リセットダイエットでの痩せ方は不健康?痩せるにためには脳を変えよう!


リセットダイエットというのを聞いたことがあるでしょうか。エステサロンの経営者であり、食育指導師でもある女性が考案したダイエット法なんだそうです。このダイエット法には賛否両論がありますが、紹介しながら痩せるために必要な考え方なども提案していきたいと思います。

スポンサーリンク

リセットダイエットってなに?

リセットダイエットは、これまでのさまざまな食事に関するダイエット法のいいとこ取りをしたようなダイエット法で、ベースは炭水化物抜きダイエットとなっています

・1週間かけておこなうダイエット法

リセットダイエットは1週間かけておこなうダイエット法であり、その期間は食べてよいものだけを摂取することとなります。

・リセットダイエット期間に食べてよいもの

リセットダイエットをする際に食べてもよいとされるのは、脂身の少ない魚介類と鶏肉のささみ、皮をとった鶏の胸肉

そして糖質の少ない野菜やキノコ、卵、フルーツ、海藻やこんにゃくとされています。

リセットダイエット期間に食べてはいけないもの

逆に、リセットダイエット期間中に食べてはいけないものは、ご飯やパン、麺類などの炭水化物、糖質を多く含む野菜、お菓子、砂糖、お酒、乳製品、ナッツ類があげられています

その他、調味料もいろいろ制限されており、ケチャップやソース、ドレッシングやマヨネーズ、バターやマーガリンもNGだということです。

リセットダイエットで痩せることは可能なの?

リセットダイエットをおこなうときに、食べてよいものと食べてはいけないものを列挙しましたが、それを見ればリセットダイエットで痩せられることは明らかでしょう。

ただ、どう考えても健康的なダイエット法とは言えません。なぜなら、三大栄養素である炭水化物(糖質)と脂質が絶対的に不足することとなるからです

栄養学という分野自体が成熟した学問分野ではないこということを割り引いても、このようなダイエット法が推奨されているなんて理解に苦しむというよりほかありません。

リセットダイエット肯定派からの反論

リセットダイエットを推奨するサイドの方からは、リセットダイエットは1週間という期間限定のダイエット法なので、それほど不健康ではないということが言われます。

また、食べ方に対する考え方を変えることが目的なので、ダイエット期間が終わってからも痩せやすい体質を維持することができるなどといわれます。

リセットダイエット否定派からの反論

上をみて考える女性

リセットダイエットはどのように肯定的に捉えようとしても、不健康なダイエット法であることに変わりはありません。それは、以下のようなことが根拠となっています。

・糖質はエネルギー源である

リセットダイエットが不健康である根拠の一つとして、糖質(炭水化物)が絶対的に不足するということがあげられます。

糖質は脳の唯一のエネルギー源であり、1日に摂取する糖質のおよそ60%が、脳の活動エネルギーとして用いられるといわれています。もちろん、身体を動かすエネルギー源にもなります

確かに、現代人は糖質の摂取量が多くなっているとされますが、だからと言ってまったく抜いてしまうことは危険です。

・脂質が不足する

脂質というとダイエットの敵に用に思われているようですが、三大栄養素の一つである脂質を欠いてしまうような食生活はやはり健康的とは言えません。

脂質には私たちの皮膚を保護したり、体温を保ったり、代謝を活性化したり、血圧をコントロールしたりといった重要な働きがあります。文字通り身体が働く際の潤滑油となる訳です。

・腎臓に負担がかかる

リセットダイエットをおこなう際の食事はタンパク質が中心となりますが、タンパク質の過剰摂取は腎臓への負担が大きくなることが分かっています

スポンサーリンク

リセットダイエットで「リセット」なんてできるの?

リセットって響きのいい言葉ですよね。これから気持ちを切り替えてなどというときにリセットという言葉がよく使われます。

ですが、リセットダイエットでこれまでの食習慣をリセットできるのでしょうか?

・意志の強さによります

リセットダイエットをおこなうと確かに体重を減らすことは可能です。ただし、食事制限によるダイエットは、やめた途端にリバウンドをする可能性が高くなります

鉄の意志をもってダイエットを続けられる方なら、リセットダイエットを数ヶ月に1度おこなうのもよいのではないでしょうか。

・長年の習慣を1週間で変えられますか?

リセットなどという言葉を聞くとポジティブな感情が湧いてくることとおもいますが、例えば20年とか30年続けてきた習慣を、たったの1週間で変えることができますか?

できるという人ももちろんいるのでしょうが、そのような方はそもそも太っていないのではないでしょうか。

なぜこれほど多くのダイエット法が世間には溢れているのかというと、ほとんどの人が長年の習慣を変えることができないからです。

そのため、ダイエット産業は次から次へと新しいダイエット法を世に送り出し、ダイエットに失敗する人を食い物にして設けている訳です。

別にダイエット産業にこれと言って悪意がある訳ではありません。それが経済の仕組みだということです。

リセットダイエットの注意点

リセットダイエットをおこなった結果、体重は減ったけど不都合が生じたという口コミが数多く見られます。

リセットダイエットにはマイナス面もあるということを理解しておきましょう

・生理が止まった

お腹を手で押さえる女性

リセットダイエットの口コミで多いのが、生理が止まってしまったという口コミです。よく、女子マラソンの選手が厳しい食事制限によって生理が止まるといわれています。

リセットダイエットも極端な食事制限をともなうダイエット法なので、同じような現象が起きるということです

生理現象が止まってしまうようなダイエット法は、やはり健康的とは言えないでしょう。そもそもダイエットとは健康と美容のためにおこなうものなのですから。

・便秘になった

リセットダイエットをおこなって、便秘になったという方もたくさんいらっしゃるようです。やはり栄養バランスの偏りや脂質の不足がその原因としてあげられます

炭水化物は糖質と食物繊維から構成されているので、炭水化物をとらなければ食物繊維が不足してしまい、便秘になるのは当然の結果です。

・リバウンドした

体重計にのって溜息をつく女性のイラスト

リセットダイエットの最大の問題点は、リバウンドの危険性が極めて高いという点です。急激な体重減少は脂肪だけでなく筋肉も落としてしまいます。

筋肉量が減れば基礎代謝が低下するので、ダイエット前よりもかえって太りやすい体質となってしまいます

リバウンド対策について詳しく↓

ダイエットのやめどきはいつ?リバウンド対策のコツも!

リセットダイエットでの痩せ方は不健康?痩せるにためには脳を変えよう!のまとめ

リセットダイエットの発案者は医師ではありません、ダイエットを目的とする人々を顧客とするエステサロンの代表であり、食育指導師です。またこの食育指導師とは、合格率すら公表していない民間の資格なのです。もちろん肯定的に捉える方もなかにはいるかと思いますが、健康的に痩せることができなければ、そのあと自分の心や体に不都合が起こる可能性はかなり高くなると感じます。ダイエットを行う際にはよく方法を選んだ方が良いでしょう。

関連コンテンツ