通勤ダイエットを気軽に始めてカロリー消費!嬉しい効果も!


通勤中にダイエットを始めるのは一つの手です。仕事が終わって家に帰ってからの疲れた状態では、ダイエットに一番大切である「継続」が実行できなくなってしまう可能性もあります。まずは手軽に通勤中からダイエットを始めてみませんか。立っているだけで消費されるカロリーなど、通勤ダイエットで得られる効果をまとめてみました!

スポンサーリンク

1.通勤ダイエットとカロリー消費について

通勤ダイエットをしよう!と思い立つと通勤時に何気なく取っている行動が、どのくらいのカロリー消費になるのか気になりますよね。

例えば、電車に揺られながら30分立っていると男性なら28キロカロリー、女性なら23キロカロリー消費できます。座っていればなにもしていないのと同じですが、立って通勤するだけでこんなに栄養素使っているのです。

また階段を下りる動作は、男性で112キロカロリー、女性は90キロカロリー消費します。ちょっと急いだとしたら、もっとカロリー消費量が増えることになります

通勤ダイエットは”ながら”が基本ですし平日は毎日実践できますので、ちりも積もれば…と考えると嬉しい数字ですよね。

2.通勤ダイエットと食事制限について

通勤ダイエットは希望的に食事制限をしない(したくない)方向けのダイエットですから、必ずしも食事制限が必要なわけではありません。

ですが、通勤ダイエットと食事制限と組み合わせることでよりダイエット効果を期待できます

おすすめなのは、1日ではなく1週間のカロリー消費量と食事のカロリーを計算して必ず”消費量カロリーの方が多くなるように”気を付けることです。

消費量カロリーが摂取カロリーを上回るのであれば、時には甘い物を食べても構いません

カロリー計算をすることで「通勤ダイエットしてるからいいや」と気がゆるんで食べすぎないように自分をコントロールすることができます。

1週間という期間で区切れば、飲み会などが入っても他の日で調整できますので、仕事の人間関係にも影響しません。

▼1週間という短期ダイエットについて、詳しくは以下の記事もご覧ください。

一週間ダイエットのウソ!ホント?カロリー神話はもう古い!

3.通勤ダイエットとエクササイズについて

通勤ダイエットでエクササイズもできます。

ふくらはぎのエクササイズなら、電車の中で立っている時にかかとを上げたり下げたりするのがおすすめです。

上げたり下げたりすることが難しいようなら、無理のない範囲で、つま先立ちをするという方法もあります。通勤ダイエットで怪我をしてはいけませんので、電車の揺れや床の状態などには注意してくださいね。

座った状態でもできる通勤ダイエットエクササイズもあります。ご存知の方も多いかと思いますが、太ももの内側をぐっとくっつけるように力を入れて座ることです。ふくらはぎまでしっかりとくっつけるより効果がありますよ

この方法は、思った以上に足に負担がかかります。やりすぎると筋肉痛になることもありますので、ほどほどにしましょう。

スポンサーリンク

4.通勤ダイエットと姿勢について

通勤ダイエットでは、姿勢も大切になってきます

まず、歩くときや階段の上り下りの時は、しっかりと背筋を垂直に伸ばして歩くように心がけましょう。

そして、立っているときも座っているときもしっかりと姿勢よく背筋をのばすように気をつけてみてください。このときに、お腹をへこませるようなイメージで腹式呼吸をするとより良いですよ。

更に通勤ダイエットでは、バッグの位置も少し工夫してみましょう。通勤時には、肩掛けできるバッグをもっていらっしゃるかと思います。姿勢を正すために、バッグの位置を脇よりも後ろで抱えるようにするのがおすすめです

バッグの位置が身体の前になると、どうしても前屈みになってしまいます。前屈みの姿勢になると背中やお腹などの脂肪は落ちにくくなると言われています。

▼姿勢矯正から得られるダイエット効果については以下の記事も参考にしてください。

姿勢矯正ダイエットの効果とは?痩せることは可能?

5.通勤ダイエットと体脂肪について

通勤ダイエットで体脂肪を落とすには、自転車通勤がおすすめです。

やはり、脂肪燃焼するには身体を動かすことが一番です。今までの通勤の一部に自転車を取り入れてみるのはいかがでしょうか

通勤ダイエットだからといって、通勤のすべての行程を自転車にするのはなかなかハードルが高いものです。

たとえば、駅までの道や一駅だけ自転車に乗ってみる…という軽めの運動であれば負担もすくなくなります

体脂肪を減らすためには、筋肉を刺激し脂質代謝をあげることが必須になってきます。適度な運動をすることで、筋肉を減らさずに代謝を上げることができます。

ポイントとしては、少しペースを上げて自転車を漕ぐことと、時々で構わないので筋トレをすることです。筋トレをすることでより脂肪燃焼しやすい身体に近づけることができますよ

交通費の削減にもなりますし、気候の良い季節の自転車はなかなか気持ちよいものです。

▼自転車を利用したダイエット方法についてさらに詳しくは以下の記事をご覧ください。

自転車ダイエットは痩せる?その効果やメリットとちょっとしたコツを紹介!

6.通勤ダイエットと運動不足について

通勤ダイエットは運動不足解消にも効果的です。

先ほど、ご紹介した自転車通勤を取り入れることで運動不足の解消やストレス発散もできます。本格的なクロスバイクでなくても、ママチャリや折り畳み自転車でも構いません。

慢性的な運動不足の場合、通勤時の立ち方や階段の上り下りだけでは足りないことも多々ありますよね。だからといって、ジムに通うのも大変です。

通勤ダイエットに自転車を取り入れることで、天気が悪い日でなければ継続的に運動をすることができます。

最初は短めの距離から試してみて、徐々に距離を長くしていくと身体に負担もかかりません。通勤ダイエット兼ストレス解消兼運動不足解消ができるとなれば、ちょっと試してみたくなりませんか?

通勤ダイエットを気軽に始めてカロリー消費!嬉しい効果も!のまとめ

姿勢を意識するだけでも消費カロリーは変わってきますし、つま先をあげるだけでも、それを継続すれば何もしない時よりも消費カロリーにはかなりの差が出てきます。いざ運動をしようと義務になるとつらいことも多いかもしれませんが、気軽に始められる通勤中のダイエットはどんな方にもおすすめです。健康に、そして綺麗にダイエットを始めてみましょう!

関連コンテンツ