かぼちゃを食べてダイエット!驚きのかぼちゃパワーとは?


かぼちゃは甘いのでダイエット中にはちょっと…と思う方も多いかもしれません。確かにかぼちゃは糖質が多い野菜ではあります。ですが、ビタミンやミネラルが極めて豊富ですので、糖質が多いというデメリットを補うことができる野菜です。今回は、かぼちゃをご紹介します。

スポンサーリンク

1.かぼちゃは…実は夏野菜なんです!

かぼちゃは、ウリ科の植物でアメリカが原産です。私たちが食べている部分はかぼちゃの果実にあたる部分でビタミンたっぷりの緑黄色野菜です。

かぼちゃは、8000年から10000年前にはすでに栽培されていたと言われており歴史が古い野菜でもあります。日本には1500年ごろで現在の大分県にポルトガル人によって持ち込まれたという説が有力です。

北海道や鹿児島などで多く栽培されており、日本では冬至にかぼちゃを食べる習慣があることから冬のイメージが強い野菜ですが、かぼちゃは夏野菜です。

夏野菜ではありますが、かぼちゃは一年中スーパーで販売されていますので、手に入れやすい野菜でもあります。

2.かぼちゃのカロリーと栄養素は?

かぼちゃのカロリーは100gあたり91キロカロリーです。決してカロリーが低いとは言えない野菜ですが、非常に栄養価が高い野菜でもあります。

かぼちゃには、ビタミンA、ビタミンE、ビタミンK、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミン6、ビタミンC、ナイアシン、葉酸、

パントテン酸、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、モリブデン、マンガン、セレン、モリブデンなどが豊富に含まれています。

3.かぼちゃがダイエットに向いている理由は?

・カリウムでむくみ解消

かぼちゃに含まれるカリウムには、むくみを解消する効果があります。

身体の塩分や水分を調整し、余分な水分を身体の外に出してくれます。

ダイエットの大敵ともいえる、むくみの予防、改善の為にもカリウムは積極的にとりましょう。

・カルシウムでイライラ防止

かぼちゃには、カルシウムが含まれています。カルシウムは歯や骨を作る栄養素として有名ですが、イライラを防止する効果もあります。

ダイエット中は、甘いものを我慢したり空腹を我慢したりとイライラしがちです。カルシウムをとって心穏やかにダイエットしましょう。

・とにかく栄養豊富

かぼちゃは、糖質が多くダイエットには不向きのようにも思えます。

ですが、ビタミンAやビタミンEなどが極めて豊富ですから、糖質の多さを補うだけのメリットがあります。

・ビタミンAの効果

かぼちゃにはビタミンAが豊富に含まれています。

ビタミンAは抗酸化力が強いビタミンで、免疫力アップの他、美肌にも効果がある栄養素です。

▼ビタミンAはローズヒップティーにも豊富に含まれています!

ローズヒップティーのダイエット効果と美容効果に注目!

・ビタミンEの効果

ビタミンEは若返りビタミンと呼ばれるビタミンで、抗酸化力が強いことで知られています。

老化防止に効果があり、美肌にも効果があります。血液をさらさらにする作用もありますから、ダイエットだけでなく健康効果も期待できます。

スポンサーリンク

・マグネシウムでエネルギー代謝

マグネシウムはエネルギー代謝や血糖値の調整をする栄養素です。

エネルギー代謝に必要なビタミンBを保持する役割もあります。

・ビタミンB

糖質や脂質のエネルギー代謝にかかせないビタミンが、ビタミンBです。

食べたものを溜め込まないことはダイエットにとってとても重要ですから、ビタミンBが含まれる野菜はしっかりととっておきたいですよね。

・食物繊維

かぼちゃには食物繊維がたっぷり含まれています。食物繊維は腸内環境の改善、便秘の予防や改善に効果があるだけでなく、血糖値の急激な上昇を抑える働きもあります。

4.おいしいかぼちゃのレシピ

かぼちゃといえば、煮物や天ぷらが一般的ですが甘い煮物や揚げ物はダイエット中には避けたいところですよね。

ヘルシーなかぼちゃレシピをご紹介します。

かぼちゃのつめたいスープ

材料

かぼちゃ 200g 豆乳 300cc  コンソメ 1個 水 100cc  塩 少々

作り方

① かぼちゃの皮を剥いて、さいの目に切りレンジで柔らかくなるまで加熱する

② ①のかぼちゃをフードプロセッサーでペースト状にする

③ ペースト状にしたかぼちゃに豆乳と水を加えて目の細かいザルで越す

④ ザルでこしたら、コンソメを加えて弱火で加熱する

⑤ コンソメが溶けたら、塩を加えて味を整える

⑥ 冷蔵庫で冷やす

豆乳とかぼちゃを使ったスープです。冷やさずに暖かいままでも食べることができます。

豆乳とかぼちゃを使っているのでとても腹持ちが良く、一杯でもかなり満足感があるスープにしあげてあります。

サラダやブランパンと組み合わせると、糖質制限中でも食べられるおしゃれなメニューが完成します。

冷凍も可能なので、お休みの日にまとめて作っておいても良いでしょう。

朝食の置き換えや夕食の前のスープにすると、主食を無理なく減らすことも出来ますよ。

▼さらに効果が高い!?かぼちゃの種をダイエットに利用する方法はこちら。

かぼちゃの種はダイエットに効果的!豊富な栄養価で生薬にも!?

かぼちゃを食べてダイエット!驚きのかぼちゃパワーとは?のまとめ

かぼちゃは、糖質はあるもののそれを補うだけのメリットがある栄養豊富な野菜です。ダイエット中のメニューに加えると栄養のバランスが整いますので、積極的に取り入れるようにしましょう。

関連コンテンツ