血糖値ダイエットで簡単にシェイプアップ!食べることが好きな人にも!


血糖値ダイエットというのを聞いたことがあるでしょうか。近年になって、血糖値と太ってしまう事との因果関係が明らかになってきたことから、血糖値ダイエットという方法が編み出されることとなりました。やり方はいくつかあるので、あなたにあった方法を選択してダイエットに臨んでくださいね。

スポンサーリンク

血糖値ダイエットってなに?

血糖値ダイエットとは、簡単に言うと血糖値が急激に上がらないようにしたり、糖質を摂りすぎないようにすることによって、体重を減らしたり管理したりするダイエット法のことをいいます。

これまで、ダイエットをするときにはカロリー計算がもっとも重要だと考えられていましたが、実はダイエットをするときにはカロリー計算よりも、血糖値をコントロールすることの方が重要だと考えられるようになってきているのです

血糖値ダイエットで痩せられる仕組み

血糖値ダイエットをおこなうと、なぜ痩せることが可能なのでしょうか。カロリー制限によるダイエットにあまり意味がないこととあわせて紹介していきたいと思います。

インスリンの分泌を抑制する

血糖値ダイエットをおこなうときには、糖質の過剰な摂取を控えたり、血糖値が急激に上昇しないことを意識した食事をおこなったりすることがカギとなります。

私たちが糖質を摂取すると、膵臓にあるランゲルハンス島と呼ばれる場所からインスリンが分泌されます。インスリンは糖質を分解して、脳や身体が活動するためのエネルギーに転換してくれます。

そのため、ご飯などの炭水化物(糖質)は、私たちの身体にとってエネルギー源だと言われているのです。ただ、糖質の摂取量が過剰であったり、血糖値の上がり方が急だったりすると、インスリンの分解能力が追い付かなくなってしまいます。

インスリンによって分解しきれなかった糖質は、緊急時のエネルギー源として細胞内に蓄えられることとなるのですが、これが、脂肪がついてしまうメカニズムということなのです。

血糖値ダイエットは、糖質を制限したり、急激な血糖値の上昇をおさえるような食事の仕方をしたりすることによって、インスリンの分泌を抑え、結果として太りにくくすることを目的としているのです。

カロリー神話の崩壊

食べ物のカロリー表

血糖値ダイエットが隆盛となってきている背景の一つとして、俗にいうところの「カロリー神話」が崩壊しつつあるといった事情があげられます。

カロリー神話とは、摂取カロリーが消費カロリーを下回れば痩せられるというもので、近年になるまでそのことはあたり前のこととして受け止められていました。

そのため、ダイエットをするときに食事のカロリーを減らすことに躍起となり、結果として大量のダイエット失敗者を生むこととなったのです。

なぜなら、食事制限のみによるダイエットをおこなった場合、体重は確かに減るかもしれませんが、筋肉量も低下することとなります。

筋肉量が低下してしまうと、基礎代謝量が減少するため、結果として太りやすい体質になってしまいます。ダイエットをすればするほど太りやすくなってしまうとしたら悲劇ですよね。

そもそも、カロリーとは1883年に、ドイツ人の医師であるマックス・ブルナーによって考え出された概念です。そして、その計算法は発明当初からそれほど変わっていません。

ある食品のカロリーを計算するためには、まずその食品(仮に食品Aとします)を、空気中で燃やすときに必要な熱量(カロリー)を計算します。これを[1]とします。

次に、食品Aを食べることによって出される排泄物を空気中で燃やすときに必要な熱量を調べます。これを[2]とします。

食品Aのカロリーは、[1]から[2]を引いた数値だということです。ところが、ちょっと身体の仕組みについて知っている方ならお分かりのことと思いますが、この計算式には明らかにおかしいところがあります。

まず、なぜ空気中で食品を燃やすときのカロリーを求める必要があるのでしょうか。体内で起こる燃焼は、空気中で起こる燃焼とは異なりますよね。

こういったことから考えても分かるように、カロリー神話はその黎明期から問題を抱えていたわけです。最近では医師の中にも、カロリーは気にしなくてもいいという人が出てきています

スポンサーリンク

血糖値ダイエットをするメリットとは?

血糖値ダイエットの詳しいやり方については後ほど説明するとして、まずは数あるダイエット法の中から、血糖値ダイエットを選ぶことにはどのようなメリットがあるのかについて見てきたいと思います。

食事の量を調整しやすい

従来のダイエット法はというと、摂取カロリーと消費カロリーのバランスを考えて食事メニューを組み立てる必要がありました。ところが、血糖値ダイエットの場合は基本的にそのような必要がありません。

計算しなければならないのは糖質の量だけなので、従来のダイエットをおこなった場合と比べると、食事の量を調整しやすいというメリットがあります

ストレスがたまりにくい

従来のカロリー制限ダイエットの場合、食欲を抑えなければならないという大問題がありました。食欲は人間の三大欲求の一つでもあり、それを無理に抑えるというのは心身ともに多大なストレスとなります。

血糖値ダイエットの場合は、食べる量を減らすような必要がないため、比較的ストレスがたまりにくいダイエットであるというメリットもあります

血糖値ダイエットのやり方

それでは血糖値ダイエットのやり方について見ていきたいと思います。大きく分けると2つのやり方に分類されます。

糖質の摂取量を減らす

血糖値ダイエットのひとつめのやり方は、物理的に糖質の摂取量を減らすと言うものです。それによって、インスリンの分泌を抑え、脂肪がたまりにくくなることが期待できるのです。

脂肪がついてしまう直接の原因は、過剰な糖質を摂取してしまうことなので、そのもとを断つということが重要となるのです。

糖質の摂取量を減らせば脂肪がついてしまう可能性が減少しますし、血中の糖分が減少すれば、現在身体にため込んでいる脂肪分も燃焼されやすくなってくるのです。

血糖値の上昇を抑える

脂肪がついてしまうもう一つの原因は、血糖値が急上昇してしまうことでした。そのため、血糖値の上昇を緩やかにすることがダイエット成功のカギとなります

血糖値の上昇を緩やかにするもっとも簡単な方法は、食事の最初に野菜を食べることです。野菜に含まれている食物繊維によって、糖質の吸収を緩やかにすることが可能となります。

また、食物繊維には不溶性の食物繊維と水溶性の食物繊維がありますが、水溶性の食物繊維は体内で水分の溶けることで粘性を持ち、脂肪が腸管に吸収されるのを防いでくれると言うことです。

さらにダイエット効果を高めたければ、食事の30分前に野菜を食べるようにするとよいでしょう。そうすることで満腹中枢が刺激されやすくなり、食事全体の量を減らすことも可能となります。

▼食べることが好きな方におすすめの食材についてはこちら↓

ダイエットに良い食べ物ってあるの?食べるのが好きな人におすすめの食品とは?

血糖値ダイエットで簡単にシェイプアップ!食べることが好きな人にも!のまとめ

血糖値ダイエットの効果や簡単な実践方法などをご紹介しました。血糖値ダイエットをおこなう際には、実際に血糖値を測るような必要はありません。ですが糖質の摂取量を減らすと、体重減が実感できると思います。もちろん、適度に身体を動かすことも忘れないようにしてくださいね。

関連コンテンツ