コルセットダイエットって知ってる?間違いだらけのダイエットをご紹介!


コルセットというと、腰痛のときに腰巻いて見たり、中世ヨーロッパの女性がスリムに見えるために巻いてみたりといったイメージがあるのではないでしょうか。そんなコルセットを巻くダイエット法があると聞いていろいろ調べてみたのですが、どうも根拠が薄弱なような気がします。今回はコルセットダイエットに対する検証をおこなってみたいと思います。

スポンサーリンク

コルセットダイエットとは?

コルセットダイエットは、腰痛のときなどに用いられるコルセットを巻くことで、ウェストを細く見せたり脂肪燃焼を促すことによって、痩身効果が得られたりするダイエット法であるとされています。

コルセットダイエットで痩せられる根拠とは?

では最初に、コルセットダイエットによってなぜ痩せることが可能なのか、その根拠として説明されていることについて見ていきたいと思います。

・脂肪燃焼効果がある

コルセットの中には保温性の高いものがあり、巻くことによって腹部の温度を上昇させ、脂肪燃焼効果が高まると宣伝されています。

脂肪を燃焼すれば体重が減少するのは当然ですし、おなか周りが気になる人にとっては魅力的なキャッチフレーズと言えるのではないでしょうか。

・食欲が制限される

コルセットはウエストのサイズよりも小さいものを巻くのが一般的なので、腹部がかなり圧迫されることとなります。それによって食欲が制限できるのでダイエット効果が期待できるということです。

・発汗することで痩せられる

コルセットは一面では腹巻のような役目も果たしてくれます。おなかを温めることによって発汗が促され、それによってお腹痩せができるということです。

・姿勢が改善することで痩せられる

コルセットダイエットをすると、骨盤バランスが改善されることで血液やリンパの流れがよくなり、基礎代謝が上がることで痩せられるという説明がされることもあります。

コルセットダイエットの間違いその1・脂肪燃焼は起こらない

ダイエットに必要なことは、消費カロリーを摂取カロリーよりも多くすることです。消費カロリーを増やすもっとも簡単な方法は、ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動をおこなうことです。

有酸素運動を開始すると、20分ほど経った頃から脂肪の燃焼が起こるとされています。また、消費カロリーには運動による消費カロリーのほかにも基礎代謝が含まれています。

基礎代謝とは私たちが安静にしているときでも、体温調節や呼吸、内臓や脳の活動によって消費されるカロリーのことを言います。

コルセットを巻くことでお腹の周りが温かくなり、体温が上昇することで脂肪燃焼効果が上がるというのがコルセットダイエットで痩せられるという根拠ですが、コルセットを巻いたくらいで明らかな脂肪燃焼効果が発揮されるとは考えにくいです。

カロリー消費とは簡単に言うと、ある重さの物が一定の距離を動いたときに生じるのです。だから、コルセットを巻いたからといった、ただちに脂肪燃焼効果があらわれるわけがないのです。

代謝に関しても同様で、ダイエットをおこなう際には基礎代謝を上げることも有効ですが、コルセットを巻くことで基礎代謝が上がるようなこともありません。

コルセットダイエットの間違いその2・食事制限はリバウンドの危険性が高い

コルセットダイエットで痩せられるという根拠には、コルセットをきつく巻くことで胃腸が圧迫され、食欲が低下することで結果的に食事の量を減らせるというものです。

確かに、減量中のボクサーが空腹を紛らわすために、おなかに枕などをあてがって寝ることがあることからも分かるように、コルセットにも一定の効果はあるのでしょう。

ただし、食事制限によって落ちるのは脂肪だけではありません。食事制限のみの減量をすると筋肉も落ちてしまいます。

筋肉は基礎代謝のおよそ22%を占めているため、筋肉量が低下するとかえって太りやすい体質になってしまいます。厳しいトレーニングをしながら減量をするボクサーとは違うということですね。

コルセットダイエットの間違いその3・汗をかいても痩せません

コルセットダイエットで痩せられるという根拠に、コルセットを巻いた部分の発汗を促して、結果として痩せられるというものがあります。

これに関してはコルセットダイエットだけに限ったことではありませんが、基本的に汗をかいたからといって痩せられるということはありません。

サウナで一生懸命汗をかいたり、ホットヨガなどで一生懸命汗をかいたりしても、一時的にその分の体重が減ることはあっても水分補給をおこなえばすぐに元通りです。

コルセットダイエットの間違いその4・骨盤矯正では痩せない

コルセットダイエットをすると、骨盤のバランスが整って姿勢がよくなり、血液やリンパの流れがよくなるので基礎代謝がアップし、痩せることができると説明されることがありますが、これに関しては間違いどころか大間違いです。

まず、コルセットとは腹部を圧迫するものです。圧迫によって血液やリンパの流れがよくなるわけがありません。ホースを踏んだら水の出がよくなりますか?

また、骨盤矯正には姿勢を改善する効果は確かにありますが、それによって基礎代謝がアップすることはありません。後で説明しますが、むしろ筋肉量が低下することで基礎代謝量も減少します。

なぜ人はリンパとか基礎代謝とかいう言葉を出されると、すぐにダイエット効果があるような気がしてしまうのでしょうか。インターネットの時代だからこそ、情報の真贋を見極める力が必要となります。

コルセットダイエットのデメリットについて

コルセットダイエットは以上のような理由から、巻いているだけで痩せる効果は期待できません。巻いている間だけ体型が改善されるだけです。さらに、コルセットダイエットには以下のようなデメリットもあります。

・血液循環の悪化

コルセットダイエットは、無理やりお腹の部分を締めてくびれを作ることで、体型が改善して見える効果はあります。ただ、その代償として血液循環の悪化が起こります。

血液は全身に酸素と栄養を運んでくれていますが、無理な圧迫が起こることによって血行が悪くなると、その場所の栄養状態が低下することとなります。

コルセットダイエットの場合は、特に腸への血行が悪くなってしまうことで、便秘などの排便障害が起こる可能性があります。

・筋力の低下

腰痛が起こっているときにコルセットを巻くのは、筋肉の補助としての効果を期待してのことです。筋肉が痛んでいて力を入れられないため、コルセットによって助けてもらうということですね。

健康な人がコルセットを巻いても機能的には同じことが起こります。つまり、筋肉を使わずに立ったり動作をしたりするようになるわけです。

筋肉を使わなくなることで、そのうちに筋力が低下してしまいます。筋力が低下すれば基礎代謝量も減少するため、結果として太りやすい体質になってしまうのです。

ダイエットに必要なことは食事制限+運動です!

コルセットダイエットって知ってる?間違いだらけのダイエットをご紹介!のまとめ

世の中にはいろいろなダイエット法がありますが、基本的に食べる量を減らすだけのダイエット法や、特定の食品だけを食べるダイエット法は長続きしません。長期的にダイエット効果を維持するのであれば、運動は絶対に欠かすことができません。人間にとって食べることは楽しみの一つでもあるため、今回取り上げたコルセットダイエットのような「○○するだけ」という楽チンなダイエット法についつい飛びついてしまう訳です。ちょっと考えれば分かりそうなものなのに、無駄なダイエット法にたくさんの時間とお金を費やすのは非常にもったいないです。努力や意志の力が不要なダイエット法はないということを忘れないようにしてくださいね。

スポンサーリンク