カロリー制限ダイエットならトマトスープがおすすめ!その効果とやり方をご紹介!


トマトスープの効果ややり方をご紹介!ダイエットをする際の条件の一つが、摂取カロリーを制限することですよね。そんなときにおすすめなのがトマトスープです。ダイエットは健康と美容のためにおこなうものですから、カロリー制限の仕方も考える必要があります。では、トマトスープダイエットがなぜおすすめなのでしょうか。

スポンサーリンク

トマトスープがなぜダイエットに有効なの?

トマトスープを用いたカロリー制限ダイエットのやり方について述べる前に、まずはトマトスープにはどのような特徴があるのかについて紹介したいと思います。

・脂肪燃焼系スープダイエット

トマトスープダイエットは冒頭でも述べましたように「脂肪燃焼系スープダイエット」と呼ばれています。とはいうものの、飲めば脂肪が燃焼するという訳ではなく、脂肪が燃焼しやすい体質へと転換するというのが本当のところです。

トマトスープダイエットで用いられるトマトスープには、トマト以外にも栄養価の高い野菜がたくさん入っており、ビタミンやミネラルの宝庫となっています。

特に、ビタミンB群には脂肪を燃焼させる働きがあるため、トマトスープダイエットが脂肪燃焼系スープダイエットと呼ばれる訳なのです。

・7日間のプログラムを実践!

トマトスープを用いたカロリー制限ダイエットは単にトマトスープだけを飲むのではなく、トマトスープ+αで行うダイエット法となっています。

そして、7日間に渡って決められた食品と共に摂取することによって、そのダイエット効果を高めることが可能となっています。

ただ、プログラムをきっちり守ろうとすると、結構しんどいかもしれません。でも、プログラムを見て最初から無理だとあきらめないで下さい。

完璧にできないとしても、トマトスープを飲むこと自体は必ずダイエットにつなげることが可能です。その方法も教えますのでご期待くださいね。

トマトスープの作り方

では早速ですが、トマトスープを用いたカロリー制限ダイエットで用いられるトマトスープの作り方について紹介したいと思います。家にあるあり合わせの野菜でも構わないのですが、一般的には以下のようなレシピが主流となっています。

<材料>

大きめの玉ねぎ3個、キャベツ1/2、セロリ1本、ニンジン1本、ピーマンかパプリカ1個、トマト缶全量、水2~3リットル、コンソメキューブ1個

作り方はとても簡単で、材料を適当な大きさにカットして鍋に入れ、水とコンソメキューブを入れて煮込むだけです。圧力鍋があればあっという間にできますよ。

トマトスープを用いたカロリー制限ダイエット・実践編

トマトスープを用いたカロリー制限ダイエットは7日間のプログラム形式で行うのが主流となっています。もっと緩いやり方もあるのですが、それについては後ほど紹介したいと思います。基本的にトマトスープ+αの形になるので、「+α」の食品を挙げていきます。

・1日目…バナナ以外の果物

・2日目…豆類・コーン・アボカド以外の野菜

・3日目…イモ類以外の野菜と果物

・4日目…バナナ(3本以内)

・5日目…350gから700gまでの肉(鶏の皮は除く)とトマト(6個以内)

・6日目…牛肉(好きなだけ)

・7日目…玄米と野菜

1日目から4日目はトマトスープを好きなだけ、5日目以降は最低1杯はトマトスープを飲むようにしましょう。ちなみに、トマトスープのカロリーはというと、仮に2リットル飲んだとしても400キロカロリー程度です。

プログラム全体を通して見て、どこがきついと感じるかは人それぞれだと思います。最初の4日間は動物性たんぱくが摂取出来ないので、それが辛いと感じるかもしれません。

また、人によっては、5日目に結構な量のお肉を食べるのがきついと思うかもしれません。

トマトスープに入っているセロリが苦手だという方や、ピーマンが苦手という方もいらっしゃるでしょう。でも「1週間の辛抱」だと思って頑張ってみてください。結果は必ずついてきますよ。

トマトスープを用いたカロリー制限ダイエットの効果と効能

トマトスープダイエットを行った場合、どのような効果や効能が期待できるのでしょうか。それぞれの食材に意味があることが分かると思いますよ。

・便秘解消効果

女性の悩みの一つでもある便秘ですが、トマトスープに含まれる野菜は食物繊維が豊富なため、便秘解消にもってこいです。お腹がすっきりすれば減量にもつながるという訳です。

・アンチエイジング

トマトやピーマン、キャベツには抗酸化作用があるため、アンチエイジングにも有効です。身体のデトックスを行うことで、美肌効果も期待できますよ。ちなみに、トマトに含まれるリコピンには、ビタミンEの数十倍の抗酸化作用があるということです。

トマトスープを用いたカロリー制限ダイエットの注意点

トマトスープを用いたカロリー制限ダイエットを行う上で、いくつか必ず守ってほしい注意点があります。以下のことに注意しながらプログラムを実践して下さいね。

・アルコールは控える

アルコールを摂取してしまうと、脂肪燃焼効果が低下してしまうので避けるようにして下さい。もしお酒を飲んでしまったら、24時間あけてから再チャレンジしましょう。

・甘味料の入った飲料は避けましょう

トマトスープを用いたカロリー制限ダイエットを行っている間は、基本的に水かお茶のみで過ごすようにしましょう。清涼飲料水はNGです。

・食事の際にはまずトマトスープから!

食事のときにまずトマトスープから食べるのが、このプログラムの「ミソ」です。5日目以降の食事の際にも、まずはじめにトマトスープを飲むようにして下さい。それによって急激な血糖値の上昇を抑え、脂肪がつきにくくなります。

プログラムが辛いというあなたへ

トマトスープを用いたカロリー制限ダイエットは、基本的にこれまで述べてきたやり方が主流となっています。そして、1週間実践すれば必ず効果が出ることが分かっています。なぜなら、このプログラムはもともと、病院で行われる食事療法プログラムでもあるからです。

ただ、そこまでストイックに続けるのはちょっとしんどいというのも人情というものですよね。そんな方は、もう少し緩めに行ってみてはいかがでしょうか。

・置き換えダイエットと組み合わせる

置き換えダイエットとは、食事の内容をその他のものに置き換えるダイエット法のことを言います。良く行われる方法は、朝ごはんを果物や野菜で作ったスムージーに置き換える方法ですが、それをトマトスープで行うのも有効です。

1週間のプログラムで行うほどの劇的な変化は見られないかもしれませんが、朝トマトスープを飲むことはダイエットにとっても有効です。長い間続けることで、少しずつ成果が現れてくると思いますよ。

・食べやすくアレンジする

トマトスープを用いたカロリー制限ダイエットをする際に作るトマトスープには、セロリやピーマンなど、大人になっても苦手という方が多い食材が含まれています。

そこで、飲みやすくするために日本人が大好きなあの調味料を使ってはいかがでしょうか。

その調味料とは、ずばり「カレー粉」です。カレー粉を入れてあげると、そのスパイシーな香りが食欲をそそり、セロリやピーマンの独特な風味を打ち消してくれますよ。

美味しく食べられるよう工夫しましょう

カロリー制限ダイエットならトマトスープがおすすめ!その効果とやり方をご紹介!のまとめ

トマトスープを用いたカロリー制限ダイエットについて紹介しましたが、いかがだったでしょうか。アレンジ法などもご紹介しましたが、最後にこの言葉を贈りたいと思います。「Appetite is good source」。なにはともあれ、お腹をすかせるのが最も美味しく食事ができる方法ということですね。そのためにも、適度に身体を動かすことも大事ですよ。

スポンサーリンク