ゴボウでダイエット!栄養は?注意点は?コツさえ抑えればゴボウもダイエットの味方に!


ゴボウでダイエット!栄養は?注意点は?コツさえ抑えればゴボウもダイエットの味方に!根物野菜の代表格、ゴボウ。一年中販売されていますが、新ゴボウは春が旬です。ゴボウは独特の香りと食物繊維を感じさせる食感でとても人気の野菜です。スーパーで簡単に手に入れることが出来ますし、笹掻きされた物や最近では冷凍野菜としても販売されている身近な存在です。調理法も実に様々で、揚げる・煮る・茹でるとバリエーション豊かです。今回は、ゴボウのダイエット効果やオススメの調理法、ダイエットのためのゴボウ調理の注意ポイントなどご紹介します。

スポンサーリンク

1ゴボウのカロリーは?栄養は?

ゴボウのカロリーは100gあたり65キロカロリーです。こんにゃくなどと比べるとやや高めですが、それでも他の食品と比較しても低カロリーといえます。

ゴボウの栄養成分は、やはり食物繊維です。カリウムやマグネシウムなどのミネラル分も含まれてます。

▼ゴボウ茶を利用したダイエットのおすすめです。

香り豊かなゴボウ茶でダイエット!効果や飲み方をご紹介!

2ゴボウのダイエット効果

ゴボウに含まれる食物繊維はみなさんもご存知のとおり、腸内環境の改善や便秘に効果が期待できます。

しかも、ゴボウ含まれる食物繊維は水溶性食物繊維と非水溶性食物繊維のバランスがとてもよいのが特徴です。オリゴ糖も少しではありますが含まれているので、ダイエットの際に重要なポイントとなる腸内環境の改善と便秘解消の効果が期待できます。

また、イヌリンという水溶性食物繊維には利尿作用があり、ゴボウにカリウムなどのミネラル分も含まれています。つまり、むくみの改善にも効果を期待できるのです。

ダイエットの際に、脂肪を燃焼することは当然のことですが、それに加えて大切なのが便通の改善とむくみ解消です。

いくら脂肪を燃焼しても、むくみがあればスッキリスリムにはなれません。

ゴボウは、そのダイエットのふたつの要素にしっかりと対応できる食品なのです。

スポンサーリンク

3ゴボウでダイエットをすふ場合に注意したいポイント

ダイエット効果を期待してゴボウを食べる時には、注意したいポイントがあります。

・注意ポイント1 濃い味付けになりやすい

ゴボウは香りが強い野菜なので、どうしても濃い味をつけてしまいがちです。

甘辛いきんぴらやゴボウの煮物…美味しいですよね。ですが、ちょっと考えてみてください。味付けが濃いおかずは…どうしてもご飯が進んでしまいませんか?

そして、当然のことですが、味が濃いと塩分量も増えますのでむくみの原因にもなります。

いくらゴボウがダイエットに向いていても、ご飯が進んでしまう上にむくみの原因になってしまっては…これでは意味がありません。

ですので、ゴボウを調理するときには、味は薄めにする事を心がけましょう。どうしても味が物足りない時は、からしやわさび、胡椒などの香辛料や青ジソなどの香りの強い野菜、ゴマなどを使って味が濃くなくても食べられるように工夫が必要です。

・注意ポイント2 揚げ物になっていることが多い

ゴボウは”揚げる”ことがとても多い食品です。

かき揚げや魚の擂り身の天ぷらなど、ゴボウは油と相性がとてもよいのです。最近ではゴボウチップスなども販売されています。

サラダ油や白絞油で揚げたゴボウは当然、高カロリーです。

ダイエット中でも、量や時間に気をつければ少しくらいは揚げ物を食べても問題はありません。ですが、ゴボウはパリパリとした食感が癖になってつい食べ過ぎてしまうことが多いのです。

ゴボウを油照り調理するときには、身体につきにくい油を使ったり少量の油をスプレーしてオーブンで加熱したりしてオイルカットを心がけましょう。

・注意ポイント3

ゴボウに豊富に含まれる食物繊維ですが、過剰摂取はよくありません。適量なら便秘などに効果が期待できますが、過剰摂取すると便が堅くなってしまうことがあります。

何事もやりすぎはよくありません。

4オススメ!ゴボウの食べ方やオリジナルレシピ

・ゴボウの佃煮

材料

ゴボウ1本 お醤油大さじ2 塩 小さじ1 みりん 大さじ2 ハチミツ大さじ1 一味唐辛子 ゴマ 適量

作り方

① ゴボウを1センチ位の棒状に切って、キッチンペーパーなどで水気をしっかり取ってオーブンで5分焼く

② お醤油・塩・みりん・ハチミツを鍋に入れて軽く煮詰める

③ ①のゴボウを②に入れて絡める

④ お好みで一味唐辛子やゴマをかける

お弁当にもオススメのゴボウの佃煮です。ハチミツを使うことでテリが出て見た目も綺麗に仕上がります。

使用するお醤油はなんでも構いませんが、塩分の多いうすくちより濃い口のお醤油がオススメです。

味が物足りない時はゴマの量を増やしてみると、意外と薄味が気にならなくなるので試してみてください。

ゴマや一味唐辛子以外ですと、和からしや山椒なども相性のいい香辛料です。

ゴボウでダイエット!栄養は?注意点は?コツさえ抑えればゴボウもダイエットの味方に!のまとめ

ゴボウのダイエット効果や注意ポイントを、ご紹介してきましたがいかがでしたか?春が旬の新ゴボウはとても柔らかく香りも豊かです。ダイエット中でも季節を感じる食事をしながら、美味しく健康的にダイエットしましょう。

関連コンテンツ