コーヒーダイエットの真実について!痩せられる?身体に悪い?どっちなの!?


コーヒーダイエットについてご紹介!!世の中にはいろいろなダイエット法があるもので、コーヒーダイエットもその一つです。コーヒーを飲むだけで痩せられるというダイエット法が現れたことで、にわかにコーヒーの需要が増えたというはなしもあるそうです。今回はコーヒーダイエットの真実に迫りたいと思います。

スポンサーリンク

コーヒーダイエットは是か非か?

コーヒーダイエットとは、ブラックコーヒーを1日に5杯程度のむことによって、ダイエット効果を得ることを目的としたダイエット法です。ただ、コーヒーには健康に対して悪いイメージもありますよね。一体どっちが正しいのでしょうか。

コーヒーの健康に与えるメリット

コーヒーは病気の治療と関連付けて研究されることもあるように、病気の治療や健康にとってのメリットがあることでも知られています。では、どのようなメリットがあるのでしょうか。

・片頭痛の改善効果

コーヒーに含まれている代表的な成分であるカフェインには、血管を収縮する効果があることから、片頭痛のではじめにコーヒーを飲むと、頭痛が緩和されるということです。

ただし、血管収縮性の頭痛といわれる緊張型頭痛の場合は、コーヒーを飲むことによってかえって頭痛がひどくなるので注意が必要です。

・脂肪の分解効果

コーヒーに含まれるカフェインには、脂肪を分解する酵素の分泌を活発にしてくれる働きがあるといわれています。これが、コーヒーダイエットによって痩せられるという説の根拠となっています。

・リラックス効果

コーヒーを飲むことによって覚醒作用が得られるため、すっきりとした気持ちになる効果も期待できます。また、コーヒー独特の香りがアロマのような働きをして、精神を落ちつけてくれるようなこともあります。

・空腹感を抑える効果

ある実験によると、コーヒーを飲むことで空腹を抑える効果が得られるという結果が得られたそうです。これも、コーヒーダイエットで痩せられるという説の有力な根拠となっています。

・利尿作用

コーヒーを飲むとトイレが近くなるという方もいらっしゃることと思います。これは、コーヒーの持つ利尿作用によるものです。それによってむくみの解消も期待できるとされています。

コーヒーの健康に与えるデメリット

コーヒーには以上のようなさまざまなメリットがありますが、メリットがあればデメリットもあるのは世の常です。では、コーヒーを飲むことには、健康面でみた場合どのようなデメリットがあるのでしょうか。

・頭痛を誘発

片頭痛のではじめにコーヒーを飲むと、頭痛が緩和するということでした。しかし、連日にわたってコーヒーをたくさん飲んでしまうと、カフェインの過剰摂取となり、かえって頭痛が起こることが分かっているそうです。

頭痛には血管収縮性のものと血管拡張性のものがありますが、いずれにせよ普段から血行を良くしておくことが、何よりの頭痛予防になるという一証左となるのではないでしょうか。

・中毒性

カフェインにはある種の中毒性があります。厳密な意味で言うと、過剰のカフェインを摂取した場合、カフェイン中毒で最悪の場合死に至ります。

コーヒーを日常的に飲む程度でただちに死に至るようなことはないので安心して大丈夫です。ただ、日常的にコーヒーを飲む人がコーヒーを飲まないようにすると、イライラしたり不安になったりといった一種の禁断症状があらわれることがあるそうです。

・血圧が上昇する

カフェインには血管を収縮させる働きがあります。そのため、心臓はより強い力で血液を全身に送る必要が生じます。結果として血圧が上がってしまうという訳です。

医学的な研究によるコーヒーの評価

コーヒーが健康によいのかどうか、いろいろ言われていてよく分かりませんよね。では、医学的な実験結果にはどのようなものがあるのでしょうか。

・毎日コーヒーを4杯以上飲むと脂肪率が高くなる!?

アメリカのサウスカロライナ大学などによる研究によると、毎日4杯以上のコーヒーを飲む55歳未満の死亡率が、コーヒーを飲まない人に比べて高いとする研究報告があります。

・子宮体がんのリスクが減少!?

コーヒーを毎日3杯程度飲む人の子宮体がんになるリスクは、週に2杯以下しかコーヒーを飲まない人と比べて3分の1程度であるという研究結果があります。

・どちらが正しいかは今後の課題

専門の医師や研究者によって出された報告にも、「コーヒーは身体によい」というものもあれば「いや、身体に悪い」というものもあり、現段階でははっきりと分からないことが多いようです。

今後も研究が続いていくと思いますので、徐々にコーヒーの健康に対する効果の是非が明らかになってくることでしょう。

コーヒーダイエットは痩せられるの?

さて、コーヒーの効果についていろいろとみてきましたが、ではコーヒーダイエットをすることで、痩せることは可能なのでしょうか。これに関しては、「結局そうなの?」と言ってしまいそうなオチが用意されています。

・コーヒーを飲むだけでは痩せない

先ほど、コーヒーに含まれているカフェインには、脂肪細胞に入って、脂肪を燃焼させる酵素を活性化させる働きがあるという風に説明しました。

ただし、これに関して一言補足すると、脂肪が燃焼「しやすく」なるのであって、脂肪が燃焼するわけではないのです。脂肪が燃焼しやすくなったとしても、時間がたてばまた元通りです。

・運動をしなければ意味がない

芸能人でもコーヒーダイエットによって減量に成功したという人が何人もいますが、成功したというすべての人が、コーヒーダイエットと並行して運動もしています。

こうなってくると、コーヒーダイエットに痩せる効果があるのか、それとも運動によって痩せたのかが不明ということですよね。

コーヒーダイエットを効果的におこなう方法!

コーヒーの健康に与える効果に対する病院での研究結果が、いまいちどちらが正しいのか分からないように、コーヒーダイエットで痩せられるのかどうかも、いまいちよくわかりません。

ただし、脂肪燃焼がしやすくなる効果は期待できるようなので、その性質を利用してどうせなら効果的にダイエットしましょう。

・運動前の飲む

歌手の浜崎あゆみさんは、ストレスによって太りやすい体質らしく、一念発起してコーヒーダイエットを始めたそうです。

また、コーヒーダイエットによって脂肪が燃焼しやすい状態にし、その上で運動を怠らなかったことで、美しい体型を取り戻したということです。

・食事の後に飲む

食事をすると血糖値が上昇するので、身体に脂肪が蓄えられやすくなります。そこで、コーヒーを食後に飲むことで、脂肪を燃焼しやすい状態にします。その後で軽い運動や散歩をするとよいでしょう。

コーヒーダイエットをおこなう際の注意点!

コーヒーダイエットは、基本的にコーヒーを飲んで運動をするというシンプルなダイエット法です。ただし、コーヒーを飲む際には砂糖を入れずにブラックで飲むようにしましょう。

また、コーヒーの飲みすぎは体に悪影響を与えることもあるので、1日に5杯までにしておきましょう。寝る前に飲むのもやめた方がいいですよ。

飲むだけで痩せるダイエット法なんてない!

コーヒーダイエットの真実について!痩せられる?身体に悪い?どっちなの!?のまとめ

今回は全体に歯切れの悪い記事になりましたが、それは筆者の力量ではなく、コーヒーの効果に対する意見が医師や専門家の間でも割れているからです(…と開き直った)。まあ、コーヒーはもともと嗜好品ですから、飲んでリラックスできるだけでも健康的なのではないでしょうか。

スポンサーリンク