ナッツダイエットの効果がスゴイ!ミラクル食品ナッツのパワーに迫ります!


ナッツといえば、脂肪分が多くてカロリーも高いことから、ダイエットをしたい人は敬遠する向きもあると思います。でも、実はナッツにはとても高いダイエット効果があるんですよ。今回は、ナッツの驚きのダイエット効果に迫ります。

スポンサーリンク

ナッツってなんですか?

ナッツを見たことも食べたこともないという方はあまりいらっしゃらないと思いますが、ただ「ナッツとはなんですか?」と正面切って聞かれるとちょっと返答に窮しますよね。

ナッツは簡単に言うと、食べることのできる木の実ということです。果物の種以外の「種子」や木の実のことをナッツと呼んでいるそうです。

ナッツの歴史

現代ではお酒のおつまみやおやつなどとして身近に食べられているナッツですが、いつ頃から食べられるようになったのでしょうか。

・最古のナッツはクルミ

ナッツにはいろいろな種類がありますが、歴史上もっともはやく登場したナッツは「クルミ」だということです。

クルミは、古代エジプトの王様が亡くなった時に、副葬品とともに棺に納められていたそうです。また、中国でも皇帝の陵墓からクルミが発見されたという事例もあるそうです。

もともとは現在のイラン辺りが発祥の地となっており、その後、ヨーロッパ各地へと広がっていったそうです。かつては庶民が口にすることはなく、上流階級の人々の嗜好品だったということです。

・日本におけるナッツの登場

日本でも古代からナッツが食されていたそうですが、それは現在食べているナッツとは異なり、ドングリや椎といった木の実です。

ドングリや椎の実を粉状にして、パンのようなものを作って食べていたという説があります。実際に椎の実をフライパンでから煎りして食べてみると、ほんのり甘くて栗のような味がします。

現在食べられているようなナッツが日本へもたらされたのは、江戸時代のこととされています。南蛮貿易の船によって、日本でもっともよく食べられているアーモンドが輸入されたそうです。

ナッツダイエットの効果とは?

日本でも(ドングリや椎の実を除けば)400年以上の歴史があるというナッツですが、そのダイエット効果の高さが最近になって注目されています。では、ナッツにはどのようなダイエット効果があるのでしょう。

・抗酸化作用

日本で食べられている代表的なナッツであるアーモンドをはじめとしたナッツ類には、抗酸化作用のあるビタミンEが多く含まれています。

私たちが老化する際のキーワードとなるのが「酸化」と「糖化」といわれていますが、酸化とは簡単に言うと錆びることです。

鉄が酸化すれば錆びるように、私たちの身体も活性酸素によって酸化=ダメージを受けます。ビタミンEはその酸化から身体を守ってくれるといわれており、アンチエイジングの観点からも注目されています。

・AGE阻害効果

老化の原因は酸化と糖化ということでした。糖化についてはまだまだ分かっていないことが多いそうですが、老化の原因物質として「AGE」が関わっているのではないかと考えられています。

AGEは日々の食事から摂取したり、体内で産生されたりして、徐々に体内に蓄積していくということです。その結果として認知症や糖尿病などの生活習慣病になるにではないかと考えられています。

アーモンドには、糖化を抑制したり吸収を阻害したりする可能性があると研究の結果分かってきており、やはりアンチエイジングの観点から注目されています。

・便秘解消効果

ナッツには食物繊維が多く含まれています。日本でもっとも多く食べられているアーモンドの場合、食物繊維の代表選手とも言えるゴボウの2倍、サツマイモの5倍もの食物繊維を含んでいるということです。

食物繊維には便秘の解消効果があるため、便秘に悩まされがちな女性にとってもおすすめのダイエットフードと言えるわけです。

また、アーモンドをはじめとしたナッツ類は脂肪も多く含んでいます。脂肪というと太るといったイメージがあるかも知れませんが、身体の潤滑油として必須の成分でもあります。

特に、ナッツの脂肪は不飽和脂肪酸であり、必須脂肪酸といわれるものです。健康やダイエットのためにはむしろ積極的に摂取することが奨められています。

・脂肪燃焼効果

アーモンドをはじめとしたナッツに含まれているビタミン群(ビタミンB1、B2、B6など)には、脂肪を燃焼する効果があることが分かっています。

実際に、アーモンドを毎日25粒食べるという実験をしたところ、平均して半年間でおよそ3kgの体重減少が見られたという研究結果もあるそうです。

・血糖値の上昇を抑制する効果

ナッツには、血糖値の上昇を抑える効果もあるとされています。血糖値とダイエットには密接な関係があります。

私たちが食事をした時に、糖質を摂取すると膵臓からインスリンが分泌されます。インスリンによって分解された糖質はエネルギーとなって、私たちの日々の生活の中で使われます。

炭水化物(糖質)はエネルギー源だといわれるのは、こうしたメカニズムがあるからです。ただ、糖質の摂取量がインスリンの分解能力を超えてしまうと、あまった糖質は予備のエネルギーとして体内にとどめ置かれることになります。これが脂肪という訳ですね。

糖質を摂取する時にナッツを一緒に食べると、血糖値の上昇が緩やかになることから、脂肪がつきにくくなるということです。

ナッツダイエットにおススメのナッツとは?

ナッツには非常に優れたダイエット効果があることが分かりましたが、ナッツといってもいろんな種類がありますよね。ナッツダイエットをするときには、どのナッツを選べばよいのでしょうか。

・アーモンド

ナッツダイエットをするのなら、アーモンドがなんと言っても一押しです。栄養バランスがよく、ダイエット効果の高いアーモンドは、これからナッツダイエットをしようという方には特におススメです。

ある研究によると、生のアーモンドを毎日食べている人は、生活習慣病やガンの発症率が低いという結果もあるそうです。

生のアーモンドはスーパーなどではあまり見かけることがありませんが、自然食品店やコストコなどで売っていますよ。

・クルミ

世界最古のナッツとも言われるクルミも、ダイエット効果が高いことで知られています。カルシウムやビタミンB1、ビタミンDなどを豊富に含んでおり。骨の健康を保つのにも効果的です。

・ピスタチオ

ビールやウィスキーのお供としてよく食べられるピスタチオですが、不飽和脂肪酸を多く含んでおり、コレステロールを下げてくれる効果があるそうです。

ナッツダイエットをするときの注意点!

ナッツダイエットは基本的に、日々の食生活にナッツをとりいれるだけの簡単なダイエット法です。そのまま食べてもいですし、サラダのトッピングにしてもいいですよね。ただ、ナッツダイエットをするときには以下のような注意点があります。

・食べ過ぎない

ナッツは栄養価が高い食品ですが、100g当たりで見てみるとカロリーも高いです。たとえば、アーモンドの場合は100gで600キロカロリーになります。

脂身のたくさんついたとんかつ用の豚肉でも100gあたり400キロカロリー弱なので、ナッツはカロリーの高い食べ物であることは間違いありません。

ただ、アーモンド100gって、アーモンド100粒なんですよね。いくらなんでもそんなに食べることはないと思いますが、1日25粒を目安にしましょう。

・塩分を含んでいないものを選ぶ

せっかくダイエットをするのに、塩味の付いたナッツを選ぶのはNGです。かえって健康を害する恐れもあるので、塩味の付いていないナッツを選びましょう。

ナッツダイエットで健康的に痩せよう!

ナッツダイエットの効果がスゴイ!ミラクル食品ナッツのパワーに迫ります!のまとめ

ナッツダイエットについて見てきましたが、いかがだったでしょうか。美味しくてヘルシーなナッツは、ダイエットの強い味方です。おやつにおつまみに、また料理の隠し味として、ぜひナッツを活用してくださいね。

スポンサーリンク