パスタダイエットはやり方が重要!痩せるために効果的な食べ方とは?


パスタダイエットが本当に可能であればこんなに嬉しいことはないですよね。ランチや女子会などでもついつい頼んでしまいがちなパスタですが、近年のダイエットブームによって炭水化物であるパスタは避けられる傾向にあるのだそうです。ですが食べ方を工夫することで、パスタを食べながらでもダイエットが可能であると言われています。今回はそのパスタダイエットの方法をご紹介します。

スポンサーリンク

パスタダイエットってどんなダイエット法なの?

ダイエットとはそもそも、健康と美容のために食事の量をコントロールしたり食事内容を見直したりすることを言いますが、パスタダイエットはそのためにパスタを利用するダイエット法のことを言います。

パスタにはいろいろな種類があるので、日常の食生活に上手に取り入れることによってダイエットを実現することも可能です。

もちろん他の食品と同じで、食べれば食べるほど痩せるなどということはあり得ません。あくまでも、「上手に」食べることが重要という訳なのです

パスタってなに?

まずはパスタについて詳しく見ていきましょう。

・麺類

パスタとは日本でいうところの麺類といった意味を持つイタリア語です。パスタというとスパゲッティをイメージされる方もいらっしゃると思いますが、スパゲッティもパスタの一種です。うどんが麺類の一種であることと同じですね。

パスタはざっくり分類すると、みなさんが食べる機会の多いスパゲッティなどのロングパスタと、グラタンなどに入っているマカロニのようなショートパスタの2種類に分けられます。

・パスタの歴史

パスタがいつ歴史上に登場したのかハッキリとしたことは分かっていないそうですが、その歴史が古いことは分かっています。

今から2400年ほど前のイタリア、ローマにある遺跡から、パスタを作るための道具が出土しており、その頃にはパスタがすでに製造されていたのではないかと考えられています。

古代ローマの時代にもラガーナと呼ばれるパスタがあったそうです。ただ、当時のパスタは現在のように茹でて食べるのではなく、揚げたり焼いたりして食べていました。

現在のような食べ方がされるようになったのは、トマトを食べるようになったことが要因となっているそうです。

そして意外なことに、ヨーロッパではトマトがもたらされたとき、食用とはされていませんでした。トマトはもともと南米のアンデス地方が原産で、大航海時代にヨーロッパへともたらされた数多くの物の一つです。つまり、15世紀ごろにはヨーロッパにもたらされていたこととなります。

ところが、ヨーロッパではトマトの真っ赤な実が毒々しく映ったのか「悪魔の実」などといわれて、観賞用に用いられることとなりました。

実際に食べられるようになったのはなんと200年もたってからということで、その頃になってパスタも現在のような食べ方がされるようになったという訳なのです。

・日本人とパスタ

日本人も大好きなパスタですが、日本におけるパスタの歴史はそれほど古くありません。パスタが日本のもたらされたのは、明治維新がきっかけとなっています。

始めは横浜にある外国人居留地にパスタがもたらされましたが、国産のパスタが作られるようになったのは大正時代に入ってからということです。

スポンサーリンク

パスタダイエットで痩せられる根拠とは?

パスタに関する基礎知識を見て頂いたところで、次にパスタダイエットでなぜ痩せられるのか、その根拠について見ていきたいと思います。

・グリセミック値が低い

食べ物を食べたときに、どれくらいの速さでエネルギーに変わるかを表した指標としてグリセミック値(GI)と呼ばれるものがあります。

早くエネルギーに代わってくれるのはいいのですが、その際に血糖値が急激に上昇することとなります。そして、血糖値の急上昇は脂肪が付着する原因ともなるのです。

そのため、グリセミック値の高い食品を摂ると太りやすくなるといわれるのです。一般的に炭水化物はグリセミック値が高いことで知られています

とはいうものの、炭水化物はエネルギー源といわれるように、私たちが身体を動かしたら脳を働かせたりするのに、炭水化物は欠かせません。炭水化物が三大栄養素の一つとなっているのはそのためです。

パスタのグリセミック値は、ご飯やパン、うどんなどよりも低いことが分かっており、それらの炭水化物を摂取するよりは、パスタの方が太りにくいと考えられているのです

▼蕎麦もGI値が低いことが確認されています。

蕎麦ダイエットの栄養素とGI値!さっぱり美味しく!

・よく噛んで食べる

パスタダイエットで痩せられる根拠としては、もともとパスタがよく噛んで食べる食品であるということもあげられます。

アルデンテという言葉を聞いたことがある方もいらっしゃると思います。

イタリアではパスタやリゾットなど、芯がちょっと残ったような状態で料理を供することが多く、必然的に咀嚼回数が増えることとなります。

咀嚼回数が増えれば、唾液の分泌量がふえるため、消化を助けることとなります。また、たくさん噛むことによって満腹感を得やすくなるという効果もあります。それによって、少量でも満足できるようになる訳です。

パスタダイエットで痩せるための工夫

パスタダイエットで痩せられるということには一定の根拠があるようですね。では次に、パスタダイエットで効果的に痩せるための工夫について見ていきたいと思います。

・トマトソースで食べる

スパゲッティと言えばトマトソースが代表的ですが、トマトソースでパスタを食べることが、ダイエットをする際に効果的だといわれています

トマトにはリコピンといわれる固有の成分が含まれていますが、リコピンの抗酸化作用はビタミンEの100倍とも言われています。

私たちの身体は酸化によって老化するといわれているため、抗酸化力の強いトマトと一緒に食べることによって、アンチエイジング効果が得られるということなのです

また、リコピンには血液中の中性脂肪を減らす働きがあることも分かっています。中性脂肪が増えると皮下脂肪や内臓脂肪が増える原因ともなるため、トマトソースにすることでそのようなリスクを未然に防ぐ効果も期待できる訳です

▼トマトのダイエット効果について詳しくは以下の記事もご覧ください。

ダイエット中にトマトを食べても大丈夫?トマトがダイエットに向いている理由は?

・オリーブオイルをかけて食べる

パスタダイエットを効果的にするには、オリーブオイルをかけて食べるという方法もあります。オリーブオイルに含まれているオレイン酸は不飽和脂肪酸に属する脂肪酸です。

不飽和脂肪酸には血液をサラサラにする効果があるといわれており、健康にとってとても有益な成分であることが分かっています。ペペロンチーノなど、トウガラシと一緒に食べることによって、さらにその効果をあげることも可能です。

▼オリーブオイルについてさらに詳しいダイエット利用方法は以下もご覧ください。

オリーブオイルダイエットの効果がスゴイ!?1日に大匙2杯で美しく健康に!

・サラダを先に食べる

血糖値の急上昇が脂肪の付着する原因であると先述しましたが、サラダを食べることによって血糖値の上昇を緩やかにすることが可能となっています。

パスタダイエットをおこなう際には、まずサラダを食べておくとよいでしょう

パスタダイエットはやり方が重要!痩せるために効果的な食べ方とは?のまとめ

ご飯やパンに比べると太りにくいパスタですが、たくさん食べてしまえば当然太る可能性が高くなります。ご飯やパンの代わりにしたり、適切なソースを選んだり、上手にパスタをいただきましょう。美味しく食べたら適度に身体を動かすのは、どんなダイエットのときもやはり大事になってきそうですね。

関連コンテンツ