30代ダイエットは基礎代謝を意識して!壮年期におすすめのダイエット法をご紹介!


30代ダイエットは基礎代謝を意識することが大事です!30代になるといろいろと身体に変化が表れてくるものです。疲れがとれにくくなったり、前日のお酒が残ったり…。また、若いうちはいくら食べても太らなかったのに、30代になると体形の変化も悩ましいところですよね。今回の記事では、30代ダイエットに必要な考え方と、おすすめのダイエット法を紹介します。

スポンサーリンク

30代ダイエットってなに?

30代ダイエットは、体型の変化が気になる30代の人がおこなうダイエットのことを言います。体形が変化するタイミングは何度かあって、そのうちの最初の変化がだいたい30代に訪れます。

ダイエットとはそもそも健康と美容のために食事を規定することを言いますが、20代と同じように食べていると太りやすくなってくるのが30代の特徴です。

30代ダイエットをしっかりおこなっておかないと、次に訪れる40代に悪影響を及ぼします。未来の自分に投資するためにも、ぜひ30代ダイエットを始めましょう。

30代になるとなぜ太る?

若いころはいくら食べてもいくら飲んでも太らなかったのに、30代になったら急に太りだした、なんて方いらっしゃいますよね。なぜ、30代になると太りやすくなってしまうのでしょうか。

・基礎代謝量の減少

30代になると、10代や20代のころと比べると基礎代謝量が減少してきます。人によって多少のズレはありますが、だいたい20代の半ばをピークとして、基礎代謝量は減少していくことが分かっています。

基礎代謝とは、私たちが安静にしているときでも消費されるエネルギー(カロリーと言ってもいいでしょう)のことを言います。

具体的にあげると、呼吸をしたり頭を使ったり、体温調節をしたり食べたものを消化・吸収したりと、特に意識しなくても私たちはカロリーを消費しているのです。

基礎代謝の1日に占める消費カロリーの割合はおよそ60%といわれています。つまり、太ってしまう最大の原因は基礎代謝量の減少だということが可能なのです。

・胃腸の機能低下

胃腸は私たちが食べたものを消化したり吸収したりする器官ですが、年とともに内臓の機能が低下してくることによって、食べ物の消化・吸収能力が落ちてしまいます。

また、内臓の働きも基礎代謝に含まれているため、内臓の機能が低下してその働きが衰えてくることによって、基礎代謝量が減少して太りやすくなってしまうことも考えられます。

・運動不足

10代のころは部活をしていたり、部活をしていなくても体育の授業があったりと、何かと身体を動かす機会があるものです。ところが、20代になって就職したりすると、多くの方が運動をする機会を失ってしまいます。

それでも20代のころはまだ基礎代謝が活発だからいいのですが、30代を迎えて運動をする習慣がないと、太りやすくなってしまうという訳です。

・筋力の低下

基礎代謝は1日に消費するカロリーのうちの60%を占めるということでした。そして、基礎代謝のうちの20%を、筋肉の活動が占めています。そのため、筋力が低下すると基礎代謝量も減少してしまい、太りやすくなってしまうのです

・妊娠や出産

女性の場合は30代になって妊娠や出産を経験すると、それがきっかけとなって太ってしまうことがあります。妊娠中に増えた体重が戻らなくなったり、子育てに忙殺されて体型を気にしていられなかったりといったことがその理由となります。

30代ダイエットで意識すべきは実質代謝

ダイエットをするとなると、必ずと言っていいほど聞かれるのが代謝という言葉です。ところが、代謝に関してちゃんと理解している人は意外と少ないものです。

無駄な時間とお金を使うことにつながりかねないので、まずは代謝についてしっかりと理解しておきましょう。

・30代ダイエットに必要なのは実質代謝

30代ダイエットをするときには実質代謝を意識するようにしましょう。実質代謝とはあまり耳馴染みのない言葉かも知れませんが、基礎代謝に日々の生活で身体を動かすことによって生じた消費カロリーをプラスしたもののことを言います。

身体を動かすということには、運動はもちろんですが、たとえば布団の上げ下げをしたり、お風呂を掃除したり、掃除機をかけたりといったことも含まれます。

・エステでは痩せられません!

エステやマッサージ店などの宣伝やホームページを見ると、脂肪を揉みほぐすことでリンパ流したり、筋肉を揉みほぐすことで代謝をアップさせたりといったことが書かれていたりします。

ただ、エステやマッサージで筋肉を揉みほぐしてアップするのは、基礎代謝や実質代謝ではなく新陳代謝です。血行がよくなることによって新陳代謝が上がれば、美肌効果や冷え症改善効果が得られることは期待できるでしょう。

ただ、いくら筋肉をほぐそうが脂肪をこねくり回そうが、基礎代謝や実質代謝が上がることはありません。エステやマッサージのリラクゼーション効果まで否定するつもりは毛頭ありませんが、目的に即したダイエット法を選ぶべきでしょう。

30代ダイエットにおすすめのダイエット法とは?

以上見てきましたように、30代ダイエットをする場合には実質代謝を上げることが特に重要となります。そのためには食事制限と運動が必要となります。特に30代におすすめのダイエット法をご紹介します。

・糖質制限ダイエット

糖質制限ダイエットは、現在特に食事制限をおこなっていない人であれば、確実に体重の3%から5%は落とすことが可能なダイエット法です。

なぜなら、もともと糖質制限ダイエットは医師によって考えられたダイエット法だからです。初めは糖尿病患者さんの食餌療法(食事療法)として用いられていたのですが、最近では一般でもダイエット法として注目されています。

糖質制限ダイエットのやり方はとても簡単で、1日に摂取する糖質量を70gから130gに制限することです。現代人は平均して1日に300g程度の糖質を摂取しているそうなので、だいたい3分の1から4分の1程度に減らす計算になります。

ただし、いきなり糖質をまったく摂らないなど極端なダイエットをしないようにしてください。糖質は脳のエネルギー源でもあるので、必要最低限度は摂取しないと、集中力が低下したり、イライラしたりすることとなります。

また、ご飯はエネルギー源といわれることからも分かるように、糖質(炭水化物)を一切抜いてしまうと、身体の力が出ないばかりか、下手をするとフラフラになってしまいます。

もともと太っているような人は、平均値以上に糖質をとっていることと思います。まずはおやつを食べる習慣をやめたり、ご飯の量を半分にしたりすることから始めるといいでしょう。

・筋力をつける(維持する)

30代ダイエットをする際には、筋肉をつけること、もしくは筋力を維持することが重要です。ダイエットというと食事制限をイメージされることが多いかもしれませんが、食事制限だけのダイエットはほぼ失敗に終わります。

なぜなら、食事制限のみでダイエットをおこなうと、体重も落ちますが筋肉も落ちるからです。筋肉が落ちると基礎代謝量が減少するので、痩せたはいいものの、かえって太りやすい体質になってしまいます。

とうはいうものの、筋肉をつけるのはアスリートでも大変な作業なので、せめて筋力が低下しないように現状維持を図りましょう。

30代ダイエットにはちょっとした工夫も必要

30代ダイエットは基礎代謝を意識して!壮年期におすすめのダイエット法をご紹介!のまとめ

30代というと仕事に育児に忙しい年代ですよね。ついつい自分のことは疎かにしてしまいがちですが、30代をどのように過ごすかで中年期以降の体型が決まってしまいます。日頃からなるべく階段を使うようにするなど、日常生活の中でちょっとした工夫をしてくださいね。

スポンサーリンク