寒い冬にオススメ!キムチ鍋で美味しく綺麗にダイエット!


キムチ鍋をご紹介します。冬は鍋物が恋しい季節ですよね。中でも人気があるのがキムチ鍋です。辛い物がお好きな方はもちろん、辛い物があまり得意ではない方でも食べられるマイルドな味わいのキムチ鍋スープも販売されています。味が濃いのでダイエットにはどうかな~と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、キムチ鍋はダイエットや美容にオススメの鍋料理です。具材のバランスを工夫して、ダイエット向きのキムチ鍋を作ることもできます。

スポンサーリンク

1.キムチ鍋のカロリーや栄養素は?

一般的なキムチ鍋の具材である、キムチや豆腐、豚肉などを使った場合のカロリーは1人前あたり500から600キロカロリーです。

含まれる栄養素は、

ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミン6、ビタミンB12、ビタミンC、葉酸、パントテン酸、

ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガン、ヨウ素、セレン、クロム、モリブデン

たくさんの具材を使うので栄養素の種類も豊富です。

当然ですが、具材や調味料などでカロリーと栄養素は変化します。具材のバランスでアレンジすることができるのも鍋料理の魅力です。

2.オススメの具材

ダイエット中のキムチ鍋にオススメの具材があります。カロリーだけでなく、どんな栄養素が含まれているかがひとつのポイントです。

・白菜

キムチ鍋の主役と言ってもいい白菜には、食物繊維やビタミン、ミネラルが含まれています。

食べ応えがあるので、満腹感を得るために増量するのもオススメです。

・豚肉はロースに!

キムチ鍋には豚バラが使われることが多いのですが、脂質が多いのでダイエットはロースにしましょう。

お肉感もかなりありますし、薄切りの物を使えば口当たりもやわらかくなります。

豚肉にはビタミンB群や食物繊維が含まれているので、お肉=ダイエット中はだめ!と考える必要はありません。

・こんにゃく

キムチ鍋の具材として主流とは言えないこんにゃくですが、スープとの相性は抜群です。

マロニーや葛きりは糖質が多いので、代わりの具材として糸こんにゃくをおすすめします。

・ゴマ油

ダイエットなのに油?と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、ゴマ油は太りにくく痩せる要素がある油です。

良質のゴマ油は栄養価も優れていますので、大量に使用しなければ問題ありません。

・豆腐

キムチ鍋の必須アイテムと言っても良い豆腐もオススメです。

低糖質低カロリーで、大豆イソフラボンやレシチンなど身体に優しい成分をしっかりと含んでいます。

絹と木綿、両方を入れて触感の変化を楽しむのもオススメです。

・鶏つくね

出汁が出る鶏つくねもオススメです。市販されている物の中にはつなぎが多くダイエット向いていないものもあります。

鶏ミンチを購入して、野菜や玉子を使って自分で作ればカロリーも糖質もコストも抑えられます。

スポンサーリンク

3.キムチ鍋のダイエット効果とは?

・カプサイシンの効果

キムチ鍋にはカプサイシンが含まれています。カプサイシンは、唐辛子の辛み成分ですが、脂肪燃焼効果があります。また、身体を温めて発汗する作用もあるので、代謝アップにもつながります。

・とにかく野菜をたっぷり

葉物野菜を加熱して食べるので、野菜をたっぷり食べられられるのもキムチ鍋の魅力です。

ビタミンBやミネラル、食物繊維を摂ることで栄養バランスを整えて綺麗にやせることができます。

・水溶性ビタミンも効率的に

ビタミンBやビタミンCは水溶性ビタミンです。

スープを飲むキムチ鍋なら、水溶性ビタミンも効率的に摂取できます。

4.オススメ!キムチ鍋のレシピ

ここで、辛さを控えたオススメキムチ鍋レシピをご紹介します。

材料

具材…キムチ 50g 白菜 1枚 白ネギ 30g 豚ロース 30g 鶏つくね 2個 糸こんにゃく 30g その他お好きな野菜

調味料…出汁 400cc  醤油 大さじ1 みりん 生姜 大さじ1 大さじ1 ゴマ油 小さじ2 一味唐辛子 適量

① キムチと生姜をごま油で炒めから、出汁、みりん、一味唐辛子をくわえる

② 全ての具材を①の鍋に入れて煮込む

③ 醤油を加えて、最後にもう一度一味唐辛子とごま油をくわえる

市販のスープを使わないキムチ鍋のレシピです。辛さはお好みで調節してくださいね。

生姜をくわえることで風味よく、身体があたたまるキムチ鍋になります。

ごはんやうどんを入れるときには、量に注意しましょう。卵とも相性がよいので、しめの雑炊に卵を入れてごはんを減らすのもオススメです。

▼うどんを入れる際に気を付けたいポイントなどは以下の記事を参考にしてください。

うどんは太る?ちょっとした工夫でダイエット食に大変身!

また、キャベツや大根、きのこ類もオススメですし、チーズを少し入れても美味しいですよ。

▼野菜をたくさん食べることができる「ちゃんこ鍋」もぜひダイエット中の食事に取り入れてください!

みそちゃんこ鍋のダイエット効果を最大限に生かすレシピと食べ方!

寒い冬にオススメ!キムチ鍋で美味しく綺麗にダイエット!のまとめ

キムチ鍋は野菜やお肉、そして唐辛子のカプサイシンを摂ることができるダイエットにピッタリの鍋料理です。辛いのがお好きなら唐辛子を増量してダイエット効果があるカプサイシンを取ることもできます。一人分でも美味しく作れるので是非、美味しいキムチ鍋で身体をあたためて冬のダイエットに生かしてみてください。

関連コンテンツ