ダイエットにおすすめの有酸素運動と3つの心


ダイエットにおすすめの有酸素運動と3つの心得

ダイエットを考えたとき、まっさきに頭に思い浮かぶのは”有酸素運動”ではないでしょうか。ウォーキングや自転車など、あなたも1度はチャレンジしたことありますよね?

 

今回は、有酸素運動がダイエットにとても効果的であるといった内容を掘り下げてお伝えいたします。これから減量などダイエットを目指そうとしている方は、ぜひ参考としてください。

 

 

有酸素運動がダイエットに効果的な理由

 

運動は、ジョギングや水泳・自転車といった「有酸素運動」と、ダンベルなどを使った筋力トレーニングや短距離走といった「無酸素運動」の2パターンに分かれます。

 

では、有酸素運動がどうしてダイエットに効果的と言えるのでしょうか?下記で確認をしていきましょう。

 

 

脂肪燃焼に必要な酸素を体内へ取り込めるから

 

イメージしてみましょう。何かモノを燃やすときに、酸素がある環境と酸素がない環境では、どちらがよく燃えるでしょうか?

 

言うまでもなく、酸素がある環境の方がモノはよく燃えます。これは人間のカラダで考えても同じことが言えます。

 

つまり、体内へ酸素を多く取り込むことができているほど、体脂肪はよく燃えるのです。

 

前述からのように、ダンベルを使った筋トレや短距離走といった無酸素運動では、体内へ脂肪を効率良く燃焼させるだけの酸素を取り込むことができません。対して有酸素運動を行った場合、多くの酸素を取り組むことが可能となります。

 

このようなことからも、ダイエットでは有酸素運動が効率的だと言えるのです。

 

 

おすすめしたい有酸素運動

ここまでの内容で、有酸素運動がダイエットに効果的であることはわかりました。体脂肪の燃焼をサポートする酸素を、体内へ取り込むことができるからでしたよね?

 

ここからは、どの有酸素運動がおすすめかを紹介します。

 

ランニング(ジョギング)

ランニングは有酸素運動としてかなりおすすめです。トレーニングウェアとシューズさえあれば、今すぐにでも始めることが可能です。

 

無理のない適度なペースで走ることで、多くの酸素を体内へ取り込みつつ、全身の筋肉を使い、ほどよく足の筋肉へ刺激を与えます。この刺激が脳へ伝わると、快眠につながり、ダイエットと関係している成長ホルモンの分泌量を増やします。

 

ランニングは運動を始めるハードルも低く、誰でも気軽にスタートさせることが可能です。

 

 

ウォーキング(散歩)

 

走るのは苦手!疲れるのは嫌だと思われる方には、ウォーキングをおすすめします。普段利用しているスーパーへ遠回りして行く、ワンちゃんの散歩をするときには、いつもより少しだけ距離を伸ばしてみるなど、ちょっとした工夫で取り組むことが容易です。

 

膝やカラダへの負担が少なく、脂肪燃焼を促す酸素も体内へ取り込めるためおすすめです。ウォーキングをすることに慣れてきたら、ジョギングにチャレンジをしてみましょう。

 

水泳

有酸素運動のなかでは、水負荷を受けて全身を動かすだけあり、エネルギーの消費が激しいと言えます。とはいえ、水圧負荷のため関節などへの負担は少なくジョギングなどと比べても、怪我をするリスクを回避できます。

 

プール施設が近くにあるなど、泳げる環境があるのであれば水泳にチャレンジをしてみてはいかがでしょうか。

 

 

自転車(エアロバイク)

自転車もおすすめの有酸素運動のひとつです。ジョギングや水泳と比べると、エネルギー消費量は落ちますが、外で自転車をこぐ場合であれば風景の移り変わりを目にしながら気分転換できる。

 

トレーニングジムでエアロバイクをこぐ場合であれば、本を読みながら有酸素運動ができるといったメリットがあります。

 

有酸素運動をするときの心得3つ

おすすめの有酸素運動を紹介してきました。チャレンジしたいと思える運動は見つかりましたか?最後に、有酸素運動をするときにおさえておくべきポイントをいくつか紹介します。

 

 

1. 水分補給をこまめにしながら

水分補給は定期的に行うことを徹底してください。人間のカラダの半分以上は水分でできています。有酸素運動をすると呼吸量が増えることや、汗をかくことでカラダから水分が失われます。運動中はもちろん、運動前後には必ず水分補給を行い、脱水症状とならないようにしましょう。

 

 

2. 短時間でも継続して行うこと

理想を言えば、1回の有酸素運動では30分以上は継続したいところです。とはいえ、長時間は続けられないといった方もいるでしょう。5分や10分といった短時間でも有酸素運動の効果は得られます。

 

ダイエットを目指す上でも、運動は継続して行うように心がけましょう。

 

3. 気分が乗らないときは思い切って休む

できることであれば、週に2〜3回は有酸素運動を行いところです。ですが、これまでに運動経験が少ない方や、運動に苦手意識がある方は、運動をしなければいけないと義務感が生まれ、辛い気持ちのまま運動をするといったことが少なくありません。

 

このような気持ちのままトレーニングを行っても、集中力が欠け怪我をするリスクが増したり、継続して運動をする気持ちがなくなっていきます。気分が乗らないときは、思い切って休んでリフレッシュを行い、次回に気持ち良く運動できるよう備えましょう。

 

おわり

 

ダイエットを目指す方におすすめしたい有酸素と、3つの心得を紹介してきました。有酸素運動は、体脂肪の燃焼をサポートする酸素を体内へ取り込めることから、効果的な運動と言えます。

 

走る・泳ぐといった運動に苦手意識がある方は、ウォーキングから始めてみるだけでも効果的です。水分補給をしながら、自身に合った運動でダイエットを目指しましょう。

スポンサーリンク