レタスダイエットで健康的に痩せよう!意外に豊富な栄養素


レタスダイエットは食習慣にレタスを取り入れ、痩せることを目的としています。レタスというと水分ばかりを含んでいて栄養素があるのか疑問に思う方もいるかもしれません。確かにレタスの95%は水分で出来ています。しかし、意外に多くの種類の栄養素を含んでいるんです。今回はレタスダイエットのやり方と、さらに効果を上げるその方法をご紹介します。

スポンサーリンク

レタスダイエットってどんなダイエット法?

レタスダイエットは、日々の食習慣にレタスを上手に取り入れることによって、痩せるという目的を実現するためのダイエット法です

巷でよく見られる「○○ダイエット」の場合、食事の代わりにそのダイエット食品を食べるという方法があります。そして、そのようなダイエット法のことを置き換えダイエットと呼んでいます。

ただレタスの95%は水分であることから、置き換えダイエットのようなダイエット法を選択してしまうと、栄養不足となってしまうためおすすめできません。

日常の食生活にプラスしてレタスを上手に取り入れることが、レタスダイエットを成功させるために重要です

レタスってどんな食べもの?

レタスを食べたことがないという方はほとんどいないと思いますが、まずはレタスがどのような食物なのかについて説明します。

・緑葉色野菜

レタスはキク科アキノノゲシ属の緑葉色野菜です。

紛らわしいのですが、緑黄色野菜ではありません。和名はチシャやチサなどといわれているそうです。

・歴史

レタスの歴史はかなり古く、紀元前5000年紀、エジプトにおける旧石器時代の遺跡からは、レタスを描いた壁画が発見されているということです。

ヨーロッパでも地中海の沿岸部を中心として普及し、古代ギリシアや古代ローマでも紀元前から食用とされていたことが分かっています。また、食用だけでなく睡眠薬や催淫薬として用いられていたという記録もあるそうです。

7世紀になると中国にも伝わり、茎チシャと呼ばれるようになりました。日本には奈良時代に中国から多数の文物とともにレタスが伝えられたということですが、平安時代になると球状にならないカキヂシャと呼ばれるレタスの一種が食べられるようになったということです。

現在のような玉レタスが日本でも一般的になったのは、明治期以降だということです。ただ、明治期もレタスを好んで食べたというよりは、料理の彩りや飾り付けとして用いられていたそうです。

・用途

日本の家庭では、レタスを食べるときにはサラダとして食べることがもっとも一般的です。ただ、チャーハンの具材として用いたり、炒め物にして食べたりすることもあります。

中国ではレタスがいろいろな料理に用いられています。炒め物はもちろんのこと、レタスの中華風クリーム煮や、鍋料理の具材として用いられることもあるそうです。

スポンサーリンク

レタスダイエットによって得られる栄養素

レタスはそのほとんどが水分からできていますが、意外にも多くの栄養素を含んでいることが分かっています。では、どのような栄養素が含まれているのかについて見ていきましょう。

・β-カロテン

レタスに含まれている栄養素の一つとして、食物に多く含まれているのが特徴のβ-カロテンがあります。

β-カロテンはビタミンAの前駆体とよばれており、体内でビタミンA(レチノール)に変換されます

・ビタミン群

レタスにはビタミン6や、ビタミン12、ビタミンC、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンKなどさまざまなビタミンが含まれています。

・ミネラル

レタスにはナトリウムやカリウム、カルシウムやマグネシウム、セレンやリン、亜鉛や鉄分、マンガンなどといったミネラルも含まれています。

レタスダイエットによって得られる効果

ほとんどが水分ながらも、レタスにはたくさんの種類の栄養素が含まれていることを紹介しました。続いて、レタスの栄養素によってどのようなダイエット効果が得られるのか見ていきましょう。

・アンチエイジング効果

レタスに含まれているビタミンCやビタミンE、β-カロテンなどは強い抗酸化力を持つことで知られています。鉄が酸化すれば錆びるように、私たちの身体も酸化することで老化が進行してしまいます。

身体が酸化する要因としては、活性酸素の存在があげられています。活性酸素は体内のウィルスなどをやっつけてくれる働きもあるのですが、多くなりすぎると細胞を傷つけてしまうことが分かっています。

ビタミンCやビタミンE、β-カロテンなどはその抗酸化力によって、活性酸素を無力化してくれます。それによって、アンチエイジング効果が期待できるという訳なのです。

・便秘の解消効果

レタスはその95%が水分からできているということなので、レタスを食べること自体が水分補給となります

また、食物繊維を多く含んでいることから、便秘の解消効果も期待されています

・美肌効果

目をつぶり頬を触る女性

レタスに含まれている抗酸化力のある栄養素によって、お肌の酸化を防いで美肌効果が期待できます

また、β-カロテンには皮膚や粘膜の細胞を正常に保つ働きがあることから、こちらも美肌効果が期待できるということなのです。

ダイエットとは健康と美容を目的としておこなうことなので、レタスダイエットはまさにダイエット法として適切といえます。

レタスダイエットで痩せられる理由とは?

レタスダイエットをおこなうと、さまざまな栄養素をバランスよく摂取することができ、健康や美容にとって嬉しい効果も期待できます。

では続いて、レタスダイエットで痩せられる理由を見ていきましょう。

・満腹感を得やすい

野菜には一般的に食物繊維が多く含まれていますが、レタスも例外ではありません。食物繊維には保湿性が高いという特徴があり、体内で水分を吸収して膨張します。

食物繊維が胃で膨張すれば、満腹感を得やすくなるため、食事の全体量を減らすことが可能となります

・カロリーが低い

レタスはそのほとんどが水分であるため、仮に100g食べたところでおよそ15キロカロリー程度にしかなりません。たくさん食べて満腹感が得られて、しかも太る可能性がほとんどないということなのです。

・血糖値の上昇を抑えてくれる

長らくの間、私たちが太ってしまうのはカロリーの摂りすぎが原因だと考えられていましたが、最近の研究によって、実は太る原因はカロリーよりも糖分の方が有力であることが分かってきています。

というのも、食事の際に血糖値が急激に上昇することによって、脂肪が蓄えられやすくなることが分かってきているのです。おやつに甘いものを食べるなどといった行為は、もっとも太る可能性が高いという訳ですね。

レタスに含まれている食物繊維は保湿性が高いということでしたが、体内で水分を吸収して膨張し、胃から腸にかけてゆっくりと進んでいきます。それによって、血糖値の上昇が緩やかになり、結果として脂肪がつきにくくなるという訳なのです。

レタスダイエットの効果をさらに上げる簡単な方法

レタスダイエットには痩せるだけでなく、美容や健康に対するさまざまな効果があることをご紹介してきました。最後まで見て頂いた方のために、レタスダイエットの効果をさらに高める簡単な方法をご紹介します。

それはこのレタスダイエットで摂取するレタスを、「サニーレタス」にする方法です。

サニーレタスには、通常のレタスのおよそ15倍ものβ-カロテンが含まれており、ビタミン含有量も軒並み多いことが分かっています

たくさん食べれて、結果的に様々な効果が期待できるこのレタスダイエット、ぜひ試してみてください。

レタスダイエットで健康的に痩せよう!意外に豊富な栄養素のまとめ

レタスダイエットには、アンチエイジングや美肌効果もあると紹介してきました。また便秘が解消されるのも女性にとっては嬉しい効果です。ベジファーストダイエットが存在するように、食事の最初にレタスを取るのももちろんオススメです。また、サニーレタスでも試してもらえるとさらに良いと思います。美味しく、たくさん噛んで、楽しくダイエットに取り組んでみてください。

関連コンテンツ