すきやきをダイエット食に?味付けや具材の工夫で安心食べられるメニューに変身させましょう!


すきやきをダイエット食に取り入れる工夫などをご紹介します。冬になると食べたくなる鍋物のひとつがすきやきという方もいらっしゃるのではないでしょうか。甘い味付けとお肉や豆腐、白ネギに白菜と日本の冬の味覚の代表格ともいえる鍋物です。ですが、こってりした味付けやお肉を使っているからダイエットには向かないと思っている方も多くいらっしゃるかもしれません。たしかに、糖質や脂質の摂りすぎはダイエット中には避けたいところです。それでもたまにはすきやきか食べたい!そんな方の為に、カロリーや栄養素から考えた太りにくいすきやきでダイエット中の食卓を豊にしましょう。

スポンサーリンク

1、すきやきの具材はいろいろ

すきやきの具材と言えば、牛肉や白菜、白ネギ、しらたき、豆腐などが定番です。これに加えて鶏や大根、くずきりやシイタケなどを入れる場合もあります。

2、すきやきのカロリーと栄養素

すきやきはのカロリーは1人前約548kcalです。 100g換算にすると122kcalですから恐ろしいほどカロリーが高いというわけではありません。もちろんこのカロリーは具材や調味料によって変わります。

すきやきには、

ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ビタミンC、ビタミンK、ビタミンD、葉酸、

パントテン酸、ビオチン、カリウム、マグネシウム、マンガン、鉄分、リン、亜鉛、ヨウ素、セレン、モリブデン

など数多くの栄養素が含まれています。

具材がとても豊富なので栄養価はかなり高くなっており、ビタミンやミネラルをバランスよく摂取できます。

スポンサーリンク

3、すきやきがダイエットに向いている理由は具材にあります

・牛肉

すきやきの主役、牛肉にはLカルニチンという脂肪燃焼効果がある成分が豊富に含まれています。また、お肉は良質のたんぱく質ですから、筋肉をつけて代謝を上げるためにも必要な成分です。

▼Lカルニチンだけじゃない!牛肉のダイエット効果についてさらに詳しくはこちら↓

牛肉でダイエットが可能?赤身に含まれるLカルニチンの成分!

▼それでもカロリーが気になる場合は、簡単に手作りできる氷こんにゃくを牛肉の代用品として使用することもできます!

氷こんにゃくをお肉の代わりにして簡単ダイエット

・しらたき

ご存じのとおりしらたきはこんにゃくです。こんにゃくは超低カロリーの上に食物繊維を豊富に含んだダイエットにぴったりの食材です。食物繊維は腸内環境を整えて、ダイエットの大敵便秘を予防、改善してくれます。また、食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果もあります。

▼しらたきのダイエット効果については以下の記事もご覧ください。

しらたきダイエットをするときの注意点!短期間で痩せるにはおすすめです!

・豆腐

ざるの上にのった豆腐

すきやきに必ず入っている豆腐は、低カロリーで栄養豊富な食材です。良質のたんぱく質゛であるほか、大豆イソフラボンは女性ホルモンに似た働きをしてくれます。

・白菜

冬野菜の定番、白菜は低カロリーで栄養豊富なダイエットにぴったりの食材です。白菜に含まれる水溶性ビタミンをすきやきで効率的に摂取しましょう。

・しいたけ

しいたけも低カロリーで栄養価の高い野菜です。カロリーや栄養面だけでなく、料理全体の味がよくなりますし、満足感を得やすい食材でもあります。

・鶏肉

鶏肉をすきやきに入れると鶏すきになります。牛肉とは違った味わいが楽しめるオススメの具材です。鶏肉は、低カロリーで良質のたんぱく質ですからダイエットにはもってこいの食材です。

このように、すきやきの具材をひとつひとつ見ていくとダイエットに向いた食材が多い事が解ります。また、具材の量を調節すれば栄養のバランスやカロリーの調整もできるというアレンジの幅が広い料理でもあります。

4、すきやきのダイエットアレンジ

すきやきの具材はダイエットに向いていることが解りましたが、やはりいつもの甘い味付けでは高カロリーになってしまいます。そこで甘さを変えたダイエットすきやきのレシピをご紹介します。

・すきやきのダイエットレシピ

材料

牛肉 80g 鶏肉 50g しらたき100g  豆腐半丁 白菜 2枚 しいたけ 2個 そのほか春菊やキャベツ、大根など

割下 出汁 100cc 醤油 大さじ1 ていさい糖 大さじ1 みりん 小さじ1 蜂蜜 小さじ1

作り方

① 材料を食べやすい大きさに切る

② 鍋に具材を入れて蓋をして加熱する

③ 別の鍋に出汁を入れて沸騰させてから醤油、てんさい糖、みりん、蜂蜜を加える

④ ②の鍋に水分が出てきたら割り下を加えて蓋をして味が染みるまで煮込む

甘味料にてんさい糖や蜂蜜を使ったレシピです。上白糖より上品な甘さですっきりとした味わいになります。

てんさい糖や蜂蜜は代謝されやすい上に腸内で善玉菌を増やす働きがあるのでダイエットに向いています。

同じ甘さでも成分に気を付ければただ太る成分ではなく、身体に恩恵のある栄誉となります。

豆腐やしらたき、やさいなどの量を増やすことで満足感を出してごはんやうどんは少なめにしておきましょう。くずきりやマロニーは糖質が多めなので入れる時は控えめにするのがポイントです。

お肉は、出来るだけ油分の少ないロース等がおすすめです。どうしてもバラで作りたいときは脂身が少ないところを選ぶのがおすすめです。

すきやきをダイエット食に?味付けや具材の工夫で安心食べられるメニューに変身させましょう!のまとめ

すきやきは一見高カロリーでダイエットに向いていないように思えますが、具材はとてもヘルシーでダイエットに向いたものが多い鍋物です。具材のバランスと味つけに注意すればダイエット中に食べる事ができる料理ですので、ていさい糖や蜂蜜を上手く使っていきましょう。

関連コンテンツ