菜の花でダイエット!豊富な栄養素と美肌効果!


菜の花はダイエットにどのような効果をもたらすのかご存知でしょうか。早い地域では年明けからスーパーの店頭に並んでいる菜の花…春の訪れを感じる野菜の一つですね。なかなか手が出ないという方もいらっしゃるかもしれませんが、菜の花はキャベツなどと近い植物なのです。癖も少なく何より季節を感じられるのでダイエット中の食卓にもおススメですよ。

スポンサーリンク

1.菜の花は立派な野菜

住んでいる地域によっては河川敷や公園にたくさん咲いている菜の花…野菜というより花というイメージが強いかもしれません。ですが、菜の花はキャベツやカブ、ブロッコリーなども菜の花と同じアブラナ科に属しています

葉の形などをよく見てみると似ているのがお分かりいただけるかと思います。

もちろん、河川敷や公園の菜の花を取って食べるのはオススメしません。管理者の許可が必要ですし、衛生上の問題もあります。地域によって差がありますが、早いところでは年末や年明けごろからスーパーや青果店、道の駅などで葉の花が販売されています。

価格も手ごろですし、完全に開く前の花ではありますがところどころ黄色い花が見えるので彩もよく季節を感じることができます。きれいに盛り付ければ、インスタ映え間違いなしのおかずにもなります。

菜の花は、緑黄色野菜に分類されておりとても栄養豊富です。切り花としても販売されていますが、食用のものと種類が同じものもあります。

食用油の原料にもなる菜の花は、観賞用だけでなく意外なほど私たちの食生活に欠かせないものです。

▼菜の花に近いとされる小松菜のダイエット効果も以下でご紹介しています。

小松菜のダイエット&健康効果!冷凍保存可能なレシピも♪

2.菜の花のカロリーと栄養素

菜の花のカロリーは、100gあたり33キロカロリーです。市販菜の花の1束あたりが200g前後ですから1束食べてしまっても66キロカロリーとかなり低カロリーであることがわかります

菜の花には、ビタミンA、ビタミンE 、ビタミンK 、ビタミンB1、ビタミンB2、ナイアシン、ビタミンB6、葉酸、パントテン酸、ビオチン、ビタミンC、ナトリウム、カリウム 、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、モリブデンなど多様な栄養素が含まれています。

3.菜の花がダイエットに向いている理由

・ビタミンB

菜の花には、脂肪や糖質のエネルギー代謝に欠かせないビタミンBか含まれています

ダイエットの際にはカロリーや糖質を制限することを考えてしまいます。もちろん、過剰なカロリー摂取や糖質はよくありません。ですが、生きていくうえで必要な要素でもありますし、カロリー制限や糖質制限をやりすぎると健康上の問題がおこっていまいます。

また、筋肉量が減ってしまって基礎代謝が下がってしまう…そんな危険もあります。

そうならないためには、適度な栄養摂取とカロリー、糖質、たんぱく質が必要なのです。食べたものをしっかりエネルギー代謝できれば理想的なダイエットとなります

そのために必要なのが、ビタミンBなのです水溶性ビタミンなので損なわれやすく調理法に工夫が必要ですが、ビタミンB豊富な菜の花はダイエットに向いているといえます。

スポンサーリンク

・食物繊維

菜の花には、食物繊維が含まれています。食物繊維は、腸内環境を整えるだけでなく、食後の血糖値の上昇を緩やかにする効果があります

糖質や糖類と一緒に摂取することで、太りにくい食べ方ができるのです。

・低カロリー

菜の花はとっても低カロリー…200g食べても66キロカロリーですから、たくさん食べてもカロリー摂取を抑えることができます

また、ゴマなど栄養豊富な薬味との相性も良くヘルシーなだけでなく、栄養バランスを取りやすい優秀な野菜でもあります。

・美肌効果も期待できます

菜の花には、ビタミンCやビタミンAなど美肌効果を期待できる栄養素が多く含まれています

ダイエット中でも、肌の美しさはキープしたいものですよね。

4.菜の花の胡麻和えレシピ

お弁当のおかずにもおすすめの菜の花の胡麻和えをご紹介します。きれいな緑色が季節感を演出してくれます。

・レンジで簡単 菜の花の胡麻和え

材料

  • 菜の花 100g
  • 醤油 小さじ2
  • 胡麻 小さじ2
  • はちみつ 小さじ1

作り方

① 菜の花を洗って食べやすい大きさに切る

② しっかりと水気とった菜の花をシリコンスチーマーに入れてレンジで3分加熱する

③ 醤油とはちみつを混ぜておく

④ 加熱後の菜の花を手でしぽって水分を出す(水で洗わずにキッチンペーパーなどで水粉をとってください)

⑤ 胡麻と菜の花をまぜあわせてから③のたれを加える

レンジで簡単に作れる菜の花の胡麻和えです。

お湯でゆでるよりレンジで加熱するほうが水溶性ビタミンが損なわれにくくなります

菜の花でダイエット!豊富な栄養素と美肌効果!のまとめ

春を感じる菜の花は、見た目が美しいだけでなく低カロリーで栄養豊富な野菜です。価格も比較的リーズナブルですし、味に癖が少ないので気軽に食卓に並べることができます。季節感を取り入れて食卓を華やかにできる上に、低カロリー栄養もしっかりとれる菜の花をダイエット中の食卓に取り入れて見られてはいかがでしょうか。

関連コンテンツ