ながらダイエットをするならこの4つがおススメ!効果的なエクササイズをご紹介!


ながらダイエットさんにおすすめの方法を紹介します!ダイエットをするときに、一番の問題になるのが「続けるのが大変」ということですよね。継続すれば効果があることは分かっていても、人間の意志というのはそれほど強くありません。そこで今回は、効果的にダイエットをできる「ながらダイエット」について解説したいと思います。

スポンサーリンク

ダイエットとは?

ダイエットとは本来、健康と美容のために食事の質や量を規定することを言います。そういった意味では「運動でダイエット」問う言う表現は矛盾していることとなります。

ただ、日本ではダイエット=痩せるという意味で用いられていることが多いことから、本稿でもダイエットに関して、美容と健康、そして痩身の3つの観点から考察したいと思います。

ながらダイエットってなに?

ながらダイエットは、例えばテレビを見ながらとか、音楽を聞きながらするダイエット法のことを言います。

一般的にはなにかをしながら食べるのではなく、なにかをしながら運動をすることが多いようです。「ながら食べ」は行儀が悪いですからね。

「ながら」とは、2つの動作を並行しておこなうことを意味しており、ながらダイエットの場合は、ダイエットと家事や、ダイエットと運動などを並行しておこなうことを意味します。

ながらダイエットその1・家事をしながらダイエット

ながらダイエットのトップバッターは、家事をしながらできるダイエット法です。洗濯や掃除に炊事といった家事は、毎日必ずおこなうことなので、ちょっとした工夫で痩せ体質をゲットしたいものですね。

・料理中につま先立ちをする

料理をしている時や、キッチン内を移動する時などに、つま先立ちで移動をするだけでダイエット効果が期待できますよ。

「え?それだけ?」と思われるかもしれませんが、つま先立ちをすることで、腓腹筋やヒラメ筋といったふくらはぎの筋肉を刺激することが可能です。

ふくらはぎの筋肉を刺激するのがなぜダイエットによいかというと、ふくらはぎが第二の心臓とも言われるからです。

心臓は全身に酸素と栄養を送り出す働きがあります。ただ、全身に送られた血液を元に戻す働きはありません。

全身に送られた血液を心臓へと送り返すのは、身体の各部にある筋肉の働きです。筋肉が収縮することによって(筋ポンプといます)、血液が心臓へと送り返される訳です。

ふくらはぎは場所的に心臓からもっとも離れている上に、血液を重力に逆らって上へと送らなければなりません。

男性と比較した場合、女性に冷え症やむくみ、下肢静脈瘤が多いのは、ふくらはぎの筋力が弱かったり、筋肉量が少なかったりすることも関係しています。

料理をしている時やキッチン内を移動する時などに意識してつま先立ちをすることで、ふくらはぎの筋肉を収縮させ、全身の血液循環を促進することが可能です。

血液は酸素と栄養を運んでいる訳ですから、血行がよくなれば全身の栄養状態が改善するということです。また、脚痩せの効果も期待できますよ。

ながら運動その2・掃除をしながらダイエット

掃除機をかける時って、腰が曲がってしまいますよね。最近でこそ、ずいぶん楽に掃除機がかけられるようになりましたが、それでもついつい前かがみになりがちです。

その問題を解決して、さらにダイエット効果も得られるという一石二鳥の方法が、足を前後に大きく開き、腰を落として掃除機をかけるということです。

簡単に言うと、スプリットスクワットのような姿勢をしながら掃除機をかけるということですね。え?スプリットスクワット自体が簡単じゃない?それではスプリットスクワットについて簡単に説明しますね。

通常のスクワットは足を左右に開いておこなうのに対して、スプリットスクワットの場合は足を前後に開いておこなうのが特徴です。

通常のスクワットと比べると、腰やひざを痛めるリスクが小さく、また、筋力の弱い女性でも簡単にできるというメリットがあります。

スプリットスクワットの効果はすごくて、下半身痩せはもちろん、ヒップアップや姿勢改善、重心バランスの安定など、さまざまな効果が期待できるんですよ。

やり方は簡単で、両足を前後に開いた状態から、上体をまっすぐと下におろすだけです。スプリットスクワットの場合はもう少しシビアな条件があるのですが、ながらダイエットであればそれくらいの意識で十分です。

注意することは、上体を下す時にまっすぐ下におろすことです。猫背にならないように注意しましょう。

掃除機をかける間中、この姿勢でいると結構きついと思いますよ。できる範囲からおこなってみてくださいね。

ながらダイエットその3・電車に乗りながらダイエット

お勤めの人の場合、毎日数十分から1時間、人によってはそれ以上電車に乗っているという方もいらっしゃると思います。その時間を無駄にする手はありませんよね。

・吊皮でダイエット

電車に乗っているときに、吊皮を持つことも多いと思います。その時に、腕にギュッと力を入れて吊皮を下に引っ張るようにしてみましょう。

そうすることによって、上腕二頭筋(いわゆる力こぶのことです)と、反対側にある上腕三頭筋のエクササイズとなります。

特に、上腕三頭筋は「振りそで」などといわれ、二の腕のたるみの原因となってしまいます。乗車中ずっとやっている必要はないので、10秒×数セットをおこなうとよいでしょう。

・吊皮を持たずにダイエット

電車に乗っている時に、あえて吊皮につかまらないダイエット法もあります。電車が混んでいる時は無理をしない方がいいですが、ある程度ゆとりがある場合に試してみてくださいね。

やり方は簡単で、吊皮を持たずに立つだけです。ポイントは両足を肩幅程度に開くこと、足はハの字にならずに平行になること、膝をリラックスさせることです。

踏ん張ろうと思って膝をピンと張ってしまうと、かえって揺れに耐えられずによろけてしまいます。少しだけ膝を曲げるようなイメージでおこないましょう。

このながら運動によって下半身の引き締め効果が得られるのはもちろんのこと、重心バランスが安定することで姿勢の改善効果も期待できます。

ながらダイエットその4・テレビを見ながらダイエット

自宅でテレビを見ているときに、ただ寝っ転がっているなんてもったいないですよ。テレビを見ながらであれば、楽チンにダイエットをすることが可能です・

・テレビを見ながらスクワット

スクワットは「キング・オブ・エクササイズ」などとも言われ、ダイエットの定番となっています。

なぜなら、下半身には全身の70%もの筋肉が集まっているからです。誰にでもできて、短時間で効率よくダイエットが可能なエクササイズなんですよ。

仮に50回スクワットをしたとしても、かかる時間はせいぜい4、5分といったところでしょう。コマーシャルの間だけするなど工夫することで、確実にダイエット効果が得られますよ。

・テレビを見ながら踏み台昇降

テレビを見ながらの「ながらダイエット」をもう一つ紹介します。スクワットと並んで、ダイエットをするならおすすめなのが踏み台昇降です。

簡単な運動でありながら、ダイエット効果、美脚効果、姿勢改善効果、お腹引き締め効果とさまざまな効果が期待できるダイエット法なんですよ。

ただ、唯一の難点が「つまらない」ということです。そこで、テレビを見ながらおこないましょう。続けていれば「知らないうちに痩せてきた!」なんてことになるかもしれませんよ。

楽しみながらダイエットをしましょう!

ながらダイエットをするならこの4つがおススメ!効果的なエクササイズをご紹介!のまとめ

冒頭でも述べましたが、ダイエットを成功させるには継続することが一番大事です。日々の生活の中でちょっとした工夫をして、ながらダイエットを続けてみてくださいね。

スポンサーリンク