ピーナッツはダイエット中のおやつにもおすすめ!糖質少!


ピーナッツはダイエット中の間食としてとても適した食品です。殻付きの物から殻がないものまで販売されていますよね。スーパーやコンビニエンスストアでいつでも購入できますし、独特の甘味と風味があるので「食べ出したら止まらなくなる」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。ピーナッツは、カロリーが高いのでダイエットには向いていないように思ってしまいがちです。ですが、ピーナッツは糖質が少なく栄養豊富で腹持ちもよいという特徴があります。上手く利用すればダイエットの味方になってくれるのです!

スポンサーリンク

1.ピーナッツとは?加工方法もいろいろ

ピーナッツは、マメ亜科の植物です。私たちが食べているピーナッツは実(豆)にあたる部分でピーナッツの殻は子房壁です

国産のピーナッツといえば、千葉県が有名ですよね。ピーナッツの原産は南アメリカで紀元前2500年ごろから食べられてたと考えられています。

日本に持ち込まれたのは1706年で、南京豆と呼ばれていました

ピーナッツはバターやパーム油で炒めたり、塩茹でされたり、油であげたりと加工方法もさまざまです。ピーナッツバターやチョコレートにもされますし、味噌とピーナッツを合わせた郷土料理もあります。

ダイエットにピーナッツを食べるときは加工方法にも注意したいところです。

▼くるみには美容効果もあるので、ぜひダイエットにも利用してみて下さい!

くるみダイエットの効果がスゴイ!カロリーはもう古い!?

2.ピーナッツのカロリーと栄養素は?

ピーナッツのカロリーは、100gあたり562キロカロリーです。

ピーナッツ10粒が約5gですから、10粒で28キロカロリーです

ピーナッツはとても栄養豊富で、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ナイアシン、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ナトリウム、カリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、マンガン、セレン、モリブデン、クロムなどが含まれています。

中でも、モリブデンとビオチンの含量料が多いのが特徴です。また、食物繊維も含まれています

3.ピーナッツのダイエット効果

・ビタミンBがたっぷり

ピーナッツに含まれるビタミンBには、糖質や脂質をエネルギー代謝する効果があります

・亜鉛の効果

ピーナッツには亜鉛が含まれています。亜鉛は、代謝アップ効果があります

代謝が上がることで、エネルギー消費量が増えて痩せやすい身体を手に入れることができます。

・食物繊維も

ピーナッツに食物繊維のイメージはあまりないかもしれませんが、ピーナッツにはゴボウよりもたくさんの食物繊維が含まれています。

食物繊維は、腸内環境を整え便秘の予防と改善に役立つだけでなく、腹持ちを良くする効果もあります。

・糖質が少ない

ピーナッツはお世辞にもカロリーが低いとはいえません。ですが、糖質はとても少なく100gあたりの糖質量は4gです

また、血糖値も上がりにくいので、ダイエット向きの食品なのです

100gあたりのカロリーを見るとぞっとしてしまいますが、ピーナッツを100g一度に食べるのはまず難しいです。

・ピーナッツダイエットの方法は?

ピーナッツダイエットは、ピーナッツを1日20粒から25粒食べるというとてもシンプルな方法です。

ピーナッツは、糖質が少なく腹持ちがいいのでおやつにもおすすめです。

食事の前にピーナッツを食べれば、食事量を減らすこともできますので、おすすめです。

スポンサーリンク

4.おすすめ!ピーナッツレシピ

そのまま食べられるピーナッツですが、毎日食べていると飽きてしまいますよね。

そんなときにおすすめのレシピをご紹介します。

・香ばさが癖になる!ピーナッツ粥

材料

  • ピーナッツ 15粒から20粒
  • お米 1合
  • 水 500c
  • 中華だしの素
  • 小さじ1
  • 塩 少々

作り方

① 米を洗って水に15分浸けておく

② 米の水を良く切ってから、炊飯器に米、水、中華だしの素を加える

③ 炊飯器のスイッチを押す(お粥モードがある場合はお粥モードで炊きましょう)

④ 出来上がったら、ピーナッツを加えてすぐに蓋をして15分から20分待つ

⑤ 最後に塩で味を整える

ピーナッツをそのまま入れたお粥です。ピーナッツが柔らかくなって香ばしく、とても美味しいお粥ですよ。

ピーナッツはお好みで砕いても構いません。水の量も多めですから、必然的にお米の量が減って糖質やカロリーの制限ができます。

かなり満腹感があるお粥なので、一膳で満足できますよ。

たんぱく質が豊富な鶏胸肉やささみを使ったおかずと組み合わせると栄養のバランスもバッチリです。

ピーナッツは、脂を使って加工していないものを選ぶようにしましょう

▼女性らしく健康的なダイエットに!マカダミアナッツもおすすめです。

マカダミアナッツでダイエット!高カロリーでも摂取のススメ!

ピーナツはダイエット中のおやつにもおすすめ!糖質少!のまとめ

ピーナッツは、高カロリーですが糖質が少なく栄養豊富なのでダイエットに向いている食品です。加工の際に、バターやパーム油が使われている事があるので、加工方法には充分注意しましょう。最近ではコンビニでも手には入るとても身近な食材ですし、お値段もナッツ類の中ではかなりリーズナブルです。一年中、安定した価格で購入できますから長く続けることができます。ダイエットにピーナッツを取り入れてみてください。

関連コンテンツ