルトをはじめとする乳酸菌を含む食品です。なかでも、お値段も食べ方も手軽なヨーグルトはダイエットの強い味方です。これから暑くなって食欲が落ちてしまっても冷たくておいしいヨーグルトなら無理なく食べることがきます。今の食生活の中に、ヨーグルトをプラスして腸内環境からダイエットを考えてみてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ