おにぎりダイエットのやり方!ちょっとした工夫で痩せ効果がアップ!


おにぎりダイエットのやり方をご紹介!!おにぎりといえば日本人のソウルフードともいえる食べ物ですが、そんなおにぎりを用いたダイエットがあることをご存知でしたか?おにぎりといえばご飯、ご飯といえば太るというイメージがありますが、どのようにしてダイエットをするのでしょうか。

スポンサーリンク

おにぎりダイエットとは?

ダイエットには本当にいろいろな方法があるもので、おにぎりダイエットもその一つです。では、おにぎりダイエットとはどのようなダイエット法のことを言うのでしょうか。

・つんくさん考案のダイエット法

おにぎりダイエットはもともと、ミュージシャンでありプロデューサーでもあるつんくさんが考案したダイエット法として知られています。

つんくさんは健康やダイエットに関しても造詣が深く、それが昂じてダイエット法を生み出すにいたったそうです。

・制限食の一種

おにぎりダイエットは、おにぎりを食べるだけのダイエット法というわけではなくて、いくつかのルールがあります。一緒に食べた方がよいものと食べない方がよいものとがあるので、後ほど詳しく説明したいと思います。

・期間限定ダイエット

おにぎりダイエットはせいぜい3週間程度を目安におこなうダイエット法です。制限食はどうしても栄養バランスが偏るので、長期間続けると反対に身体の調子が悪くなってしまう可能性もあるからです。

おにぎりダイエットの効果や特徴

・体重を減らす効果

おにぎりダイエットの目的は、ご飯を食べながらも体重を管理することにあります。それも、大幅な減量というわけではなくて、自分の体重の5%程度の減量を目的としています

・便秘解消効果

おにぎりダイエットのやり方は後で詳しく述べますが、その特徴の一つがタンパク質を摂取しないということです。私たちの食習慣は高度経済成長期以降、欧米化しているといわれています

脂分の多い食事やカロリーの高い食事を摂るようになったことから、腸の調子が悪化しやすいと考えられています。おにぎりダイエットをすることによって腸の機能が回復し、便秘の解消効果も期待できるということです。

・ストレスフリー

おにぎりダイエットの特徴の一つが、おにぎりを食べることによる満足感です。私たちの脳や体のエネルギー源となっているのは炭水化物です。

そのため、炭水化物を抜くダイエットをおこなった場合、脳への栄養が足りなくなって集中力が欠けがちになったりイライラしてしまったりします。また、人によっては低血糖の状態になり、ふらふらすることもあるでしょう。

食べるという行為は生命活動を維持するための本能のようなものなので、無理な食事制限は体調不良を引き起こしてしまう可能性があります。

また、仮に食事制限によって体重が減ったとしても、それは筋肉量までも減っていることに他なりません。筋肉量が減れば基礎代謝が低下するため、ダイエット前よりも太りやすい体質になってしまうのです。

その点、おにぎりダイエットの場合は日本人の主食であるお米を食べることができるので、ほかの食事制限ダイエットに比べるとはるかにストレスの少ないダイエット法だということができます。

おにぎりダイエットのやり方

それでは、おにぎりダイエットのやり方について見ていきましょう。ご飯が大好きだけどダイエットもしたいというあなたは要チェックですよ!

・ご飯は1日に2合から3合

おにぎりダイエットは、お餅や麺類などの原形をとどめていない炭水化物ではなく、米粒がちゃんと残っている状態のごはんを用いておこなうダイエット法です。やり方は簡単で、1日に2合程度のごはんを、3回から4回程度に分けて食べるというだけです。

・お肉や魚は食べない

おにぎりダイエットをおこなっている期間中は、お肉や魚といったタンパク質を摂取しないようにします。また、アルコールの摂取もダイエット効果を無くしてしまうので禁止となっています。

・おかずは野菜を中心に

おにぎりダイエットを行う際には、おかずを野菜やキノコなどにします。おみそ汁は飲んでもOKですが、具材はやはり野菜やキノコを使用することを心がけてください。

おにぎりダイエットの注意点

おにぎりダイエットは、おにぎりを数回に分けて野菜と一緒に食べるというだけの簡単なダイエット法ですが、それでもいくつかの注意点があるので、実際におにぎりダイエットをやってみようという方はチェックしてみてくださいね。

・油を摂らないように気を付ける

野菜を食べるときには、味付けをせずに生で食べるか、できるだけノンオイルのドレッシングを用いるようにしましょう。

・おにぎりの具はシンプルに

おにぎりダイエットをするときのおにぎりは、塩おにぎりでも構わないのですが、もし中に具を入れるときには昆布や梅干し、おかかといったシンプルでカロリーの低い具にしましょう。

コンビニで人気のツナマヨや明太子はカロリーが高いのでNGです。肉巻きなどはもってのほか。

・期間は3週間

おにぎりダイエットをおこなう期間は3週間を目安としてください。いくら欧米化した生活習慣を改善するためとはいえ、長期間にわたってタンパク質の摂取を制限するのは危険です。

なぜなら、私たちの身体はタンパク質(アミノ酸)からできているといっても過言ではないからです。

お肉や魚には必須アミノ酸を含んだ食品が多いので、3週間のおにぎりダイエット期間を終えたらタンパク質も摂るようにしましょう。

・体調が悪いときにはやらない

おにぎりダイエットに限ったことではありませんが、なんらかの栄養素を制限するダイエットは、体調不良を引き起こす可能性があります。あくまでもダイエットは美容と健康のためにおこなうものなので、身体が元気なときにおこなうようにしましょう。

おにぎりダイエットがおすすめの人

世の中にはいろいろな方法がありますが、おにぎりダイエットに関してはどのような人におすすめの方法と言えるのでしょうか。

・ご飯が好きな人

「ダイエットには興味があるけどご飯を食べないのはイヤ」「ご飯を食べられないのなら死んだ方がマシ」などというご飯偏愛者にとっては、おにぎりダイエットはおすすめの方法と言えます。

つんくさんによると、1日に食べていいご飯の量は最大で3合ということです。3合のご飯って、結構たくさんありますよね。それだけの量が食べられるのですから、ご飯好きにとってもストレスなくダイエットをすることができると思いますよ。

・大雑把な人

ご飯を食べるときにいちいちグラムを計ったりするのが面倒という方は、あらかじめ量を決めてご飯を炊いて、それを1日の食事回数で割るといった方法がおすすめです。

・タンパク質を摂りすぎている人

ご飯大好きの人にたいして、おかずが大好きという人もいますよね。ご飯はちょっとでいいけどおかずは何品も食べてしまうというような人も、デトックスという意味でおにぎりダイエットがおすすめです。

おにぎりダイエットの効果をアップする方法!

おにぎりダイエットをする時に、効果をアップさせる超簡単な方法があります。それは、おにぎりを温めないことです。ご飯は冷えると難消化性でんぷんへと変化するので、朝おにぎりを作ったら、お昼や夜に温めずに食べるようにしましょう。それによって身体に脂肪がつきにくくなりますよ。

美味しく食べて健康にダイエット!

おにぎりダイエットのやり方!ちょっとした工夫で痩せ効果がアップ!のまとめ

おにぎりダイエットの最大のメリットは、日本人の主食であるご飯が食べられるという点です。食べることは単に栄養を摂取する目的のみならず、楽しみの一つでもありますよね。ぜひおにぎりダイエットで健康的に痩せてくださいね。

スポンサーリンク