カブのダイエット効果や栄養素、カロリーをご紹介!


カブのダイエット効果やカロリー、おすすめのレシピ等をご紹介します!冬の味覚カブ…癖のない味と加熱したときのとろけるようなしたざわりが人気の根菜です。ポトフや煮物など煮込み料理やおつけものに良く使われていますし、なんとなくヘルシーなイメージがある野菜ですが、カブのダイエット効果はあまり知られていません。

スポンサーリンク

1.カブには名前がたくさん!

カブはアブラナ科の植物で私たちが食べているのは根にあたる部分です。葉も加熱すれば食べることができます。

カブという呼称が一般的ですが、カブラ、スズナ、ホウサイなどたくさんの呼び方がある野菜でもあります。

カブは世界各地で食べられている野菜で、アフガニスタンと中近東が原産です。カブは歴史も深く古代ギリシャに関する史料にもカブにまつわる記載があるそうです。

日本でもカブはお馴染みの野菜で、京野菜や野沢菜などたくさんの種類のカブが生産されています。

▼カブの親戚でもある水菜について詳しいダイエット効果は以下にまとめてあります。

水菜のダイエット効果やカロリー&栄養素を徹底解説!

2.カブのカロリーと栄養素は?

カブのカロリーは100gあたり20キロカロリーです。カブ1個が約120gですから1個食べても24キロカロリーしかありません。

カブには、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、リン、鉄、亜鉛、銅、マンガンなどが含まれています。

3.カブのダイエット効果は?

・カリウムでむくみスッキリ

カブにはカリウムが豊富に含まれています。カリウムは、身体の塩分や水分量を調節し余計な水分を外に出す働きがあります。

女性を悩ませるむくみの正体は水分ですから、余計な水分を出してくれるカリウムはむくみ対策にピッタリなのです。

・ビタミンB群で代謝サポート

カブにはビタミンB2やビタミンB6などのビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンB群は、糖質や脂質、タンパク質のエネルギー代謝を助ける働きがあります。エネルギー代謝が活発になれば、食べたものを身体にため込みにくくなるので痩せやすくなります。

ダイエットのために食べる量を減らすと、摂取カロリーは減りますが身体に必要な栄養素が不足して筋肉量が減り基礎代謝が低下してしまいます。基礎代謝の低下は、痩せにくく太りやすい身体をつくる原因になります。大切なことは食べたものをため込まず代謝することなのです。

そのエネルギー代謝に必要なビタミンB群がカブに含まれています。

・低カロリー

カブはとても低カロリーです。そして低カロリーですが食べ応えがある野菜なので煮込み料理に加えるとボリュームが増して満足感を得やすくなります。

たくさん食べても低カロリーですから、カロリーカットにもつながります。

スポンサーリンク

・糖質も少ない

カブは低カロリーなだけでなく低糖質です。糖質は太るからと糖質を避けている方にもカブはオススメできます。

低カロリーで低糖質ですから、太る心配がほとんどない優秀なダイエット食材といえます。

・アミラーゼやジアスターゼ

カブにはアミラーゼやジアスターゼといった消化酵素が含まれています。

カブを生で食べればこれらの消化酵素の恩恵で、胃もたれや胸焼けなどに効果があります。

また、加熱すると身体をあたためる効果があるので、身体を温めて代謝を上げたいダイエットにオススメです。

・ビタミンCで抗酸化作用

ビタミンCには抗酸化作用や免疫力アップのこうかがあります。

美肌や風邪予防にもカブがひとやくかってくれますよ。

4.カブのオススメレシピ

たくさんの調理法があるカブですが、一品で満足できる簡単な煮物のレシピをご紹介します。

材料

カブ 1個 鶏胸肉 100g お豆腐(厚揚げ) 1丁 水 500cc  めんつゆ 2倍濃縮のもの100cc  みりん 大さじ2 酒 大さじ2 醤油 小さじ1 鷹の爪 1本

① カブと鶏胸肉を一口大に切る、お豆腐はテフロン加工のフライパンで焼いて焼き目をしっかりつける

② 鍋に調味料をすべて入れて、カブを加えて加熱し、ひと煮立ちしたら鶏胸肉を加える

③ 弱火にして落とし蓋をし、15分煮込む

④ 一旦火を止めて冷ましてからもう一度加熱する。この時鷹の爪を入れる

めんつゆをベースにしたカブの煮物です。お豆腐を入れるのでボリュームが出て満足感のある一品です。

鶏胸肉を使うのでとてもヘルシーですし、カブの美味しさを存分に楽しむことができます。

辛子や柚子こしょう等の薬味を添えてお召し上がりください。寒い時期には生姜を加えるのもおすすめです。

カブのダイエット効果や栄養素、カロリーをご紹介!のまとめ

カブは低カロリー低糖質でダイエットを助けてくれる栄養素がたっぷり含まれた、ダイエットにピッタリの食材です。身体に優しく調理もしやすいので、普段の食卓にオススメです。煮物はもちろんサラダやスープ等調理法も幅広く洋食和食のどちらとも好相性です。そして、価格もリーズナブルですから、飽きにくく続けやすいという点も魅力です。煮込み料理が美味しい冬にカブはいかがでしょうか。

関連コンテンツ