おでんはダイエットにピッタリの鍋ものだった!おすすめの具材や薬味は?


おでんはコンビニエンスストアでも販売されるファーストフード的な要素もありますし、寒い日の鍋物としても定番の料理です。日本の冬の醍醐味といっても過言ではないおでんですが、実は、おでんにはこんにゃくや大根、玉子などダイエットにピッタリの具材が入ったダイエット鍋でもありました。低カロリー低糖質の具材や身体をあたためる効果、そして満足感もバッチリ!そんなおでんの魅力を今回はご紹介します。

スポンサーリンク

1.おでんの具材に注目してみましょう。

冬になると食べたくなるおでん…あの出汁の香りがたまりませんよね。コンビニエンスストアでついつい買ってしまった…という方も多いのではないでしょうか。

おでんの具材にちょっと注目してみましょう。

・玉子

おでん具材の定番にして王様ともいえる玉子は、低糖質です。カロリーは80キロカロリー程度とそれなり…ですが、糖質が少ない上に、ゆで卵は消化するのにエネルギーを必要とするので摂取カロリーが消費カロリーを上回る食材でもあります。

・大根

出汁が染み込んだおでんの大根は冬の幸せ…ですよね。

ご存知のとおり、大根は低カロリーで食物繊維を含んだダイエットにピッタリの食材です。

・ねりもの

ちくわや丸天、ゴボウ天などの練りものもおでんの定番です。

これらの具材は油であげてあるのでややカロリーは高めですが、他の具材との組み合わせによってはひとつ位なら食べても問題ありません。

練りものに使われているお魚はタンパク質ですから、食べすぎに注意すればこれもダイエットを支えてくれる食材といえます。

・こんにゃく

おでんの板こんにゃくや糸こんにゃく…味が染みておいしいですよね。

こんにゃくにはほとんどカロリーがありません。おまけに食物繊維がたっぷり含まれていますから、腸内環境改善や血糖値の上昇を防いでくれます。

・厚揚げ

出汁の味をダイレクトに感じられる厚揚げも定番の具材です。

厚揚げはお豆腐を揚げたものですから、女性に嬉しい大豆イソフラボンがたっぷり含まれています。そして、大豆は良質のタンパク質ですからこれもダイエットの味方といえます。

油で揚げてあるので、食べすぎには注意しましょう。

・つくね

鶏つくねをおでんに入れるという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

鶏つくねは、タンパク質や具材の野菜などを効率的に取ることができます。そして、つなぎに注意すれば低糖質低カロリーです。

お肉を食べた!という満足感もあります。

上記以外にもおでんの具材はありますが、おでんにはダイエットに適した具材が多いということをご理解いただけたのではないでしょうか。

スポンサーリンク

2.効率的な食べ方とは?

おでんの具材には、低カロリーでありながら満足感を得やすい食材が多いという特徴があります。

玉子やこんにゃくなどはその代表格と言っていいでしょう。

「でも、ご飯が欲しくなる!」という方も多いと思いますが、食べていると以外とすぐにお腹いっぱいになるので、お米の量は減らしてこんにゃくや大根などを先に食べるように工夫してみましょう。

3.身体がポカポカなにります!

冬は体温を維持するためにエネルギーを使うので夏より痩せやすいともいわれています。

身体を暖めることは、血行促進や代謝アップにもつながるダイエットな大切な要素のひとつです。

あつあつのおでんを食べていると、身体がとてもあたたまります。カロリーや糖質だけでなく、身体が暖まる…というポイントをおでんはしっかりおさえてくれています。

▼ダイエットの際には体を温めることがとても大切になってきます!以下の記事も参考にしてください。

冷え取りダイエットで痩せられる?体質改善で痩せやすい体質を手に入れよう!

4.鶏だしでおでん!おすすめレシピ

おでんといえば、牛スジや昆布で出汁を取るイメージがあるかと思います。

もちろん牛スジも美味しいのですが、ちょっと嗜好を変えて鶏と昆布で出汁をとるおでんをご紹介します。

材料

鶏ガラ 500g程度 昆布 2~3枚 水2リットル 醤油 大さじ4 塩 大さじ2みりん 大さじ2

具材はお好みのものを準備しましょう。

作り方

① 鶏ガラを水洗いして熱湯をかけて灰汁をとる

② 鍋に昆布と水を入れて1時間程度室温で放置する

③ ②の鍋に鶏ガラを入れて加熱する。この時沸騰しないように注意する

④ 灰汁を取りながら15分程度煮込む

⑤ ④の出汁を目の細かいザルなどでこす

⑥ こした出汁を洗った鍋に入れて醤油、しお、みりんを加えて味を整える

⑦ 下ゆでした好みの具材を入れて煮込む

鶏ガラを使うことで出汁を飲みたくなるような美味しいおでんが出来上がります。カラシやゆずこしょうなどの薬味をつけてお召し上がりください。

残った出汁は冷凍保存出来ますので、スープや雑炊などに活用できますよ。

おでんはダイエットにピッタリの鍋ものだった!おすすめの具材や薬味は?のまとめ

おでんは、低カロリー低糖質の具材が多くダイエットにピッタリの鍋です。身体をポカポカに暖めてくれますし、食べ方に注意すれば少ないカロリーでかなりの満足感を得られる料理です。薬味や具材など自分の好みのものを見つけておでんダイエットしてみませんか?

関連コンテンツ