酵母ダイエットで痩せられる?酵素との違いはなに?


酵母ダイエットは最近話題になっているダイエット法の一つです。酵素と間違えてしまいそうですが、酵素ではなく「酵母」です。なぜ最近になって注目されることが増えたのでしょうか。今回は酵母ダイエットについての考察と、ダイエット産業の裏側にも迫りたいと思います。

スポンサーリンク

酵母ダイエットってどんなダイエット法?

酵母ダイエットとは、日常の食生活に上手に酵母を取り入れることによって、痩せることを目的としたダイエット法となっています。

酵母ってなに?

酵母については中学校や高校で習ったことがあるかもしれませんが、大人になるとたいていの方が忘れているのではないでしょうか。酵母ダイエットの効果について知るためには、まず酵母がどのようなものかについて知っておくことが重要です。

真菌類の総称

酵母は英語でイーストと呼ばれており、広義では真菌類の総称、狭義ではパンなどを作る時に使われる出芽酵母の一種を指すということです。

酵母と酵素との違い

酵母は生物

酵母とよく混同されるものとして酵素の存在があげられます。

酵母とは、真菌類に含まれる微生物の一種であり、つまり生物です。一方、酵素は体内で起こる化学反応の触媒となるたんぱく質であり、生物ではありません。

酵「母」という文字から、酵母から酵素が生み出されるような誤解をされることがよくありますが、実際には酵母が酵素を生み出すようなことはありません。酵素は必要に応じて体内で合成されるものです。

発酵をひき起こす

酵母はパンを作ったりビールを作ったりするときに用いられますが、それは酵母の持つ発酵という力を利用してのことです。発酵は、食品の糖質を分解することによって起こります。

つまり、糖質の含まれているものであれば、なんでも発酵させることが可能という訳なのです。

梅酒を作る時に、梅と砂糖と焼酎などのお酒を入れますが、その際にも梅に含まれている糖質が分解されることによって、アルコールを生み出すという訳なのです。

また発酵食品として日本の伝統的な調味料の一つである味噌も、もちろんアルコール発酵を行います。

▼酵素についてさらに詳しくは以下もご覧ください。

酵素ダイエットのウソ?ホント!?情報化社会の波に溺れないで!

酵母の歴史

酵母の歴史はとても古いことが分かっています。それは世界各地で昔からお酒が作られていたからです。

お酒を造る際には発酵という過程をともなうことになるのですが、酵母という存在は知られていなくても、発酵によってアルコールが生み出されることは経験則で分かっていたんですね。

たとえばワインは今をさかのぼることなんと8000年も前に、ワインが作られていたことが分かっているそうです。ビールの歴史もまた古く、今から6000年以上も前のシュメール人が、ビールの製造法を楔形文字によって書きとめているということです。

実際に酵母と言うものの存在が発見されるには、顕微鏡の誕生を待つ必要があります。そして世界で初めて酵母の存在を確認したのは、オランダの科学者であり商人でもあった、アントーニ・ファン・レーベンフックだといわれています。

レーベンフックは専門的な教育を受けていなかったにもかかわらず、自作の顕微鏡で数々の微生物を発見したことから「微生物学の父」とも呼ばれています

その後、ルイ・パスツールによって、酵母が発酵の元となることを証明したということです。

スポンサーリンク

酵母ダイエットでなぜ痩せられるの?

ダイエットにはいろいろな方法がありますが、なぜ酵母ダイエットで痩せることが可能なのでしょうか。

最近になって酵母ダイエットが注目されているのには、以下の理由があります。

酵母によってお腹がいっぱいになる

酵母ダイエットによって痩せることができるという根拠としては、酵母が体内で水分を吸収して膨らむことによって、満腹感が得られるということがあげられています。

そのため、食欲がどうしても抑えられない人や食べることが大好きな人、運動が苦手な人などにとてお奨めのダイエット法とされています。

酵母によって糖質が分解される

酵母は糖質を分解することによって、発酵という現象を引き起こすことが分かっています。

そこで、酵母の持つ糖質分解能力に注目したのが、酵母ダイエットと言う訳です。

太ってしまうメカニズム

私たちが太ってしまうのは、かつてはカロリーの摂りすぎ、要するに食べすぎが原因とされてきました。ところが、近年の研究結果により、太ってしまう原因はむしろ糖質にあることが分かってきているのです

私たちが糖質を摂取すると、すい臓のランゲルハンス島という器官からインスリンが分泌されます。インスリンには糖質を分解する働きがありますが、それによって身体や脳のエネルギーに変えてくれるのです。

ところが、糖質を摂取しすぎたり、食事の際に血糖値が急激に上昇したりすると、インスリンの分解能力が追い付かなくなってしまいます。

インスリンによって分解しきれなかった糖質は、緊急時に使うための予備のバッテリーとして、体細胞内にとどめ置かれることとなります。これが脂肪のたまる仕組みであり、太ってしまうメカニズムという訳なのです。

酵母ダイエットの主旨

そこで、酵母の持つ糖質分解能力に注目し、食事と一緒に酵母を摂取ることによって糖質の分解を促し、結果として脂肪を付きにくくするというのが酵母ダイエットの主旨というわけなのです。

そのことから、酵母ダイエットは甘いものがどうしてもやめられないという人や、ご飯やパン、麺類といった炭水化物が好きな人にとってお奨めのダイエット法とされているのです。

酵母ダイエットで痩せることは可能なの?

世の中にはダイエット法がいろいろありますが、皆さんの関心は痩せられる仕組みではなくて、痩せることができるのかどうかということだと思います。酵母ダイエットについてはどうなのでしょうか。

エビデンスはない

残念ながら酵母ダイエットで痩せられるのかどうかと言うことに関しては、エビデンス(医学的根拠)に欠けているといわざるを得ません。

そもそも、酵母によって発酵が起こり、アルコールが発生するのは無酸素条件下での酵母の呼吸であることが分かっています。ただし、酸素がある状況下ではアルコールが発生せず、酵母が成長するだけだということです

パンを作ったことのある人であれば、パンが発酵するときにアルコールのニオイを発することをご存知の方もいらっしゃるのではないでしょうか。なぜなら、無酸素下で酵母が発酵する際には、アルコールと二酸化炭素を発生するからです。

二酸化炭素の発生によってパンが膨らむ訳ですが、その際に微量のアルコールも産生されます。

ただ、焼いてしまえば蒸発してしまうので、通常パンを食べても酔っ払うようなことはありません。

では、体内で発酵が起こったら、身体の中にアルコールが生じるのでしょうか。これに関しては、実際にビール酵母に感染することによって腸内でアルコールが発生したという事例があるそうです。

ただ、現在ダイエット食品として販売されている酵母を飲んだからと言って、そのようなことが起こるケースは見られないようです。反対に言うと、酵母は有効に働いているのかも不明だということです。

上をみて考える女性

酵母ダイエットだけで痩せているのかは不明

酵母ダイエットも酵素ダイエットもその他のダイエット法もそうですが、芸能人が○kg痩せたとか、モデルの○○も愛用しているなどというと、とたんに売れ行きが上がることとなります。

ただ、芸能人やモデルさんは仕事としておこなっているわけであり、ダイエット食品だけで痩せているという証拠はどこにもありません。

もしあなたがモデルさんだったとして、ダイエット企画を持ち込まれ、痩せないという結果に終わらせることはできるでしょうか。何としても痩せるのではないでしょうか。

酵母ダイエットに関してもそうで、仮にモデルさんや芸能人が「酵母ダイエットで痩せました!」などと言っていても、酵母ダイエットだけで痩せたという保証はどこにもないのです。

酵母ダイエットで痩せられる?酵素との違いはなに?のまとめ

酵母ダイエットにはたくさんの痩せたという口コミがありますが、この手の口コミの信憑性が低いことは今さら言うまでもないことだと思います。ダイエットをする際に糖質制限をするのは有効ですが、酵母によって分解が起こるのかは不明といわざるを得ないようです。

関連コンテンツ