1ヶ月ダイエットでどれくらい痩せられる?おすすめのダイエット法もご紹介!


1ヶ月ダイエットでどれくらい痩せられるのでしょうか?ダイエットをするときの一つの区切りが1ヶ月という期間ですが、では1ヶ月あればどれくらい痩せられるのでしょう。また、リバウンドをしないためには、どれくらいの体重減にとどめた方がよいのでしょう。1ヶ月ダイエットにおすすめのダイエット法とあわせて紹介したいと思います。

スポンサーリンク

1ヶ月ダイエットとは?

1ヶ月ダイエットはその名の通り、1ヶ月間で体重の減少を目指すダイエット法のことを言います。「来月の結婚式までにやせなければいけない」とか「夏までにもうちょっとだけ減量したい」というときなどによくおこなわれます。

1ヶ月ダイエットをおこなうメリットは?

1ヶ月ダイエットをおこなう最大の目的は体重を減らすことですが、1ヶ月と期間を限定することによるメリットとしては、どのようなことがあげられるのでしょうか。

・モチベーションを持続する

ダイエットをする期間の設定は基本的に自由ですが、極端な話、永久にダイエットをしなければならないとなると、とてもではありませんがモチベーションが持続しませんよね。

「1ヶ月」と期間を区切ることにより、モチベーションを持続させることが可能となります。

・成果を確認しやすい

1ヶ月というのは、生活をする上での一つの区切りであることから、過去のある期間との比較に用いられやすいということがあります。

1週間程度の体重変動であれば誤差である可能性もありますが、1ヶ月という単位でみた場合、それはダイエットの成果であると言えるでしょう。

体重計に乗ってガッツポーズをしている女性

1ヶ月ダイエットではどれくらい痩せることができるの?

1ヶ月ダイエットをおこなうと、最大でどれくらい痩せることが可能なのでしょうか。これに関しては人それぞれというしかありません。

たとえば、体重が50lgの人と体重が100kgの人とを比べたりすれば容易に分かることだと思います。体重が100kgの人が10kg痩せるのと、体重が50kgの人が10kg痩せるのとではずいぶん意味合いが異なりますからね。

どれくらい痩せられるのかの目安として一つ上げるとするならビヨンセは、レモネードを用いたダイエットによって、わずか10日間で9kgの減量に成功したということです。

日本人とは筋肉の質や量も違うので、あくまでも参考程度にしかなりませんが。

1ヶ月ダイエットで落とす体重はどれくらいが適正?

1ヶ月ダイエットをおこなう場合、もちろんもともとの体重にもよりますが、やり方や気合いによってはそれこそ10kg減量することも可能だと思います。

ただ、無理なダイエットには必ず代償をともないます。たとえば、食事制限のみをおこなって10kgの減量をおこなったとしたら、体脂肪だけでなく筋力も必ず低下しています。

筋肉は基礎代謝にかかわってきますので、体重は落としたものの、筋肉が減少することで基礎代謝が低下し、結果として太りやすい体質になってしまいます。これがリバウンドをしてしまうメカニズムなのです。

1ヶ月ダイエットで減量をする際の目安は、自分の体重の3%から5%といったところではないかと思われます。体重が50kgなら、1ヶ月に1.5kgから2.5kgということになります。

これくらいなら無理もなくて、リバウンドの危険性も低いでしょう。

おすすめの1ヶ月ダイエットその1・糖質制限

1ヶ月ダイエットをする際におすすめの方法の一つが、糖質の摂取を制限することによるダイエットです。太り気味のほぼすべての方に効果があるのではないかと思われます。

・糖質制限ダイエットで痩せる仕組み

糖質制限でなぜ痩せることができるかというと、糖質の摂取が脂肪を蓄えることにつながるからです。糖質は体内で分解されて身体のエネルギーとなります。

分解をするのは膵臓から分泌されるインスリンの働きによるのですが、糖質の量が多かったり、血糖値が急に上がったりすると、インスリンの分解が追い付かず、脂肪として蓄えられてしまうからです。

このことから、糖質を制限すると効果的にダイエットをすることか可能だと言えるのです。

・糖質をどれくらい制限するの?

平均的な日本人の場合、1日におよそ300g程度の糖質を摂取しているということです。太り気味の人の場合は、もう少し多いかもしれません。

そもそも糖質制限ダイエットは、糖尿病を専門にしている医師によって考え出された食事療法であり、そこでは1日の糖質摂取を70gから150gまでに制限することを目標としています。

平均のおよそ3分の1から4分の1程度の糖質摂取量になるので、確実にダイエット効果が期待できるということです。

・糖質制限ダイエットをする際の注意点

糖質制限ダイエットは医師によって考えらされた食事療法なので、効果の方は折り紙つきです。ただ、いきなり糖質を極端に減らすのも考え物です。

というのは、脳のエネルギーは糖質によって賄われているため、急に摂取量を減らすと集中力が低下したり、些細なことにイライラしたりといったことになりかねません。

もともと太っているような人は、平均300gを上回っている可能性が高いので、まずは300gを着ることを目指しましょう。それほど太っていない人は、体調変化に気をつけながら徐々に糖質を減らしていきましょう。

おすすめの1ヶダイエットその2・スクワットチャレンジ

1ヶ月ダイエットで特に下半身痩せやヒップアップ、おなか痩せなどの効果を得たいという場合には、スクワットチャレンジがおすすめです。

・スクワットチャレンジとは

少し前、アメリカで1ヶ月スクワットチャレンジというダイエット法がはやりました。日本でも下半身痩せに効果的だということで、マスコミなどで取り上げられたことをご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

スクワットは「キング・オブ・エクササイズ」といわれるように、非常にダイエット効果の高いエクササイズとなっています。1ヶ月間でそれこそ文字通り「目に見えて」ダイエット効果が実感できると思いますよ。

・スクワットチャレンジのやり方

スクワットチャレンジは、初日に50回、2日目に55回といった具合に、3勤1休で徐々に回数を増やしていくダイエット法です。1休したあとには20回増やします。

スクワットチャレンジをおこなう際には、先のことを考えてはいけません。「今日は何回やって、明日は何回やって」と考える程度にしておきましょう。最初から30日目にやる回数を知ってしまうと、テンションが下がってしまうことでしょう。

おすすめ1ヶ月ダイエットその3・懸垂ダイエット

1ヶ月あるのなら、上半身や二の腕のダイエットをしていてはいかがでしょうか。特に、デスクワークなど長時間の座り仕事をしているような人には、肩こり解消効果もあっていいですよ。

・懸垂ダイエットの効果

懸垂というと腕の力を用いておこなうようなイメージがあるかもしれませんが、実際には腕だけでなく、僧帽筋や広背筋、腹筋などに効率よく刺激を与えられるエクササイズとなっています。

そのため、懸垂をしていても腕がムキムキになるようなことはなく、むしろウェストがしまっていったり、二の腕がしまって言ったりという効果が期待できます。

・懸垂ダイエットのやり方

懸垂ダイエットのやり方は単にバーにぶら下がって身体を持ち上げるだけです。だけなのですが、最初は1回持ち上げるのもしんどいかもしれません。

そのようなときには、グリップを逆手’(手の甲が向こう側)にしておこなうとよいでしょう。慣れてくるとだんだん回数をこなせるようになってきますよ。普段使わない筋肉を刺激するため、効果的に上半身ダイエットをすることが可能です。

1ヶ月続けたら1年続けられます!

1ヶ月ダイエットでどれくらい痩せられる?おすすめのダイエット法もご紹介!のまとめ

今回は、1ヶ月ダイエットについて特集しました。もし、1ヶ月ダイエットをやりきることができたら、きっと1年でも継続することが可能だと思いますよ。あまり先を見すぎずに、目の前の課題を一つずつこなしていきましょう。

スポンサーリンク