かまぼこは低カロリーでダイエットぴったり!たんぱく質たっぷりで低糖質!


かまぼこをご紹介します。蕎麦やうどんの具材としても、板わさでお酒のおつまみにもできるかまぼこは私たちの生活と切っても切れない食材ですよね。スーパーでもかならず売られていますし、生のままでも加熱しても、炒めても、煮てもおいしい万能の食品です。かまばこは、お正月のおせちにも必ず入っていますし、祝い事の時に飾り蒲鉾を食べる…そんな習慣がある地域もあります。日本人にとってはとてもなじみ深いかまぼこは、実はダイエットに向いた優秀なダイエット食でもあります。

スポンサーリンク

かまぼこには種類がたくさん

かまぼこは、タラ等のすり身を蒸して作られる練り製品です。製法はとても様々で、スーパーなどで販売されている半月型のかまぼこは、「板かまぼこ」です。他にも、わらやストローで巻いた「巻かまぼこ」や、かまぼこを薄く削って乾燥させた「削りかまぼこ」などがあります。

東北で作られる枠にすり身を入れて成型した笹かまぼこはお土産としても人気がありますよね。

基本的に、白身の魚が使われており、血合や赤みの魚肉は使いません。白くてさっぱりとしており醤油やだしと相性がいいのが特徴です。

つなぎとして、卵白や食塩、味付けのとしてみりんなどが使われますがかまぼこそのものに強い味はついていません。

▼タラなどのすり身で作られるものには「かにかまぼこ」もあります。詳しいダイエット効果は以下をご覧ください。

みんな大好き!かにかまぼこは低糖質ダイエットぴったり!たんぱく質も豊富

かまぼこのカロリーと栄養素は?

かまぼこのカロリーは、100gあたり95キロカロリーです。一般的なかまぼこひとつが145gですから、一本食べても138キロカロリーしかありません。

かまぼこには、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、

ナイアシン、葉酸、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、マンガンが含まれています。

かまぼこ、ちくわより脂質や炭水化物が少ないので低カロリーな食材です。塩分量が多いため、注意が必要ですが、カロリーや糖質は控えめです。

かまぼこダイエットが効果的な理由とコツ

① 低カロリー低糖質

さきほどのご紹介しましたが、かまぼこはとても低カロリーです。そして糖質も少ないので、ダイエットに向いています。

原材料に注意する必要かありますが、脂質もすくないのでダイエットに適しています。

② ビタミンBでエネルギー代謝

かまぼこには、ビタミンBが含まれています。ビタミンBは、糖質や脂質のエネルギー代謝に欠かせない栄養素です。

ビタミンBは水溶性ビタミンで失われやすいので、生のまま食べられるかまぼこなら効率的接種することができます。

スポンサーリンク

③ つなぎに注意しましょう

かまばこの主な原材料は、白身魚ですがつなぎに卵白やでんぷんが使われています。でんぷんの量が多いと、低糖質ではなくなってしまいますので注意しましょう。

原材料名の初めのほうにでんぷんとの記載がある場合は、でんぷんの量が多いということになります。魚肉がしっかりと使われているものをセレクトするのがおすすめです。

④ 塩分にも注意しましょう

かまぼこは、粘りを出すために塩が使われていす。たんぱくな味なのでついつい醤油をたっぷりつけたくなりますが、塩分の取り過ぎにならないように注意が必要です。

茹でたり、熱湯をかけたりして塩分を抜く工夫をすることをオススメメします。

調味料をつけて食べたい場合は、塩分カットのポン酢やドレッシングがおススメです。

⑤ おやつにもオススメ

かまばこは生のまま食べることができますので、間食にもオススメです。カロリーを気にしない低糖質ダイエットなら、マヨネーズをつけて食べても大丈夫ですよ。

お茶やコーヒーなどの水分と合わせれば満足感あるおやつになりますよ。

いろどりもキレイですので、目でも楽しませてくれます。

▼おつまみとしても人気!笹かまを使ったダイエットについて詳しくはこちら↓

笹かまでダイエット!低カロリーで美味しいレシピ♪

かまぼこのオススメメニュー

かまぼこはおいしいけど…あまりメインにならない…そんなことはありません。かまぼこがしっかり主役になってくれるおかずをご紹介します。

かまぼこの卵とじ

材料

かまぼこ 100g 玉子 2個 玉ねぎ 2分の1個 出汁 300cc みりん 大さじ2 醤油 大さじ 1

つくり方

① かまぼこと玉ねぎをスライスする

② 鍋かフライパンに出汁、醤油、みりんを加えてひと煮立ちさせる

③ 弱火にしてから、玉ねぎとかまぼこを加えて玉ねぎが透明になるまで加熱する

④ 玉ねぎが透明になったら、火を強くして溶き卵を加えて完成

かまぼこに出汁が染みてとてもおいしい卵とじです。すぐに召し上がるなら、とろとろの半熟卵にしするのがおススメです。

ごはんとの相性が良いおかずなので食べ過ぎないように、雑穀米やこんにゃくごはんにしてカロリーと糖質を調整しましょう。

一味唐辛子やからしなどの薬味を添えてもおいしいですよ。

かまぼこは低カロリーでダイエットぴったり!たんぱく質たっぷりで低糖質!のまとめ

かまぼこ、低糖質低カロリーのダイエットにぴったりの食材です。塩分とつなぎに注意すれば、ダイエット中のおやつとしても食べていただけます。生のまま食べられるので、料理があまり得意ではない方にもおススメです。いろどりもよいので、目でも楽しむことができるかまぼこをダイエットに取り入れてみるのはいかがでしょうか。

関連コンテンツ