キャベツでダイエット!栄養価やオススメの食べ方は?


春に旬を迎える野菜のひとつがキャベツです。春キャベツは柔らかくて甘味も強いので、この時期のキャベツを楽しみにしていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。若草色のきれいな葉は彩りとしても素晴らしく、食卓を華やかにしてくれます。そんな魅力たっぷりのキャベツにフォーカスして、今回は旬の春キャベツを使ったレシピや、キャベツの嬉しいダイエット効果等をご紹介します。

スポンサーリンク

1キャベツの栄養価は?

・キャベツは低カロリーで栄養満点

キャベツのカロリーは100gあたりわずか23キロカロリーと超低カロリーです。

では栄養価はどうなのでしょう?

キャベツには、ビタミンCとビタミンK、そしてキャベジン(ビタミンU)やジタスターゼ、葉酸、カリウムなどが多く含まれています。

ビタミンCは肌荒れや風邪予防、止血のビタミンと呼ばれビタミンK、キャベジンは抗腫瘍作用、でんぷん分解酵素のジタスターゼは胃の不快感や胃酸過多などに効果があります。

中でも、ビタミンCは100gあたり41mg とかなり多めの含有量になっています。ビタミンCといえば、風邪予防などのイメージが強くありますが実は”若返りホルモン”とも呼ばれている副腎から分泌されるホルモンを活性化させてくれる働きがあります

代謝がよくなるということは…ダイエットにも効果があるということになります。

▼ダイエット効果の高い酢と併せた酢キャベツのダイエットパワーについては以下の記事もご覧ください。

酢キャベツダイエットでキレイに痩せよう!医師も推奨するダイエット法とは!?

・春キャベツと冬キャベツの違いは?

春キャベツと冬キャベツの違いは、ズバリ品種です。とはいうものの、キャベツはキャベツ。基本的な栄養素は変わりません。

ですが、春キャベツのほうが栄養価は高めになります。カロテンは約3倍、ビタミンCも1.3倍春キャベツのほうが多く含まれています。

2身体に優しいキャベツ

先ほども、チラッとご紹介しましたがキャベツはとっても胃に優しい野菜です。

胃薬の商品名にも使われているキャベジンには

・粘膜の再生

・胃酸過多の予防

・抗腫瘍作用

・動脈硬化予防

・脂肪肝の予防

・血栓の予防

など嬉しい健康効果がたくさんあります。

特に胃酸過多や胃もたれの改善効果は絶大で、”天然の胃薬”と呼ばれるほどです。

また、でんぷん分解酵素のジアスターゼ(アミラーゼ)は大根に含まれているイメージが強いかもしれませんが、実はキャベツの方が含有量が多いのです。

ジアスターゼは胃腸薬に配合されていることも多く、消化不良や胃酸過多に効果があり、胃もたれや胸やけを解消してくれる頼もしい酵素です。

キャベジンとジアスターゼのふたつの胃腸に優しい成分が含まれている、素晴らしい野菜なのです。

3キャベツでダイエット

超低カロリーで健康効果もたくさん…ということは、ダイエット効果も期待できます。

もっともよく知られているキャベツダイエットは食事の前にキャベツを食べるという方法です。

低カロリーで栄養豊富なキャベツを食前に食べることで、食事の量を減らしても満足感を得られるようにするというシンプルな考え方です。

食前にキャベツを食べるという方法以外にも、スープなどに加えてカロリーカットすることも出来ますし、他のダイエットに向いた食品と組み合わせてダイエットメニューを作ることも出来ます。

スポンサーリンク

4オススメ!キャベツの食べ方とレシピ

①キャベツたっぷりのハンバーガー

ダイエット中にハンバーガーなんて…でも食べたくなってしまうことだってあります。

ダイエットは長く続けることで効果が得られる物ですから、我慢もまたダイエットの大敵です。

ハンバーガーも、キャベツをたっぷり使ったヘルシーなものにする事でダイエットの妨げならないようにすることができます。

具材は、Lカルニチンを多く含んだ牛肉や茹でた海老、揚げないフライなどがよいでしょう。

ソースもこってりした物はさけて、ノンオイルのドレッシングなどを使うと良いかもしれません。キャベツをたっぷりサンドしてボリュームを出しましょう。

②野菜炒めのお弁当

ダイエットのために、お弁当を準備しているという方にはキャベツを使った野菜炒めのお弁当もオススメです。

他の野菜もたっぷりとれますので、栄養バランスもバッチリな華やかなお弁当ができます。

・キャベツを調理する時の注意

キャベツを千切りにして水にさらす…切ってから洗う…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

冷水にさらしたキャベツはシャキッとしてとても美味しいのですが、これはあまりオススメできません。というのも、キャベツに多く含まれるビタミンCは水溶性です。つまり、水にさらすとせっかくのビタミンCが水に溶けてしまいます。キャベツは、切る前に水洗いをして水にさらさずに食べるようにしましょう。

シャキッとして食感が欲しいときは、50度洗いを切る前にためしてみてください。

▼紫キャベツもダイエットにおすすめ!詳しい内容はこちら。

紫キャベツのダイエット効果!生のままたくさん食べられるレシピ

キャベツでダイエット!栄養価やオススメの食べ方は?のまとめ

今回は、栄養満点でダイエットにもそして身体にも優しいキャベツの魅力をご紹介しました。キャベツを上手く食生活に取り入れて、健康的に美しくダイエットしましょう。

関連コンテンツ